GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品 & サービス > 導入事例 > 株式会社愛媛CATV様

株式会社愛媛CATV様 導入事例

「地域WiMAX+WiFi」によるケーブルテレビの新たなビジネス展開 株式会社愛媛CATV様 地域WiMAX無線局

松山市を中心にケーブルテレビ施設を敷設し、多彩な専門番組と豊富な地域番組を提供し、地域文化の向上に貢献している株式会社愛媛CATV様。地域における高度情報化社会の実現に向けて、通信基盤の整備も進められています。
FNETSは、ケーブルテレビ事業の新たなサービスの核として期待される地域WiMAXの構築から運用までのお手伝いをしています。

[ 2011年8月1日掲載 ]

本製品の特徴
特定の端末機器に依存しない構成
スモールスタート(プロファイルB※1)から大規模・多機能なサービス(プロファイルC※1)への拡大が容易で、CATV事業者様に最適
WiFiとの連携にも無理なく対応
※1:プロファイルBとはASN(Access Service Network)にWiMAX機能を実装する方法の一つで、全てのASN機能をBS(Base Station)に実装する方法のこと。これに対し、プロファイルCはASN機能をASN-GWとBSとに分けて実装する方法のことで、これらは業界団体であるWiMAXフォーラムで規定されている。

1.導入の背景

株式会社 愛媛CATV
常務取締役
白石 成人 様

テレビ、インターネット、電話に続くケーブルテレビの「第4のサービス」として注目される無線ブロードバンドサービス。全国のケーブルテレビ事業者様に先駆けて、地域WiMAX事業の導入を検討されていた愛媛CATV様に対し、FNETSでは免許取得のサポートから基地局の置局設計、工事、現調、保守に至るまで、ワンストップのシステム構築をご提案しました。採用の決め手となったのは、システムの拡張性と自由度の高さです。「地域WiMAX事業はこれからの成長が見込まれるビジネスです。初期投資が抑えられ、かつ拡張しやすいことがシステム選定の上で重要でした。端末やBSの製品の縛りがないことも魅力です」と白石様はおっしゃっています。

2.導入の概要

導入当初はシンプルなスモールスタートの構成となりました。局内にユーザ認証サーバとDHCPサーバを一体化したCSN-Lite(※2)と監視制御装置を設置。基地局装置にASN-GW(アクセスサービスネットワークゲートウェイ※3)機能を持たせることで機器への投資を抑えました。2008年3月の免許申請から約1年で3局に8BSを設置。その後、ネットワークの拡大に伴い、センター設備にASN-GWを設置し、BSを集中制御するシステムへと変更し、2011年7月現在の設置基地局数は11局、32BSに及んでいます。
無線サービスの事業拡大のカギとして、愛媛CATV様はWiFiに注目。WiMAXとWiFiの双方を利用できる「ワイヤレスネット」の構築を進めてきました。WiFi導入の理由について白石様は「地域WiMAXは現状、リテール端末への対応が十分ではなく、当社でも契約者様に専用のUSB端末機を貸与してご利用いただいています。早期のワイヤレスサービス展開のためには、スマートフォンやタブレットPCが標準搭載しているWiFiへの対応は不可欠と考えました」と説明されています。また、WiMAX-WiFi変換については、「CPE(※4)で一部調整が必要でしたが、基本的に地域WiMAXの設備をそのまま融通できました。FNETSには、法律上の問題点や技術適合性について相談に乗ってもらい、スムーズに導入にこぎ着けることができたと思います」(柴田様)と当社の貢献を評価いただいています。

※2)CSN-Lite: プロファイルBのシステム構成用に開発されたCSN装置(JRC製)。加入者認証機能、アクセス権承認機能、DHCP機能を提供。CSNはConnectivity ServiceNetworkの略称。
※3)ASN-GW: Access Service Network Gatewayの略称。BSの上位にあるアクセス網ゲートウェイとして、BS間の切替制御、無線リソース管理、位置情報更新機能等を提供。
※4)CPE: Customer Premises Equipmentの略称。屋外設置型の端末装置で、屋内における安定した通信品質を確保するもの。

システム構成図

3.導入の効果

株式会社 愛媛CATV
放送技術局
システム管理部 課長
柴田 祐輔 様

地域WiMAXとWiFiのコラボによる「ワイヤレスネット」の展開に当たり、愛媛CATV様では、大学やNPOなどでつくるオープンワイマックス研究会と協働し、主に公共空間での設置を進めてきました。「地元密着のビジネスを展開する我々の手で"空中版"の公共インフラを設置すること、そして免許事業であるWiMAXを広く地域に開放するために、公共空間の設置にこだわりました。店舗ベースで導入を進めている他のWiMAX事業者との差別化も図りました」(白石様)。松山市内の2つの商店街(大街道商店街、銀天街商店街)のアーケード内に、11基のアクセスポイントを設置。Web認証の仕組みを活かし、観光客や買い物客など無料ユーザーには店舗情報などの無料コンテンツを、ケーブルインターネットに加入している有料ユーザーにはインターネット接続サービスを提供する「SPLASH」というネットワークを構築しました。また、松山大学では20カ所にアクセスポイントを設置し、教職員と学生約6000名にキャンパスWiMAX+WiFiの利用環境を提供。この仕組みを活用し、学生への電子版愛媛新聞の無料配信実験も始まっています。
柴田様は「ホームユーザーの皆さんが家庭では有線を、外出時はWiMAXやWiFiなどのワイヤレスを使い分ける事業スキームを確立したことで、他のサービスとの棲み分けができています」とおっしゃっています。

4.今後の展開

「松山のような中心商店街から半径3キロ以内に人口の7割が集中しているコンパクトシティと、地域WiMAXの相性は非常に良いと感じています」という白石様。地域WiMAXが事業として成功していくための課題として、簡易で柔軟性に優れた認証システムの構築と、リテール端末のWiMAX対応の早期促進を挙げています。「前者はWiFiで培ったWeb認証の仕組みをそのまま持ち込みたいと考えています。問題は後者。リテール端末によるリテールビジネスの実現こそが最優先課題です。すべてのWiMAX事業者がリテール端末を共有するオープンな仕組みをつくることができれば、ワンコイン(月額500円)のサービス提供も夢ではありません。FNETSさんにも一緒に汗をかいていただき、5年以内にその実現を図っていきたいですね」とおっしゃっています。
FNETSでは今後も愛媛CATV様のご期待に応え、地域の特色を活かしたワイヤレスサービスの実現を目指して、今後もインパクトのあるご提案を行っていきます。

お客様概要

株式会社愛媛CATV様ロゴマーク

お客様名称
株式会社愛媛CATV
設立 1989年8月
開局 1991年10月
所在地 愛媛県松山市大手町1-11-4
資本金 8億300万円
事業内容 ケーブルテレビ事業(最大78ch)、インターネットサービス事業、固定電話サービス事業、次世代高速無線通信(WiMAX)事業
サービスエリア 約23万世帯(松山市、砥部町、東温市、松前町)
ホームページ http://www.e-catv.ne.jp

愛媛CATV様は、1989年の会社設立以来、松山市を中心とする事業エリアで、公共インフラとして情報格差の解消に努めるとともに、地域に根ざした番組づくりを進めてきました。地域WiMAXにおいても、全国のケーブルテレビ事業者をリードする存在として、産・官・学の幅広い連携のもとで、リテール端末の活用の未来を切り開いています。

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

お問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。