GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通クオリティ・ラボ

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ニュース

ニュース 2013年

ニュースの記載内容は、発表日現在のものです。その後変更が生じている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

2013年

  • 2013年12月25日
    パンフレット追加のお知らせ
    「Cuワイヤー使用ICの故障解析」 を更新いたしました。
    パンフレットのページ から、ダウンロード可能です。

  • 2013年12月10日
    パンフレット追加のお知らせ
    「開発者向けプロセス指向のなぜなぜ分析」 を更新いたしました。
    パンフレットのページ から、ダウンロード可能です。

  • 2013年12月9日
    株式会社コンピータジャパン様との共催の研修コースのお知らせ
    当社は、この度、株式会社コンピータジャパン様との共催で 「HIS Automotive SPICE® 開発者向コース」 を開講いたします。(2014年1月29日~30日)
    このコースは、ISO15504標準に基づくAutomotive SPICE® の主要プロセス(HISスコープ)の理解を促進することを目的とし、プロジェクトマネージャや開発者の方が、Automotive SPICE® に基づく改善を進める上で知っておくとよいプラクティスの基本を学ぶことができます。
    ご興味のある方はどなたでも受講していただけますのでふるってご参加ください。
    お申込みは、「 HIS Automotive SPICE® -開発者向コース 」ページからお願いいたします。
  • 2013年12月 9日
    株式会社コンピータジャパン様との共催のセミナーとワークショップのお知らせ
    当社は、株式会社コンピータジャパン様との共催でソフトウェアの品質向上に役立つ開発関連のセミナーとワークショップを追加開催いたします。
    [「現場感覚を大事にして行う継続的改善アプローチ」~ スピナッチキューブの有効活用~] (2014/1/24開催)
    [~ITも心の時代へ~「わくわく」感を生み出す人間重視の品質改善の勧め- 品質マインド醸成法と改善活動への動機付け法 -] (2014/2/21開催)
    会場は全て、東京都中央区日本橋 株式会社コンピータジャパン セミナールームです。
    ご興味のある方はどなたでも受講していただけますのでふるってご参加ください。
    お申込みは、「 プロセス改善フォーラムのセミナー/ワークショップ一覧 」ページからお願いいたします。

  • 2013年12月6日
    国際 カーエレクトロニクス技術展へ出展

    国際カーエレクトロニクス技術展 ご来場ありがとうございました。

    当社グループは、来年1月に開催されるカーエレクトロニクス技術に関する部品・材料、ソフトウエア等が一堂に集まる日本で唯一の専門展である「 第6回 国際 カーエレクトロニクス技術展(カーエレJAPAN) (オートモーティブ ワールド 2014内)」(2014年1月15-17日, 於:東京ビッグサイト)に出展致します。
    情報機器開発で培った電子・電気部品に関する評価、故障解析スキルを生かし、電子化、情報機器化がすすむカーエレクトロニクスの品質に関する改善ソリューションをご提供します。
    当社ブース【西3-22】にて、皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

  • 2013年11月29日
    国民生活センター「商品テスト実施機関」登録のお知らせ
    当社は 独立行政法人国民生活センター商品テスト実施機関(民間試験研究機関) として登録されました。
    商品テスト実施機関として、製品関連事故に係る原因究明テストを含む 商品テストを受託 いたします。
    また、商品テストだけでなく、 品質コンサル(設計~故障解析) により安心・安全で健康な、そして環境にやさしい社会をお客様と共に築いて参りますので、よろしくお願いいたします。
    登録詳細は、 国民生活センターホームページ でご確認ください。

  • 2013年11月26日
    ≪Press Release≫
    エコサービス部門エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)を受賞
    「第10回エコプロダクツ大賞」(主催:エコプロダクツ大賞推進協議会、後援:財務省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省)において、当社の「PM2.5のワンストップサービス 微小粒子状物質(PM2.5)対応プロジェクト」が、 エコサービス部門エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)を受賞 しました。
    これは統合的ソリューション安全・安心な生活の確保に向けた取り組みに資するサービスである点が評価されたものです。
    [プレスリリース本文 (421 KB/A4, 1 page)]

  • 2013年11月13日
    パンフレット更新のお知らせ
    「電子機器の故障解析支援サービス」 を更新いたしました。
    パンフレットのページ から、ダウンロード可能です。

  • 2013年 11月7日
    CMMI Institute公認 CMMI®入門コースの追加開催のお知らせ
    当社は、CMMI®管理元である米国カーネギーメロン大学のCMMI Instituteが認定したインストラクターによる、「CMMI Institute公認 CMMI®入門コース(Introduction to CMMI® Version 1.3)(3日間コース)」を 追加開催 いたします。 (2014年1月22日~24日、2月19日~21日、3月12日~14日)
    SEIが開発したコースに基づき、CMMI®の全プロセス領域に関する詳細な説明と演習を行います。
    PMP保持者は、カテゴリB(継続教育)として最大25PDUを取得することができ、PMIに申請が可能です。
    また、公式アプレイザルにアプレイザルチームメンバーとして参加するための受講必須のコースです。
    アプレイザルチームに参加予定の方、CMMI®を今後導入する組織の方、CMMI®に興味のある方など、どなたでも受講していただけますので、ふるってご参加ください。
    CMMI Institute公認CMMI®入門コース V1.3(3日間コース)
  • 2013年10月10日
    株式会社日本環境認証機構(JACO)様との共催セミナーのお知らせ
    当社はこの度、株式会社日本環境認証機構様との共催で
    [設計・製造・間接部門向けなぜなぜ分析講座 「基礎コース」~その失敗を誰かのせいにしないために~] のセミナーを開催いたします。 (2013年11月19日[東京開催] / 11月21日[大阪開催])
    このコースでは、「なぜなぜ分析」の基礎的な考え方や正しい作法を習得することで、初めてなぜなぜ分析を行う方や、なぜなぜ分析がうまく出来なくて困っている方でも効果的な再発防止策を導き出すことが出来るようになります。
    ご興味のある方はどなたでも受講していただけますのでふるってご参加ください。
    お申込みは、「 JACOセミナー 」ページからお願いいたします。

  • 2013年10月 9日
    株式会社コンピータジャパン様との共催のセミナーとワークショップのお知らせ
    当社は、株式会社コンピータジャパン様との共催でソフトウェアの品質向上に役立つ開発関連のセミナーとワークショップを追加開催いたします。
    [その日から使えるデータ分析術~統計学を知らなくてもできる視覚的方法~] (2013/11/15開催)
    [富士通におけるプロセス改善指向のなぜなぜ分析「基礎コース」~効果的なプロセス改善提案を導き出す「なぜなぜ分析」の作法~] (2013/12/04開催)
    会場は全て、東京都中央区日本橋 株式会社コンピータジャパン セミナールームです。
    ご興味のある方はどなたでも受講していただけますのでふるってご参加ください。
    お申込みは、「 プロセス改善フォーラムのセミナー/ワークショップ一覧 」ページからお願いいたします。

  • 2013年10月 1日
    パンフレット追加のお知らせ
    「評価/解析(断線箇所特定)」 を追加いたしました。
    パンフレットのページ から、ダウンロード可能です。
  • 2013年 9月 6日
    パンフレット更新/追加のお知らせ
    「バッテリユニットの安全性/特性評価」 を更新いたしました。
    「電子機器のイミュニティ評価」 を追加いたしました。
    パンフレットのページ から、ダウンロード可能です。
  • 2013年 8月22日
    ≪Press Release≫
    社会インフラ維持・管理のための大気腐食診断サービスを提供開始 
    当社は、道路、鉄道、電力網など屋外の社会インフラの維持・管理に必要な大気環境の腐食性を診断するための大気暴露試験キット「 エコチェッカSUN 」、その腐食量を分析する「 腐食減量法 」を8月26日より提供開始します。
    本サービスによって、大気環境の腐食性診断を誰でも簡単に利用できるようになり、 社会インフラの大気腐食トラブルを未然に防止 することができるようになります。
    [プレスリリース本文 (90 KB/A4, 1 page)]
  • 2013年 8月15日
    株式会社コンピータジャパン様との共催のセミナーとワークショップのお知らせ
    当社は、株式会社コンピータジャパン様との共催でソフトウェアの品質向上に役立つ開発関連のセミナーとワークショップを開催いたします。会場は全て、東京都中央区日本橋 株式会社コンピータジャパン セミナールームです。
    ご興味のある方はどなたでも受講していただけますのでふるってご参加ください。
    お申込みは、「 プロセス改善フォーラムのセミナー/ワークショップ一覧 」ページからお願いいたします。
  • 2013年 8月12日
    SEI公認CMMI®入門コースの追加開催のお知らせ
    当社は、この度、CMMI®を開発した米国カーネギーメロン大学のソフトウェア工学研究所(SEI)が認定したインストラクターによる、「SEI公認 CMMI®入門コース(Introduction to CMMI® Version 1.3)(3日間コース)」を 追加開催 いたします。 (2013年10月23日~25日、11月20日~22日、12月11日~13日)
    SEIが開発したコースに基づき、CMMI®の全プロセス領域に関する詳細な説明と演習を行います。
    PMP保持者は、カテゴリB(継続教育)として最大25PDUを取得することができ、PMIに申請が可能です。
    また、公式アプレイザルにアプレイザルチームメンバーとして参加するための受講必須のコースです。
    アプレイザルチームに参加予定の方、CMMI®を今後導入する組織の方、CMMI®に興味のある方など、どなたでも受講していただけますので、ふるってご参加ください。
    SEI公認CMMI®入門コース V1.3(3日間コース)
  • 2013年 6月27日
    株式会社コンピータジャパン様との共催のワークショップのお知らせ
    当社は、この度、株式会社コンピータジャパン様との共催で[ 富士通におけるプロセス改善指向のなぜなぜ分析「基礎コース」 ]を開催いたします。 (2013年8月7日)
    このコースでは、「プロセス指向のなぜなぜ分析」の基礎的な考え方や正しい作法を習得することで、初めてなぜなぜ分析を行う方や、なぜなぜ分析がうまく出来なくて困っている方でも効果的なプロセス改善提案が出来るようになります。
    ご興味のある方はどなたでも受講していただけますのでふるってご参加ください。
    お申込みは、「 プロセス改善フォーラム 」ページからお願いいたします。
  • 2013年 6月17日
    パンフレット追加のお知らせ
    「金めっき端子腐食発生部の特定分析」
    「研磨面FIB加工観察」
    を追加いたしました。
    パンフレットのページ から、ダウンロード可能です。
  • 2013年 5月30日
    JPCA Show 2013 第43回国際電子回路産業展(2013年6月5-7日)

    ※本展示会は終了致しました。ご来場、ありがとうございました。

    富士通インターコネクトテクノロジーズ株式会社の展示ブースにおいて、「プリント回路基板の評価・解析技術」に関する各種適応事例をご紹介させて頂きます。
    富士通インターコネクトテクノロジーズのブース【5I - 28】にて、皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

    詳細は、 こちらのページ をご参照下さい。
  • 2013年 5月16日
    富士通フォーラム2013 東京 へ出展(2013年5月16-17日)

    ※本展示会は終了致しました。ご来場、ありがとうございました。

    富士通が主催するものとして最大のイベントである「富士通フォーラム」へ、【ICTの力:微小粒子状物質(PM2.5)への対応】を出展いたします。
  • 2013年 4月30日
    株式会社コンピータジャパン様との共催の研修コースのお知らせ
    当社は、この度、株式会社コンピータジャパン様との共催で「HIS Automotive SPICE® 開発者向コース」を開講いたします。このコースは、ISO15504標準に基づくAutomotive SPICE® の主要プロセス(HISスコープ)の理解を促進することを目的とし、プロジェクトマネージャや開発者の方が、Automotive SPICE® に基づく改善を進める上で知っておくとよいプラクティスの基本を学ぶことができます。
    ご興味のある方はどなたでも受講していただけますのでふるってご参加ください。
    お申込みは、「 HIS Automotive SPICE® -開発者向コース 」ページからお願いいたします。
  • 2013年 4月22日
    SEI公認CMMI®入門コースの追加開催のお知らせ
    当社は、この度、CMMI®を開発した米国カーネギーメロン大学のソフトウェア工学研究所(SEI)が認定したインストラクターによる、「SEI公認 CMMI®入門コース(Introduction to CMMI® Version 1.3)(3日間コース)」を 東京 で追加開催 いたします。 (2013年 5月29日~31日、6月26日~28日、7月24日~26日、8月28日~30日、9月18日~20日)
    SEIが開発したコースに基づき、CMMI®の全プロセス領域に関する詳細な説明と演習を行います。
    また、公式アプレイザルにアプレイザルチームメンバーとして参加するための受講必須のコースです。
    アプレイザルチームに参加予定の方、CMMI®を今後導入する組織の方、CMMI®に興味のある方など、どなたでも受講していただけますので、ふるってご参加ください。
    SEI公認CMMI®入門コース V1.3(3日間コース)
  • 2013年 4月17日
    ≪Press Release≫
    製品含有化学物質の法規制情報提供サービスを提供開始
    当社は、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本 正已、以下富士通)の協力のもと、電気・電子製品などの製造業のお客様を対象に、製品含有化学物質の法規制に関する情報提供サービスを本日開始します。
    本サービスは、グローバルにビジネスを展開する富士通が収集した、EU RoHS指令(注1)、REACH規則(注2)を中心とする 製品含有化学物質法規制の最新動向や、新しく追加された規制化学物質への対応方法を、情報サービスとして提供するものです。
    本サービスを活用することにより、不定期に改正される製品含有化学物質の様々な法規制情報を一元的に入手することができ、効率的でタイムリーな製品含有化学物質の管理と対応を可能とします。
     (注1)RoHS指令:欧州連合(EU)域内で上市される電気電子機器
         について、製品に含有する6物質-鉛(Pb)、カドミウム(Cd)、
         水銀(Hg)、六価クロム(Cr6+)、ポリ臭化ビフェニル類
         (PBB類)、ポリ臭化ジフェニルエーテル類(PBDE類)-の
         含有を禁止する指令。
     (注2)REACH規則: 欧州における化学物質の総合的な登録・評価・
         認可・制限の制度。
    [プレスリリース本文 (372 KB/A4, 3 pages)]
  • 2013年 3月12日
    株式会社コンピータジャパン様との共催のセミナーとワークショップ終了のお知らせ
    当社は、株式会社コンピータジャパン様との共催でソフトウェアの品質向上に役立つ開発関連の セミナーとワークショップ を開催いたしました。
    ご参加いただきありがとうございました。
  • 2013年 3月11日
    「中国ODM・OEMの製品品質改善支援サービス」ページ追加のお知らせ
    商品品質改善 サービスの一例として、「 中国ODM・OEMの製品品質改善支援サービス 」を追加いたしました。
    中国で製造しているODM・OEM製品の品質問題や対応コストでお困りではありませんか?当社では品質安定化に向けた製造プロセス改善支援サービスを提供しております。是非ご覧ください。
  • 2013年 3月 8日
    SEI公認CMMI®入門コースの追加開催のお知らせ
    当社は、この度、CMMI®を開発した米国カーネギーメロン大学のソフトウェア工学研究所(SEI)が認定したインストラクターによる、「SEI公認 CMMI®入門コース(Introduction to CMMI® Version 1.3)(3日間コース)」を 東京 で追加開催 いたします。 (2013年 4月17日~19日)
    SEIが開発したコースに基づき、CMMI®の全プロセス領域に関する詳細な説明と演習を行います。
    また、公式アプレイザルにアプレイザルチームメンバーとして参加するための受講必須のコースです。
    アプレイザルチームに参加予定の方、CMMI®を今後導入する組織の方、CMMI®に興味のある方など、どなたでも受講していただけますので、ふるってご参加ください。
    SEI公認CMMI®入門コース V1.3(3日間コース)
  • 2013年 2月 8日
    株式会社コンピータジャパン様との共催の研修コース終了のお知らせ
    当社は、株式会社コンピータジャパン様との共催で「 HIS Automotive SPICE® 開発者向コース 」を開催いたしました。
    ご参加いただきありがとうございました。
  • 2013年 2月 5日
    パンフレット更新のお知らせ
    CMMI®適用プロセス改善支援サービス 」を更新いたしました。
    パンフレットのページ から、ダウンロード可能です。
  • 2013年 2月 5日
    SEI公認CMMI®入門コースの東京開催および名古屋開催のお知らせ
    当社は、この度、CMMI®を開発した米国カーネギーメロン大学のソフトウェア工学研究所(SEI)が認定したインストラクターによる、「SEI公認 CMMI®入門コース(Introduction to CMMI® Version 1.3)(3日間コース)」を 東京および 名古屋で開催 いたします。 (2013年 2月20日~22日および2013年 3月27日~29日)
    SEIが開発したコースに基づき、CMMI®の全プロセス領域に関する詳細な説明と演習を行います。
    また、公式アプレイザルにアプレイザルチームメンバーとして参加するための受講必須のコースです。
    アプレイザルチームに参加予定の方、CMMI®を今後導入する組織の方、CMMI®に興味のある方など、どなたでも受講していただけますので、ふるってご参加ください。
    SEI公認CMMI®入門コース V1.3(3日間コース)
  • 2013年 1月23日
    国際カーエレクトロニクス技術展 ご来場ありがとうございました。

    当社は、商品品質改善と環境品質改善のソリューションで、安心で安全な、環境にやさしい社会づくりに貢献します。
    商品品質に関しては、市場での重大不具合を未然防止する安全性評価や原因究明を主眼とした故障解析だけでなく、材料分析や特殊接着剤の開発製造販売、サプライヤの品質・RoHS規制物質管理システムの監査・改善、品質教育、ソフトウェア開発プロセスの診断・改善等々、幅広いサービスが可能でございます。
    ご活用ご検討頂ければ幸いです、 何かございましたらお申し付けください
  • 2013年 1月10日
    株式会社コンピータジャパン様との共催の研修コースのお知らせ
    当社は、この度、株式会社コンピータジャパン様との共催で「HIS Automotive SPICE® 開発者向コース」を開講いたします。このコースは、ISO15504標準に基づくAutomotive SPICE® の主要プロセス(HISスコープ)の理解を促進することを目的とし、プロジェクトマネージャや開発者の方が、Automotive SPICE® に基づく改善を進める上で知っておくとよいプラクティスの基本を学ぶことができます。
    ご興味のある方はどなたでも受講していただけますのでふるってご参加ください。
    お申込みは、「 HIS Automotive SPICE® -開発者向コース 」ページからお願いいたします。

ニュース:バックナンバー

お問い合わせ

富士通クオリティ・ラボ株式会社
 

受付時間 : 平日9時~17時(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

このページに関するお問い合わせ

icon-mail E-mail : fql-contact@cs.jp.fujitsu.com

GTM-W2C3MP