GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. トピックス >
  3. 2008年 > オペレーターにやさしいコール受付ソリューションを発売(プレスリリース)

オペレーターにやさしいコール受付ソリューションを発売

~「COMPACT IP CallBox」でお手軽・安価に10~50席規模のコールセンターを構築~

  富士通ネットワークソリューションズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長 長富 紘、以下 FNETS)は、オペレーターにやさしいコール受付ソリューション「COMPACT IP CallBox(コンパクト・アイピー・コールボックス)」を12月26日より発売いたします。

2008年12月26日

  コールセンターの市場規模は、2010年度には約5,680億円に達すると予想されております(注1)。昨今、製造・金融・通信・流通の各企業や自治体などでは、コールセンターのIP化のメリットである音声系とデータ系ネットワークの統合や、通信コストの削減、オペレーターのロケーションフリー、席数の増減が容易にできることに注目しており、事務所に簡単に構築できる10~50席規模のIPコールセンターの導入が高まっております。
   当社は、このニーズの高い10~50席規模のIPコールセンターを実現する「COMPACT IP CallBox」を開発し、構築から運用・保守までをソリューション提供いたします。

  従来のコールセンターでは、オペレーターにとってストレスの多い環境であったため、「オペレーターが定着しない」「モチベーションが低下する」などの問題がありました。そこで当社はオペレーターの多くが女性である点に着目し、働きやすい環境を提供できるようにソフトフォンのデザインを工夫し、電話機のボタン機能にて実施していたワーク・離席などの操作を、ソフトフォン上にボタンを設けることで、オペレーターが直感的に操作できるユーザインターフェースといたしました。

  また、当社はコールセンターシステム構築実績で得たノウハウをベースに、コールセンターに必要とされるACD(着信呼均等分配)(注2)・IVR(音声自動応答)(注3)・MIS(各種統計情報出力、稼働状態表示)(注4)などの機能を、コンパクトで環境にやさしい省電力・低騒音な1BOXサーバーにオールインワンで収めております。また、お客様の要望を聞き入れた最適なシステム整備から運用・保守までをトータルにサポートすることで、従来の約1/2(当社比)の価格でソリューション提供を可能といたしました。
  これにより、10~50席規模のIPコールセンターをお手軽・安価に実現いたします。

  今後、在宅コールセンターやコールセンター内でのモビリティ利用なども視野に入れて、商品展開していく予定です。

【ソリューションの特長】

①お手軽にコールセンターを構築可能
必要な機能をオールインワンで小型静音の1BOXサーバーに収めておりますので、小型サーバーを1台設置すれば事務所にコールセンターを簡単に構築可能です。

②コールセンター専用機能を搭載した軽量動作のソフトフォン
従来は電話機のボタン電話機能で行っていたオペレーター業務を、PCの画面とファンクションキーなどの簡易操作で行えるため、業務の流れを中断することなくスムーズなお客様対応が可能です。
今後、ソフトフォンのデザインに、カラーバリエーションやより親しみやすい画面デザインなどを追加予定です。

ソフトフォン画面1

ソフトフォン画面2

<ソフトフォン画面>

③IVR(音声自動応答)の設定が簡単
従来は専用のツールやコマンドを用いていた運用管理機能を、エンドユーザでも簡単に設定できるWEB画面にいたしました。特にコールセンターの自動音声応答処理については直感的に操作していただくことが可能になっておりますので、応答フローをビジネス環境の変化に合わせて迅速に変更することが可能です。

IVR設定画面

<IVR設定画面>

④標準でMIS機能(各種統計情報出力、稼働状態表示)搭載
従来のレガシーPBXではオプションだったMIS機能を、標準で搭載しております。
※MIS機能(各種統計情報出力、稼働状態表示)は、オペレーターの稼働状況などを把握するために必要です。

MIS画面

<MIS画面>

【主な機能】

  • PBX基本機能(発着信、保留、転送)
  • ACD(着信呼均等分配)
  • IVR(音声自動応答)
  • MIS機能(各種統計情報出力、稼働状態表示)
  • オペレーター操作による離席、ワークの登録/解除
  • スーパーバイザーによる通話モニター(モニター、ウィスパリング)
  • マルチログイン
  • CTI連携機能(ActiveX/CT協議会 ACTコントロール仕様書1.1準拠)
  • 簡易通話録音

【対応コールセンターアプリケーション】

  • WingGear Contact Suite for IP(仮称)
    (富士通九州ネットワークテクノロジーズ社製:2009年度リリース予定)
  • その他(ACTコントロール仕様書1.1.対応アプリ)
    ※対応アプリケーションについては順次追加予定です。

【システム構成例】

「事務所の一部をコールセンター化」
1BOXで簡単に事務所の一部をコールセンターにすることが可能です。
※既存PBX環境に「COMPACT IP CallBox」を接続することで、事務所電話機への転送なども可能になります。

システム構成例

  ※冗長化、停電対策を考慮した構成も構築可能です。

【ソリューション価格例】

オペレーター10席の場合
・標準価格498万円(税別)~
※サーバー、ゲートウェイ、スイッチングハブなどのハードウェア及びソフトフォン、設計・導入支援費を含む。

【商品メニュー】

名称 標準価格(税別)
COMPACT IP CallBox 2,500,000円~
設計・導入支援サービス 350,000円~
カスタマイズサービス 個別見積(コンサル、個別アプリ連携など)
工事サービス 325,000円~
運用・保守サービス 400,000円~
※平日9時~17時(年額)。24時間365日のサービスも提供可能

【販売目標】

  3年間 300システム

【出荷時期】

  2009年1月

【商標について】

  記載されている製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
  「COMPACT IP CallBox」は、登録商標です。

【注釈】

注1 矢野経済研究所出典
注2 ACD(着信呼均等分配:Automatic Call Distribution):
          各オペレーターの電話対応時間が均等になるように、オペレーター毎に最新の
          着信時間を管理し、着信待ちの一番長いオペレーターから優先的に着信させる
          機能です。
注3 IVR(音声自動応答:Interactive Voice Response):
          お客様がプッシュボタンの操作により、ガイダンス再生だけではなくACDグループや
          オペレーターへの転送などを行う機能です。
注4 MIS(各種統計情報出力、稼働状態表示:Management Information System):
          オペレーター別、グループ別オペレーターの待ち呼、最長待ち時間、平均応答着信、
          サービスグレード、放棄呼などのリアルタイム情報の閲覧とレポート出力を行う機能です。

報道関係者お問い合わせ先

富士通ネットワークソリューションズ株式会社
総務部(広報担当)
TEL:044-210-6512  FAX:044-200-1151
E-mail: fnets-pr@cs.jp.fujitsu.com

お客様お問い合わせ先

富士通ネットワークソリューションズ株式会社
ソリューション開発本部ビジネス推進統括部販売推進部
TEL:044-210-6522  FAX:044-200-1139
URL:http://www.fujitsu.com/jp/fnets/contact/

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

日付: 2008年12月26日