GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. トピックス >
  3. 2006年 > 検疫ネットワークソリューションの強化! ~「iNetSec® Inspection Center」と「Apresia®」が連携~

ソリューションニュース

2006年5月25日

検疫ネットワークソリューションの強化!
~「iNetSec® Inspection Center」と「Apresia®」が連携~

  当社は、株式会社PFUの検疫ソフトウェア「iNetSec® Inspection Center」と日立電線株式会社のネットワーク認証スイッチ「Apresia®」を連携し、更に充実した検疫ネットワークソリューションを提供いたします。当社は両製品に関する技術知識と導入実績を有しているため、お客様には両製品を使用した安心で快適な検疫ネットワークソリューションを提供することが可能です。

  • 当社は、iNetSec® Inspection Centerに関する認定セールスパートナーです。
  • 当社は、Apresia®に関するディストリビューターです。

iNetSec® / Apresia®連携による検疫ネットワークソリューションについて

  「iNetSec® Inspection Center」と「Apresia®」の連携による検疫ネットワークソリューションでは、特にネットワークのエッジに近いポイントでのセキュリティ対策を実現します。両製品の連携にあたっては、「iNetSec® Inspection Center」のもつネットワーク認証方式である「ゲートウェイ方式」として「Apresia®」独自の認証機構「Apresia® NA(Network Authentication)」と連携します。これにより、クライアントPCに特別なソフトウェアをインストールすることなく運用可能な検疫ネットワークソリューションを実現でき、お客様ネットワーク環境や運用条件への適用性が高いシステムの提供が可能となります。またこの検疫ネットワークソリューションの導入により、様々なお客様のネットワーク環境で、ネットワークセキュリティを強化でき、ネットワーク運用において、管理者と利用者に負担をかけることなく利用が可能です。

検疫ネットワークシステム

iNetSec® Inspection Centerの概要

  「iNetSec® Inspection Center」は、PFU製の検疫ネットワークソフトウェアです。クライアントPCのセキュリティ統制に必要となる豊富な検疫ポリシーと、利用者にストレスを感じさせないPC検疫時間、また運用の容易さにより、既に多くの企業や大学等に導入されています。

Apresia®の概要

  「Apresia®」は、日立電線製インテリジェントL2,L3スイッチングハブです。認証スイッチとして、国際標準規格であるIEEE802.1Xに加え、独自の認証方式である「Apresia® NA」を実装しており、島スイッチや無線LAN アクセスポイントのカスケード環境下の端末や、IPアドレス固定端末とDHCP端末が混在する環境でのネットワーク認証が可能です。このため、ユーザーの既存のネットワーク構成に柔軟に対応し、導入が可能です。

ホームページ(商品の詳細について)

商標

本文中の商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

富士通ネットワークソリューションズ株式会社
E-mail:fnets-solutioninfo@cs.jp.fujitsu.com
Tel:044-210-6541

メールでのお問い合わせの際には、下記を明記いただきますようお願いいたします。

お名前、ご所属(会社名など)、連絡先(メールアドレス、電話番号)、お問い合わせ内容(なるべく詳しくお願いします)

日付: 2006年5月25日