GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. トピックス >
  3. 2013年 > 2012年度決算

2012年度決算

2013年5月24日

  富士通ネットワークソリューションズ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:飯田春幸)は、2012年度決算を下記のとおりお知らせいたします。

1. 2012年度業績(2012年4月1日~2013年3月31日)

(単位:百万円)

  2012年度 2011年度 前年比 増減率
売上高 55,633 49,396 6,236 12.6%
営業利益 3,016 2,443 572 23.4%
(営業利益率) (5.4%) (4.9%) (0.5%) -
当期純利益 1,811 1,222 589 48.2%

2. 2012年度業績内容

  当期におきましては、経営基盤の確立として、2012年5月にコミュニケーションの活性化やワークスタイル変革などによる経営の効率化と、災害時における社員の安心・安全の確保と事業継続の強化のため、本社を神奈川県川崎市から横浜市に移転いたしました。さらに、2012年10月に組織改革を行い、全社ビジネス拡大戦略の明確化と推進体制の確立、営業力の強化、地域ビジネスの強化に向けたフォーメーションの見直しを実施し、ユーザーから見てシンプルで、スピードある実行力を持つ組織構造へ変革いたしました。

  ビジネス面においては、特に国内キャリア向け基幹インフラ商談や地域・自治体インフラ構築商談の受注が減少いたしましたが、前期後半から当期にかけ受注した、通信事業者に品質向上に向けた基地局設置工事の大型商談や、エンタープライズ市場において、金融機関の基幹ネットワークシステムのリプレースや流通分野での店舗内無線LAN構築などの大型商談の獲得により、売上高は大幅に伸長いたしました。

  また、自社商品の開発では、スマートデバイスで、安全かつ快適に業務が行える「モバらくだ for スマートデバイス」の販売活動を開始し、デジタル教材やエリアワンセグ放送サービスではICT を活用したソリューションの実証実験を行い、新たな成長へ向けての取り組みを行いました。

  利益面においては、利益確保に向け、不要不急の投資抑制や業務効率化を進め、全社を挙げて徹底したコスト削減を行いました。

3. 2013年度の見込み(2013年4月1日~2014年3月31日)

(単位:百万円、%は対前年比)

売上高 営業利益 (営業利益率) 当期純利益
60,690 9.1% 3,580 18.7% 5.9% 0.5% 2,110 16.5%

【報道関係者お問い合わせ先】

富士通ネットワークソリューションズ株式会社
総務人事部
TEL:045-752-9703

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

日付: 2013年5月24日