GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通クオリティ・ラボ

English

Japan

  1. ホーム >
  2. イベント・セミナー >
  3. 第8回 国際カーエレクトロニクス技術展 ご来場の御礼

第8回 国際カーエレクトロニクス技術展 ご来場の御礼

第8回 国際カーエレクトロニクス技術展 出展のご案内


本展示会では自動車の機能安全規格「ISO26262」をテーマに、車載ソフトウェアや電子機器の品質向上に貢献する富士通グループの製品・サービスをご紹介しました。
ご来場いただいたお客様に厚く御礼申しあげます。

展示概要


名称 第8回 国際カーエレクトロニクス技術展
会期 2016年1月13日(水曜日)~1月15日(金曜日)10:00~18:00
※15日は17:00終了
会場 東京ビッグサイト 西館 車載ソフトウェア開発ゾーン W2-001



出展内容

「ISO26262」対応でお困りではありませんか?!

車載ソフトウェアを中心とした製品品質の向上に貢献する富士通グループのソリューション・サービスをご紹介します!

富士通グループのISO26262マネジメントソリューションマップ

富士通グループのISO26262サービス紹介

動画コンテンツ 紹介動画(Youtube)(00:01:12) 

ソフトウェア開発工程のトレーサビリティツール PLEMIA SQ-Tracer V3

出展アイコン 株式会社富士通システムズ・ウエスト

ISO26262への対応では開発プロセスの標準化、設計書など技術文書の版数管理・設計トレーサビリティ確保による高品質・安全な製品設計が求められています。本展示会では、デモンストレーションを通じてPLEMIA SQ-Tracerの機能や性能をご紹介します。また、ISO26262に対応するための教育・技術支援サービスをご紹介します。
詳細ページへ  

動画コンテンツ 紹介動画(Youtube)(00:01:48) 

静的解析によるソフトウェア品質向上支援ツール PGRelief

出展アイコン 富士通ミドルウェア株式会社、株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ

大規模・複雑化する車載ソフトウェアのプログラムに対し、早い段階で多くのバグを検出することが求められています。本展示会では、デモンストレーションを通じてPGReliefの機能や性能をご紹介します。
また、ISO26262コーディングガイドラインへの対応についてご紹介します。
詳細ページへ  

動画コンテンツ 紹介動画(Youtube)(00:01:58) 

Automotive SPICE®に基づいたソフトウェア開発プロセス改善コンサルティング

出展アイコン 富士通クオリティ・ラボ株式会社

ISO26262 への対応にあたっては、国際標準に基づいたソフトウェア開発プロセスの構築が必須です。
本展示会では、AutomotiveSPICE®適用のためのプロセス教育から公式アセスメントまでお客様のご要望に合わせた多彩なサービスをご紹介します。
詳細ページへ 

動画コンテンツ 紹介動画(Youtube)(00:02:07) 

クオリティ-LCM(Life Cycle Management)ソリューション

出展アイコン 富士通クオリティ・ラボ株式会社

品質問題は、築き上げた信頼を失墜させ顧客離れの要因になります。また、対応・交換・修理など多額の負のコストが発生します。これらの損失を未然に防止することで利益の向上に繋がります。
クオリティ-LCMでは、製品ライフサイクルにわたる品質改善を“ワンストップ”でサポート!品質コンシェルジュがお客様の課題解決に最適なソリューションを“カスタマイズ”してご提案します。
詳細ページへ 

動画コンテンツ 紹介動画(Youtube)(00:02:00) 


(ご注意)上記内容は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。

お問い合わせ

富士通クオリティ・ラボ株式会社
 

受付時間 : 平日9時~17時(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

このページに関するお問い合わせ

icon-mail E-mail : fql-contact@cs.jp.fujitsu.com