GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通クオリティ・ラボ

English

Japan

揮発性有機化合物(VOC)分析サービス

揮発性有機化合物(VOC)分析サービス

VOCは塗料や接着剤、プリンタから発生する微粒子などに含まれており、シックハウス症候群の原因と言われています。 また、「大気汚染防止法」では、VOCの排出が規制されており、排出基準に適合しない事業者には罰則が科せられます。

当社では電子部品から自動車の内装材など、VOC測定分析を実施するのみならず、「今後どうしたらVOCの発生を抑制できるか」「ガス濃度に社内基準を設けたい」などのお悩み・ご要望に関するコンサルティングも受託いたしております。

お客様のVOC低減に配慮した製品開発や、品質管理のパートナーとしてご利用下さい。

VOCとは?

こんなお悩み・ご要望はありませんか?

  • 製品から発生するVOCが気になるが、どのように測定したらよいかわからない
  • 部品/部材の仕様変更(サイレントチェンジ含む)による現行製品の発生ガス量や種類の変化が心配
  • 行政からの指摘があり、早急にVOCへの対応が必要となった
  • ガス分析を自社で実施したいが、関連知識がない
  • 新製品の試作設計時などに、臭いが品質へ与えるリスクを知りたい

こんなお悩み・ご要望はありませんか?

ご存知ですか?

  • 届出義務違反や改善命令に従わなかった場合、罰則が科せらることがあります。
  • 製品から発生するVOC濃度が基準値を満たしていることは、欧州でのブルーエンジェルマーク(BAM)の取得に必須です。
  • 各自動車メーカー各社は自動車内装材から放散するVOC類の管理・低減を図っています。

※当社ではBAMの取得自体は実施しておりませんが、規格と同等の試験が可能です。プレ試験等、セカンドラボとしてお役立てください。

↓
富士通クオリティ・ラボ・環境センターにお任せください

規格に準拠した正確無比な測定・分析はもちろん、低減対策・発生抑制のアドバイスなどのコンサルティングにいたるまで、迅速かつ丁寧に対応。お客様のご期待に必ずお応えします。

お問い合わせボタン 053-576-0841

対応例

下記製品・環境から排出されるVOCの定量的測定を実施
  • 建築材料
  • 電子部品
  • テレビ
  • パソコン
  • 民生用プリンタ(レーザー、インク)
  • 大型プリンタ(デザインクリエイター用)
  • 楽器
  • VOC脱臭装置
  • 新築室内
  • 自動車内装材部品
  • 学校校舎内
  • 蛍光灯内部(希ガス)

ここに挙げたものはごく一部です。
お客様の製品や環境の分析が可能かどうか、まずはお問い合わせください。

測定方法

各種測定規格に対応した測定が可能
測定対象
測定規格
備考
自動車内内装部品
JASO M 902(自動車技術会)
サンプリングバッグ法
パソコン等
JEITA(電子情報技術産業協会)
チャンバー法
プリンタ
JIS X 6936
建材
JIS A 1901 / JIS A 1460
チャンバー法 / デシケーター法
※自動車内装材はメーカにより測定条件が異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
サンプリングバッグ
サンプリングバッグ
分析装置(TD-GC/MS)
分析装置(TD-GC/MS)
分析装置(HPLC)
分析装置(HPLC)

 

測定事例

出張測定による新築建造物部屋内のガス分析
出張測定
新築建造物部屋内のガス分析
チャンバー法によるノートパソコン使用時の発生ガス測定
チャンバー法
ノートパソコン使用時の発生ガス分析

お問い合わせボタン 053-576-0841

分析事例紹介

カラーレーザープリンタから発生するガス分析

お客様
プリンタメーカ、トナーメーカ
背景
海外向け汎用プリンタの開発にあたり、製品のVOC排出量がBAM基準を満たしているかどうかの調査
分析対象
プリンタ1台
分析方法
チャンバー内にプリンタを設置し、プレオペレーティング(待機)時、およびモノクロ/白紙プリント実行時のVOC排出量をTD-GC/MSにより分析。また、グラスファイバフィルタにより粉じん成分を採取。
試験チャンバー
試験チャンバー
VOC捕集吸着管
VOC捕集吸着管
粉じん採取用グラスファイバフィルタ
粉じん採取用
グラスファイバフィルタ

分析結果

待機時のVOC/粉じん排出量は問題なし。TVOC(VOC総量)は白紙プリント時(トナー未使用時)にはすべての項目が指針値未満だが、カラー印刷時(トナー使用時)には指針値をオーバー。また、フィルタに付着した物質(データ上は粉じん)をGC/MSにより分析したところ、トナーへの添加物が気化したものであることが判明。本試験の結果により、お客様は設計変更の意志決定ができた

調査フロー

調査フロー
富士通クオリティ・ラボ・環境センターが選ばれる3つの理由

幅広い地域へ対応

幅広い地域へ対応

当社は静岡県西部が本社ですが、ご依頼に応じ、全国どこでも出張が可能です。

懇切丁寧なサポート

懇切丁寧なサポート

ご依頼の分析を実施し報告書を提出するのみならず、VOC削減に向けてのご提案や再評価、社内基準の制定、教育にも対応しております。単なる「分析屋」に終始しない、トータルな対応をお約束します!

安心の実績

安心の実績

これまでにお取引させていただいたお客様は150社を超え、年間受注件数は140件にも及びます。さらに、自動車製造企業の指定業者としても登録されております。

今すぐご相談ください!


お問い合わせボタン 053-576-0841

VOCとは?

VOCとは、"Volatile Organic Compounds"の略で、揮発性を持った有機化合物の総称です。燃料や印刷インクなどの化学製品をはじめ、部屋の内装材や楽器の塗料にも含有されているケースがあります。

またVOCは環境や人体への影響というイメージが強いですが、ものづくりにおける品質管理(性能劣化)への影響も見過ごせない項目になりつつあります。

環境には光化学スモッグ、人体にはシックハウス症候群という悪影響を及ぼすことから、法律により規制対象物質となっています。詳細は経済産業省ホームページを参照ください。
経済産業省ホームページ「揮発性有機化合物(VOC)排出抑制に向けた取組」Open a new window



お問い合わせ

富士通クオリティ・ラボ・環境センター株式会社  

受付時間 : 平日9時~17時(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

このページに関するお問い合わせ

icon-telephone 電話 : 053-576-0841(代表) 

icon-fax FAX : 053-576-5258 

icon-mail E-mail : fql-environment@cs.jp.fujitsu.com

GTM-W2C3MP