導入事例 :奈良市 子ども未来部 子ども政策課 様

子育て世代向けの多面的プロモーション事業を展開
イメージ・キャラクターの活用などによってオンラインとオフラインを繋ぎ、子育て世代に役立つ情報提供サービスを実現

2013年4月より、子育て支援情報に特化したホームページ「子育て@なら」を開設。奈良市の子育てに関わる100以上の事業を面的に発信、「子育てしやすいまち」をアピールすることで、「移り住みたい」「住み続けたい」と感じられるまちづくりを目指す。

業種自治体
ソリューションパブリックリレーションズBPOサービス
課題
効果
課題子育て関連事業を担当部署がそれぞれに情報発信
効果子育て支援情報に特化したホームページを開設することで情報を一元化、面的に発信
課題「可愛らしく親しみやすい」事業イメージ
効果「イメージ・キャラクターの活用」

事業着手前の課題はどのようなことでしたか?

まず一つは、100以上もの子育て関連事業について、個々の担当部署がそれぞれに情報発信を行っていたことです。発信手段も市民だよりやチラシなどの紙媒体が主であったため、欲しい情報に、欲しいタイミングでアクセスしにくい状況でした。また情報が分散しているため、それぞれの事業の進捗状況が掴みにくいという課題もありました。

そうした課題を踏まえ、子育て世代向けのプロモーション事業で目指されたことは?

すべての子育て関連事業の情報を一元化し、それを面的に発信していくことでした。奈良市が子育て支援事業に積極的に取り組み、子育てしやすいまちであることを全国に向かってPRすることで、子育て世代の人たちに「移り住みたい」「住み続けたい」と感じてもらえることを目指し、ホームページの構築からはじめたいと考え、生まれたのが「奈良市の子育ておうえんサイト 子育て@なら」でした。当時、子育てに特化した自治体のホームページは珍しく、前例がなく色々と大変でしたが、「とにかくチャレンジする」「やらなきゃ始まらない」と邁進しました。

奈良市
子ども未来部 子ども政策課
課長 真銅 正宣 様

事業委託先として富士通エフ・オー・エムを採択をされた理由は何でしょうか?

知りたい情報にたどりつきやすい、シンプルかつわかりやすいページ・デザインを提案していただいたこと。それと可愛らしく親しみやすい雰囲気も、子育て世代の方々への訴求に繋がると感じました。

オリジナルのイメージ・キャラクター「ももいろ いくジーカ」を活用したプロモーション活動を実施していこうと思われたのは何故ですか?

子どもたちにも親にも親しみやすく、直感的に魅力を感じてもらえるキャラクターを採用することで、ホームページをより多くの方にご覧いただけるのではないかと考えました。ピンクの鹿の家族のキャラクターは当初、「え!ピンク色!?」と驚いたのですが、子育て世代目線であえてそうしたと伺い納得。今では、奈良の温かい子育てのイメージにぴったりだと感じるようになりました。ホームページを通じてネーミングを公募したのは、イメージの定着化を狙ってのこと。38件の応募があったのですが、ホームページ上で一般投票を行い、家族の名前は「ももいろいくジーカ」に、お父さんとお母さんは「パパジーカ」「ママジーカ」、子ども達は「バビナ」「バビニ」「バビノ」に決まりました。子供が3匹なのは、少子化の中でもお子さんをもっと増やしてもらいたいという願いからです。

現在3年が経過しましたが、イメージ・キャラクターを活用した効果はどのように感じられていますか?

子育て情報をまとめた冊子、シール、クリアファイルといった関連グッズにもキャラクターを採用するなど、徹底したイメージづくりをした結果、「ももいろいくジーカ」と言えば「子育て@なら」、そう言ってくださる市民の方が増えたように感じます。また「パパジーカ」は着ぐるみを製作し、こども園や保育園、幼稚園及び子育て支援拠点等への訪問活動、またイベントなどでの告知活動にも取り組んでいます。どこへ行っても子供たちに大人気で、抱きついたり握手したり一緒に写真を撮ったりと、ふれあいを通して「子育て@なら」を知ってもらう機会になっています。訪問活動の後は、その様子をホームページやFacebookページに掲載し、ホームページのアクセス向上に繋げています。このようにして、「ももいろいくジーカ」は「子育て@なら」と市民(利用者)をつなぐ役割を担ってくれています。

奈良市 子ども未来部 子ども政策課 川野 広仁 様の写真

今後はどのように展開していきたいとお考えですか?

子育て世代の方々のお役に立ち、ご覧いただけるような、親しみやすいサイトであり続けることだと考えています。そのため、富士通エフ・オー・エムの担当者の方と毎月定期的に会議を重ね、アイデアやご意見をいただきながら、魅力的なプロモーションになるよう努めていきます。また「ももいろいくジーカ」を入口として、まだホームページを利用いただいていない市民の方にも、少しでも関心を持っていただけるよう企画していきたいと考えています。そういえば最近、「ももいろいくジーカ」のLINEスタンプをリリースしました。どんなスタンプがよいか、市の職員にアンケートに答えてもらい、40種類のスタンプが生まれました。こうしたことにもどんどんと取り組んでいきたいと考えています。

奈良市
子ども未来部 子ども政策課
川野 広仁 様

富士通エフ・オー・エムとのパートナーシップについて何かご意見などはありますか?

前例のない取り組みであるため、苦労していただいたことも多かったと思います。担当者の方は一つ一つの事柄を自分ごととして捉え頑張ってくれました。今では、一緒に汗をかいた信頼できる良きパートナーであると感じています。

子育て情報をまとめた冊子、シール、クリアファイルといった関連グッズの写真

担当営業の声

奈良市様の子育て世代向けの多面的プロモーション活動では、キャラクターを中心としたプロモーション活動を実施することで、奈良市が子育てしやすいまちであることを訴求してます。キャラクターのお名前を募集したり、訴求マンガやLINEスタンプなど、子育て世帯の方との交流ができることを目指しています。親しみやすいキャラクターを知ってもらうことで、奈良市が子育てにやさしい町であることを訴求できればと考えています。微力ではありますが、これからも多くの関係者の皆様と協力しながら地域の子育て世帯の方に役立つ情報発信をしていきたいと感じています。

富士通エフ・オー・エム株式会社
地域ビジネス本部
関西営業部 片岡 小百合

奈良市 様

面積276.94平方キロメートル
人口358,338人(推計人口 H29.1.1)
所在地奈良市二条大路南一丁目1番1号
市長仲川 げん
URLhttp://www.city.nara.lg.jp/新規ウィンドウで開きます

奈良市役所外観写真

導入事例(PDF版)

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は取材当時のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

[2017年2月27日掲載]

本事例に関するお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ