GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通クオリティ・ラボ

English

Japan

材料分析の全体フロー

技術の進歩で分析装置は使い勝手が良く購入しやすくなりました。しかし、試料を装置に入れてボタンを押せば良いというものではありません。何のために分析・評価を行い、結果をどのようにフィードバックするのか、あらかじめ作戦を立てておくことで、効果的な分析評価を行うことができます。

【目的の明確化】

分析に際して最も重要な事項。関係者の認識共有も。
例: 法的適合性の検証、歩留改善、障害対策など

【分析に対する要求】

分析で知りたい事(形状の確認、異物の由来など)
確実性のレベル(仮説の裏付け、裁判での立証など)

【制約条件】

予算、納期、試料の大きさと数など

【分析手法の選択】

試料の量や要求感度にあった手法
各種手法の組合せによる絞り込み

【サンプリング】

試料、観察部位の選定
手法、目的に合った採取
消失と混入の防止

【解析・考察】

分かった事、要求を充足しているか
目的に対し何がフィーバックできるか

材料分析の全体フロー