地域の新しい伝えかた学校:「わかる総合講座」2021年春期

趣旨

発信・コミュニケーションの第一線で活躍する8人の講師による8回の連続講座を通じて、いま地域に必要とされる発信力・コミュニケーション力の要点や知っておくべき課題などについて学ぶ。
2021年2月4日より開講(8回で1セット)。

日時

第1回 2021年2月4日(木曜日)19:00~20:30 「地域が創造的になる土壌をつくる」柳澤大輔(面白法人カヤック代表取締役)
第2回 2021年2月10日(水曜日)19:00~20:30 「地域活動を“メディア”としてとらえる」岩佐十良(クリエイティブディレクター)
第3回 2021年2月18日(木曜日)19:00~20:30 「5年間、長崎の島の広告について悩んで、わかったこと。」中村直史(クリエイティブディレクター)
第4回 2021年2月25日(木曜日)19:00~20:30 「SNSの発信は“握手するくらいの距離感”で」風間公太(株式会社顧客時間チーフプランナー)
第5回 2021年3月4日(木曜日)19:00~20:30 「すべては“喜んでもらイズム”〜映像でつくるコミュニケーション」中島信也(CMディレクター)
第6回 2021年3月8日(月曜日)19:00~20:30 「私の考える地域プロデュースとそのはじめかた」齋藤精一(クリエイティブディレクター)
第7回 2021年3月19日(金曜日)19:00~20:30 「その街だから、をつくる」龍崎翔子(ホテルプロデューサー)
第8回 2021年3月25日(木曜日)19:00~20:30 「居場所としての地域づくり」西村佳哲(働きかた研究家)

(注)
講師の都合により、日程や内容が変更になる可能性がございます。あらかじめご理解の程、よろしくお願いいたします。

講師プロフィール

柳澤大輔 面白法人カヤック代表取締役

1974年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、ソニー・ミュージックエンタテインメントに入社。1998年、学生時代の友人と面白法人カヤックを設立。2014年に東証マザーズに上場。鎌倉に本社を構え、「面白法人」としてユニークな人事制度・ワークスタイルを導入して新しい会社のスタイルに挑戦。オリジナリティのあるコンテンツを数多く発信してきた。2013年、鎌倉に拠点を置くベンチャー企業の経営者とともに地域団体「カマコン」を創設。地域コミュニティの活性化に「ジブンゴト」として取り組むための場を支援している。著書に「鎌倉資本主義」(プレジデント社)、「リビング・シフト 面白法人カヤックが考える未来」(KADOKAWA)ほか。まちづくりに興味のある人が集うオンラインサロン主宰。

岩佐十良 株式会社自遊人代表取締役、クリエイティブディレクター、編集者

1967年、東京生まれ。武蔵野美術大学在学中の1989年にデザイン会社を創業し、のちに編集者に転身。2000年、温泉や食に関する記事が人気の雑誌「自遊人」を創刊。2004年に拠点を新潟県の南魚沼へと移し、出版、食品事業などを手掛けながら、2014年に「里山十帖」、2018年にブックホテル「箱根本箱」を開業。2020年には長野県の浅間温泉に「松本十帖」をオープン。著書に『里山を創生する「デザイン的思考」』などがある。

中村直史 クリエイティブディレクター、コピーライター、五島列島なかむらただし社

五島列島福江島出身。筑波大学卒業。カリフォルニア州立大学(CSULA)大学院修了。2000年、電通に入社。2019年、「五島列島なかむらただし社」設立。近年の仕事に、RIZAP「結果にコミットする」シリーズ、エビオス錠「弱るもんか!」キャンペーン、長崎県「長崎ブルーアイランズプロジェクト」、長崎県「長崎ハーモニー」など。企業や地域の価値を再発見し、みんなで共有し、全員が発信者になる、ということにトライし続けています。

風間公太 株式会社顧客時間 チーフプランナ―/広報統括、マーケティングプランナー

山梨県生まれ。音楽学校や劇団四季での広報/マーケティング担当を経て、2007年良品計画入社。SNS黎明期から無印良品公式Twitter、Facebook、Instagram、LINEアカウントを開設し、500万人を超えるフォロワー/ファンの窓口を一手に担った日本の企業SNS運用の第一人者。また、CRMアプリ「MUJI passport」、グローバルブランディングなど、デジタルマーケティング/DX推進全般に携わる。2019年、顧客時間に参画し事業会社のDXを支援。マーケティングプランナーとしても企業SNSやマーケティング支援を行なっている。Agenda Noteで「顧客基点のソーシャルメディア戦略」、日経クロストレンドで「企業がSNSを続ける理由」を連載中。

中島信也 株式会社東北新社 取締役副社長、CMディレクター

1959年、福岡県生まれ。大阪育ち。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒。東北新社に入社後、1983年に「ナショナル換気扇」のCMで演出デビュー。デジタル技術を駆使しつつ、人びとの記憶に残るヒットCMを数多く世に送り出している。主な作品には、日清食品カップヌードル「hungry?」、サントリー「伊右衛門」「燃焼系アミノ式」、TOTOネオレスト「菌の親子シリーズ」、 リクルートAirPAY「オダギリジョーシリーズ」などがある。2010年には劇場用映画「矢島美容室the movie」を監督。カンヌ広告祭グランプリ、ACCグランプリほか受賞多数。

齋藤精一 クリエイティブディレクター、パノラマティクス(旧:ライゾマティクス・アーキテクチャー)主宰

1975年、神奈川県生まれ。建築デザインをコロンビア大学建築学科(MSAAD)で学び、2000年からニューヨークで活動を開始。2003年の越後妻有アートトリエンナーレでアーティストに選出されたのを機に帰国。2006年、株式会社ライゾマティクス設立。2020年、組織変更によりアーキテクチャー部門を「パノラマティクス」に改称し、主宰。2018-2020年グッドデザイン賞審査委員副委員長。ドバイ万博日本館クリエイティブアドバイザー。大阪・関西万博People’s Living Labクリエイター。「MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館」(2020年)プロデューサー。

龍崎翔子 L&G GLOBAL BUSINESS, Inc.代表、CHILLNN, Inc.代表、ホテルプロデューサー

1996年生まれ。2015年にL&G GLOBAL BUSINESS, Inc.を設立し、「ソーシャルホテル」をコンセプトにしたホテル「petit-hotel #MELON」をスタート。2016年に「HOTEL SHE, KYOTO」、2017年に「HOTEL SHE, OSAKA」を開業したほか、「THE RYOKAN TOKYO」「HOTEL KUMOI」の運営も手がける。今年はホテル予約システムのための新会社CHILLNN, Inc.を本格始動。また、2020年9月に一般社団法人Intellectual Inovationsと共同で、次世代観光人材育成のためのtourism academy "SOMEWHERE"を設立。 2021年1月よりオンライン専用の講義を開始予定。

西村佳哲 働き方研究家

1964年東京生まれ。リビングワールド代表。働き方研究家。つくる・書く・教える、大きく3つの領域で働く。著書に『自分の仕事をつくる』『自分をいかして生きる』『かかわり方の学び方』『増補新版 いま、地方で生きるということ』(ちくま文庫)、『ひとの居場所をつくる』(筑摩書房)など。インタビューを通じて、働くことと生きてゆくことの関係、これからの仕事や暮らしのかたちを考え、書き綴っている。2014年から四国・神山町に活動の主軸を移し、山あいの町のこれからの「すまい」「教育」「仕事」をめぐる状況づくり携わってきた。一般社団法人 神山つなぐ公社理事。最新刊は『一緒に冒険をする』(弘文堂)。

会場

ワークスタイリング大阪本町新規ウィンドウで開きます
〒541-0051 大阪府大阪市中央区備後町4-1-3 御堂筋三井ビルディング 1F
●大阪市営地下鉄御堂筋線・中央線 本町駅 徒歩1分
●大阪市営地下鉄四つ橋線 本町駅 徒歩7分

オンライン、リアル会場のハイブリッドにて実施します。
新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、オンラインのみでの開催に変更となる場合がございます。

(注)
当日にZoom視聴用のURLをお送りします。

受講料

60,000円(税別)全8回(90分×8)(注)連続受講を推奨しています。

お問い合わせ

地域の新しい伝えかた学校
TEL : 06-6945-4520 / E-mail : fom-bp@cs.jp.fujitsu.com
主催:富士通エフ・オー・エム株式会社 担当:片岡
協賛:富士通 PLY OSAKA

ページの先頭へ