GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通クオリティ・ラボ

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品・サービス >
  3. エコチェッカ II

エコチェッカ II

腐食環境診断/対策」に戻る

FUJITSU 環境ソリューション 「エコチェッカ II」は、大気中の腐食性物質の有無とおよその腐食度合いを金属クーポンの実際の腐食から目視で診断します。

本品は低価格で診断手順も簡便なため、多点調査による腐食性物質のスクリーニングなどの簡易調査にご利用頂けます。また、より定量的な診断をご要望の際は、蛍光X線分析やカソード還元分析を別途料金で承ります。


【お知らせ】「エコチェッカII」及び関連サービスの価格改定について (96 KB/A4, 1 page)



サイズ, 重さ
約 3×9 cm, 約 10 g

ecoii
ecoiibox.JPG

エコチェッカ IIは当社で直接販売致しております。 
本品の御見積、ご購入や技術的なお問い合わせはこちらからご連絡ください。

044-280-9930


エコチェッカ IIの特長

電機・電子機器に一般的に用いられる金属を利用

銅、銀、鉄ニッケル合金、アルミニウム、鉄、の5種類の金属の腐食から、腐食環境を診断します。

診断できる腐食性ガス

本キットで診断できるガスは以下の3種類です。これらのガスを同時に診断できるのも、本製品の大きな特徴です。

  • 亜硫酸ガス(SO2)
  • 硫化水素ガス(H2S)
  • 塩素系ガス(Cl2, HCl, NaClなど)

これらのガスによる金属の腐食は、種類や濃度のほか、混合状態や温度、湿度、風など様々な要因で変化します。エコチェッカは、ガスの実際の濃度を測定するのではなく、上記3種類の腐食性物質による金属の腐食しやすさを定量化します。

腐食環境を診断するためには、何に着目すればいいのでしょうか?

エコチェッカの診断結果は、腐食性物質による金属の腐食度合いを便宜的に大気中の腐食性ガス濃度に換算した「目安濃度」と、実際に問題となることの多い硫化水素に関する銀の硫化腐食速度を報告します。

風の影響を加味した「その場」の腐食性診断

ecoiicover.jpg

金属試験片の保持性を改良し、カバーを取り外して風の影響を加味した腐食診断を実施できます。
従来通りの調査をご希望の場合は、カバーをつけた状態で使用してください。

次のような場所の腐食性ガスを測定するのに有効です。

  • データセンター、マシン室、コンピュータールーム
  • 局舎、基地局、通信機械室
  • 電機・電子機器の製造工場、クリーンルーム
  • 食品貯蔵庫、冷凍室、加工場
  • 部品、製品の保管倉庫
  • 一般事務室
  • 河川、ゴミ処理場、下水処理場
  • 博物館、美術館
  • 製紙工場、ゴム工場
  • 計装設備、電力設備
  • 温泉地・海岸地・工場地・埋立地・交通量の多い市街地

目視で腐食性ガスの影響を診断します

エコチェッカ色見本例

本品を診断したい環境に1ヶ月間設置してください。その後の金属クーポンの変色を所定の診断方法(こちらをご覧ください)で製品付属の色見本と比較し、腐食性ガスの有無とおよその腐食度合い(目安濃度)が判定できます。

取扱説明書 (450 KB/A4, 2 pages)

ガスの種類と腐食の度合いの診断方法

追加分析によって腐食性ガスの影響を定量的にご報告します

より定量的な診断をご要望の際は、蛍光X線分析やカソード還元分析を別途料金で承ります。

ご報告までに要する期間は、当社へのサンプル到着後2週間が標準となっています。

なお、エコチェッカサンプルは原則として返却いたしません。

金属の腐食度合いの定量分析の詳細、環境測定事例はこちら

エコチェッカ II, SUNは当社で直接販売致しております。エコチェッカを含む腐食環境診断に関するお問い合わせはこちらからご連絡ください。なお、お問い合わせ、お見積りは無料です。

お問い合わせ

富士通クオリティ・ラボ株式会社  

受付時間 : 平日9時~17時(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

このページに関するお問い合わせ

icon-telephone 電話 : 044-280-9930

icon-mail E-mail : fql-ecochecker@cs.jp.fujitsu.com

GTM-W2C3MP