セルフケア/ラインケア研修

メンタルヘルスケアは「予防」対策が大切です。メンタル不調を予防するためには、各職場で働く人が正しい知識を身につけることが必要です。知識習得をするには、eラーニング、集合研修などの方法があり、それぞれにメリットがあります。集合研修を行うメリットは、他者との共感やコミュニケーションに必要な気づきを得る"場"を与え、自分の意見を自由に出せる機会を創出できることです。

メンタルヘルス対策

メンタルヘルス対策

効果的な研修スケジュール

研修を効果的に実施するために内容を別の日程で2回にわけて実施することをお勧めします。

<2回にわけるメリット>

  • 気づきの効果:受講者が打ち解け、自由な意見を出せるようになり、ワークによる気づきの効果が上がります。
  • 受講者に合わせて2回目を実施可:1回目の実施状況を振り返り、2回目の実施内容に反映します。受講者の傾向に合わせた研修が実施できます。

フロー:例 研修3時間×2回実施の場合

  1. STEP1
    研修前 ヒアリング・プランニング
    1. 研修ご担当者様との事前打合せ…「研修実施の動機」、「研修実施にあたり特に期待すること」、「対象者の現状での意識」、その他研修を実施するに当たっての確認を行います。(打合せができない場合はアンケートを行います。)
    2. 研修内容の調整…打合せの内容を受けて、講座内容の調整を行います。
    3. 調整後のご提案…調整後の内容を、研修ご担当者様にご確認いただきます。
  2. STEP2
    研修実施1回目
  3. STEP3
    研修後(1回目) ヒアリング・プランニング

    研修ご担当者様との途中経過打合せ…打合せを行い、初回実施後の状態、希望内容を確認します。(より効果的に2回目を実施するための意見交換を行います。場合によっては1回目研修後終了後に実施します。)

  4. STEP4
    研修実施2回目
  5. STEP5
    研修後(2回目) フィードバック

    研修ご担当者様との研修後打合せ…受講後の状態の把握、講師より今後の展開に関するフィードバックを行います。(打合せができない場合はメール等にて互いにフィードバックを行います。)

メンタルヘルス基礎(セルフケア)~メンタル不調者を予防します!

職場で働くすべての方に知ってほしい、メンタルヘルスの正しい知識と考え方を分かりやすくレクチャーいたします

一次予防として、社員の皆様に心の健康についてレクチャーする基礎講座です。メンタルヘルスの基本的な考え方や知識はもちろんですが、ケーススタディなどを通じて、全員にメンタルヘルスの重要性を理解いただくことをテーマとしています。
また、ストレス原因として最も大きな「他人との関わり方」、物事の捉え方に偏りをつくる「考え癖」についても解説をいたします。
日々の心の健康管理と不調時の対応方法を知ることで、個々のストレスを軽減し、より良い職場環境作りを目指します。

詳細

時間3時間×2回実施 注)1
価格(税抜)400,000円
定員30名(推奨) 注)2
対象全社員

注)1 実施時間等、担当営業までお問い合わせください。
注)2 ワークショップを実施する効果的な人数となっています。

カリキュラム

1回目
  1. なぜメンタルヘルスが必要か
  2. 価値観の違いとコミュニケーション
2回目
  1. メンタルヘルスとは
  2. 日常予防に対する知識と方法
  3. ケーススタディ

実施成果

  • 従業員の心の健康を守ることができます。
  • ストレスを軽減し、より良い職場環境を作ることができます。
  • 日常的な心の健康管理と不調時の対応が分かります。

成果はチェックシートで確認します。

メンタルヘルス応用(ラインケア)~部下への対応の仕方がわかります!

管理者として必要な専門知識と部下への対処方法や役割を学びます

管理者として必要な知識を習得できるメンタルヘルスの応用講座です。
メンタルヘルスの専門的な知識と、日常における部下への接し方、問題発生時の対応方法を学習します。
また、管理者自身が影響を受けて不調になるケースにも着目、管理者自らが心を修正する方法についても解説します。
最後にロールプレイングによる実習で、実際の対応について経験いただきます。

詳細

時間3時間×2回実施 注)1
価格(税抜)400,000円
定員30名(推奨) 注)2
対象企業で部下を持つ管理職、人事部担当者、かつメンタルヘルス基礎を受講した方

注)1 実施時間等、担当営業までお問い合わせください。
注)2 ワークショップを実施する効果的な人数となっています。

カリキュラム

1回目
  1. メンタル不全の種類とその仕組み
  2. メンタル状況をどのように確認するのか
  3. 対処方法と管理者サバイブ1
2回目
  1. 対処方法と管理者サバイブ2
  2. ケーススタディとロールプレイ

実施成果

  • 管理者として必要なメンタルヘルスの専門知識が身につきます。
  • 日常の部下へのアプローチ方法や、不調の場合の対応方法がわかります。
  • 管理者自身におきる心の不調を確認し、修正する方法が身につきます。

成果はチェックシートで確認します。

他にも企業様のニーズに合わせた講座を計画し、ご提案します。

「セルフケア/ラインケア研修」に関するお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ