GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品 & サービス > 導入事例 > 株式会社東邦ネットワークテクノロジー様

株式会社東邦ネットワークテクノロジー様 導入事例

Sシリーズ サーバルームを開発/検証スペースに 密閉冷却型サーバラックが最適な作業環境を実現 株式会社東邦ネットワークテクノロジー様 ファシリティキューブ

ネットワークの企画、コンサルティングから、システム設計・構築、施工、現地調整、運用・保守までをワンストップで提供する東邦ネットワークテクノロジー様。FNETSは、密閉冷却型サーバラック「ファシリティキューブ(Sシリーズ)」で、東邦ネットワークテクノロジー様のサーバルーム内における開発/検証業務の作業環境向上に貢献しています。

[ 2012年3月28日掲載 ]

本製品の特長
小型空調機を搭載したラックシステム
  • 最小の密閉空間を効率よく循環冷却、高い省エネ効果
  • 優れた防塵性、静音性
  • 短工期

1.導入の背景

株式会社
東邦ネットワーク
テクノロジー
経営企画部 部長
佐々木 亮 様

東邦ネットワークテクノロジー様は2011年3月、業務拡大に伴い事務所スペースを増床したのに合わせ、サーバルームも3m×7mに拡張し、開発用サーバラック2架と業務用サーバラック1架を設置。ルーム内でエンジニアがお客様システムの検証を行うスペースを確保しました。ところが実際にサーバを稼動させてみると、サーバから出る騒音と排熱がひどく、早急な改善が必要となりました。そこでFNETSでは、静音性、遮熱性に優れた「ファシリティキューブ(Sシリーズ)」(以下、Sシリーズ)の導入をご提案し、ご採用いただきました。
「会社が急成長したことにより、機器が予想以上に増えてしまいました。そのため、近くの相手の声が聞き取れないほどの音と、室温が40度を超え、真夏にはサーバが停止してしまうのでは・・と思うほどの熱が発生してしまい、広くなったサーバルームは誰も入らないデッドスペースになっていました。新規に空調機の導入やサーバルームの移転も検討しましたが、低コストで確実に作業環境を改善できること、何よりも既存のラックスペース内に空調機能を備えているコンパクトなところがSシリーズ導入の決め手でした」と、経営企画部長の佐々木様はおっしゃっています。

2.導入の概要

ファシリティキューブシリーズは、ラックや空調機などサーバルームに必要な付帯設備をパッケージ化したラックシステムです。
ラック冷却システムは、FNETSが開発した独自の冷却構造(特許登録済み)になっています。単架構成のSシリーズは、最大36ユニットを搭載する19インチラックの機器搭載スペースの上部に空調機(5.2kW)を設置。空調機前面のファンから真下に向けて冷気を送出し、上部からの冷気が機器搭載エリアに入り、暖気となって背面側に排出、空調機背面のファンにより空調機で再度冷却され循環する仕組みです。ラック内の密閉空間のみを冷却する構造であるため、静音性・遮熱性・防塵基準(保護等級IP:IP4X)に優れています。
今回、東邦ネットワークテクノロジー様は、Sシリーズ1セットを導入しサーバルームに設置。常に稼動している業務系サーバと一部の開発・検証用サーバを収納しました。

ファシリティキューブ(Sシリーズ)の冷却システム

東邦ネットワークテクノロジー様に設置のファシリティキューブ

3.導入の効果

株式会社
東邦ネットワーク
テクノロジー
ネットワーク
ソリューション部 部長
長尾 猛司 様

Sシリーズ本体の設置・工事を2011年11月に完了し、機器入替えを経て2012年1月から業務サーバの本格稼働がスタート。空調機・ラック一体型のSシリーズは、従来のサーバ構成を変更する必要がなく、スムーズなサーバの入れ替えが実現しました。
稼働後、平均35℃にまで上っていたサーバルームの室温は24℃まで低下し、上着を脱ぐ必要もない快適な環境が保たれています。約17dbの騒音低減性能も十分に発揮され、機器の作動音も「まったく気にならないレベル」(佐々木様)。お客様のシステム検証作業にあたるネットワークソリューション部長の長尾様も、「サーバルームで一度に4〜5人のスタッフが作業できるようになり、本来あるべき業務環境が実現しました。隣室に機器を持ち出すこともなくなり、作業効率が飛躍的に高まりました」とおっしゃっています。
また、効率的な冷却が可能な特長を活かし、フロア全体の冷やしすぎが抑えられ、一人あたりの電気代も減少。空調コストの削減にも寄与しています。佐々木様は、「サーバルームによくありがちな、長時間在室していて逆に作業者が寒く感じるということもありません。フロア空調を一括コントロールしているオフィスに適していますね」と評価されています。

4.今後の展開

Sシリーズの活用イメージについて、長尾様は「自社内で開発作業を行っている会社に向いている製品だと思います。プロジェクトルームに設置してそこで作業するといった活用もできますね」と語っておられます。
また、佐々木様は「遠くのデータセンターに移行するよりも、Sシリーズの方がランニングコストの面でも優れていると感じます。当社でも今後さらなる業務拡大を進め、2台目の導入も検討したいと思います」と、導入結果にご満足いただいています。
FNETSでは、長期にわたる万全の保守体制を維持することはもちろん、製品のさらなる省エネ性能の向上、イニシャルコストの低減化を推し進め、東邦ネットワークテクノロジー様のご期待、ご要望に応えられるよう、これからもお客様起点に立ったご提案を行っていきます。

お客様概要

株式会社東邦ネットワークテクノロジー様ロゴマーク
お客様名称 株式会社東邦ネットワークテクノロジー
設立 平成22年7月1日
所在地 神奈川県川崎市川崎区駅前本町11-1パシフィックマークス川崎8F
資本金 1,000万円
従業員数 35人(2012年3月現在)
事業内容 情報通信ネットワークの提案/設計/構築/保守
ホームページ http://www.toho-network.com

お客様の「信頼できるパートナー」として

東邦ネットワークテクノロジー様は、オフィスのネットワークインフラに関わる全てにおいて信頼できるパートナーとして、さまざまなご提案を行っています。ネットワークSIサービスの広範囲な対応を目指し、(1)ネットワーク社会の利便性を享受できる信頼性の高い技術の提供、(2)あらゆる業種の顧客ニーズに応えた満足度の高いネットワークシステムのサービス提供、(3)ネットワークシステムの改善提案および保守サービスの提供、(4)高度情報化社会に対応したネットワークセキュリティの提供  の4つを事業方針として掲げています。LANやWAN、システムフロント、セキュリティ、IPテレフォニー、プラットフォームの各分野に対応し、お客様に合わせた最適なソリューションをご提案し、お客様提案・要件確認から運用保守まで、あらゆるフェーズでシステム構築をサポートされています。

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

お問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。