GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. トピックス >
  3. 2014年 > 全国どこでも地域情報を受信! IP告知放送システム「お知らせ@net」を機能強化(プレスリリース)

全国どこでも地域情報を受信! IP告知放送システム「お知らせ@net」を機能強化

~さまざまな端末で地域情報・緊急速報の受信が可能に~

  富士通ネットワークソリューションズ株式会社(注1)(以下 FNETS)はこのたび、IP告知放送システム「FUJITSU Public Sector Solution お知らせ@net」(以下、お知らせ@net)に、地域IPネットワーク圏外の出張先や旅行先でも、住民がさまざまな端末を活用し、地域情報・緊急速報を受信できる機能を搭載し、本日より、販売開始します。
    IP告知放送システムは、自治体・自治会から地域情報・緊急速報を公共施設や家庭内に設置された専用端末などに一斉配信する仕組みで、地域住民への情報伝達の重要な役割を担っていますが、従来のシステムでは、住民は地域IPネットワーク圏内のみでしか受信ができませんでした。
    今回、「お知らせ@net」では、3G/LTEに対応したプッシュ配信機能の搭載により、インターネット経由で地域IPネットワーク圏外の住民への情報配信が可能になりました。さらに、メール連携機能の搭載により、L字放送(注2)システムやメール配信システムなどとの連携が可能になり、さまざまな端末に一斉配信できます。
    これらにより住民は、地域IPネットワーク圏外の勤務先や旅行先でも、スマートデバイスや携帯電話などにより、いつでもどこでも地域情報・緊急速報を受信することができます。

2014年6月18日

  なお、本ソリューションは7月29日~30日に開催されるケーブルコンベンション2014イベント「ケーブル技術ショー2014」において、FNETSブースにて出展します。

【背景】

  IP告知放送システムは、自治体や自治会から、地域情報(ゴミ収集、バス時刻表変更など)や天気の警報など緊急情報を一斉配信し、コミュニティ形成や情報伝達を支える重要な役割を担っています。従来のシステムは、イントラネット、CATVネットワークなどの地域IPネットワークを利用し、専用端末に情報配信していました。そのため、地域IPネットワーク圏外にいる外出中の地域住民は、屋外スピーカーによる放送から情報を得るしかありませんでした。
    また、近年のスマートデバイスの急速な普及により、住民の情報収集手段も多様化しています。
    今回、このような背景を踏まえ、地域IPネットワーク圏外でも住民が端末で情報を受信できるようにしました。

【新機能の特長】

1.地域IPネットワーク圏外でも情報配信・受信が可能に

  今回、3G/LTEに対応したプッシュ配信機能を搭載することにより、インターネットを経由しスマートデバイス(Android端末、iOS端末)、地域IPネットワーク圏外でも情報を住民に配信できるようになりました。
    これにより、住民がどこでも地域情報・緊急速報を受け取ることができるようになり、持ち運び可能なスマートデバイスの利点をさらに活かすことができます。例えば、住民が農作業に従事している時や、県外に出張や旅行に行っている時でも、地域情報・緊急速報を受信することができます。

<配信方法>

  • Android端末:Google Cloud Messaging(GCM)を利用したプッシュ型の情報配信
  • iOS端末(iPhone/iPad):Apple Push Notification Service(APNs)を利用したプッシュ型の情報配信

2.テレビのL字放送システムなど多様な情報配信に対応

  メール連携機能を搭載することにより、メールインターフェース(注3)を備えるシステムとの連携を実現しました。例えば、L字放送システムとの連携によるケーブルテレビの地域コミュニティチャンネルへの情報配信や、一斉メール配信システムとの連携による携帯電話へのメール配信など、より多様な情報配信が可能となります。
    これにより、住民は、テレビを観ながら画面のL字型余白で天気やお悔やみなどの地域情報を確認したり、従来からの専用端末も含め、スマートデバイス、携帯電話などさまざまな端末から情報を受信できるようになります。さらに、1回の操作でこれらの端末に一斉配信することができるため、情報配信に関わる職員の作業負荷を軽減します。

【今後の展開】

  FNETSでは、より使い易いシステムの実現に向けて、さらなる配信先の多様化や、利用者目線でのインターフェースの開発などを実施していきます。また平時におけるシステムの利活用として、高齢者見守りや地域の回覧板情報など、地域の情報集配信基盤として、より一層の利便性の向上を計画しております。

【モデル価格】

  3,000万円より
    *スマートデバイス×1,000台への配信時のセンター系システムおよび導入費用。
     (スマートデバイス×1,000台は含まず。)

【販売目標】

  今後2年間で10億円

【サービス開始時期】

  2014年6月18日より

【注釈】

(注1) 富士通ネットワークソリューションズ株式会社  本社:神奈川県横浜市、
代表取締役社長:飯田 春幸  
(注2) L字放送:テレビ番組の映像を縮小し、L字型の余白に情報をプッシュ型で提供するサービス。ケーブルテレビでは、コミュニティチャンネルで天気やお悔やみ情報などの地域情報を提供している。
(注3) メールインタフェース:Eメールで他システムに対して情報の受け渡しをする機能。

【商標について】

「お知らせ@net」はFNETSの登録商標です。
Android は、Google Inc.の商標または登録商標です。
iPhone、iPad、はApple Inc.の商標です。
iOSは、Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
記載されている製品やサービスの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

【関連Webサイト】

FUJITSU Public Sector Solution  お知らせ@net
http://www.fujitsu.com/jp/group/fnets/solutions/oshirase-net/index.html

【お客様お問い合わせ先】

富士通ネットワークソリューションズ株式会社
総合受付窓口
TEL:0120-20-7430
受付時間:9:00-17:00(土、日、祝日、年末年始を除く)

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

日付: 2014年6月18日