GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品 & サービス > 商品から探す > Relay2社製 「RA200シリーズ」特長・機能

Relay2社製 「RA200シリーズ」 特長・機能

  概要 |  特長・機能 |  仕様 |


特長

ストレージ機能

エッジコンテンツホスティング(ECH)機能を活用し、AP内にあらかじめ動画やアプリを格納しておくことで、クライアントは直接APからコンテンツをダウンロードできます。
バックホール回線が切断された状況下でも情報の取得が可能です。

Relay2社製 ストレージ機能Relay2社製 ストレージ機能

キャッシング機能

あらかじめキャッシュするWebドメインを登録しておくことで、指定ドメインへのアクセス時間の短縮が可能です。
また1人目がコンテンツをダウンロードした際に、AP内にキャッシュすることで2人目以降はAPから直接ダウンロードができます。これにより、ダウンロード処理の高速化やバックホール回線への負荷軽減が可能になります。

 

Relay2社製 キャッシング機能Relay2社製 キャッシング機能

高パフォーマンスクライアント制御

APの強力なプロセッサでパフォーマンス及び収容量を大幅に向上できます。
AP1台における収容台数設計が増えるため、コスト削減を図ることができます。

ワイヤレスバックホール機能

Ethernetだけでなく、LTEドングル(注)を使用することで携帯キャリア無線によるバックホール構築が可能となります。有線LANを敷設できない環境でも、LTE回線を使用してWi-Fiの利用が可能になります。

Relay2社製 ワイヤレスバックホール機能Relay2社製 ワイヤレスバックホール機能

バナーインサーション機能

表示リクエストのあったWebサイトにバナーやメッセージを表示できます。広告掲載やクーポン提供等により、簡単にWeb誘導を実現できます。
※httpプロトコルのみの表示になります。

Relay2社製 バナーインサーション機能Relay2社製 バナーインサーション機能

仮想化AP機能

仮想化AP機能により、物理APを共有化することが可能になります。各インスタンスにAPと同様の設定、操作を提供します。(最大8仮想化AP/1AP)
※本機能を使用するためには「クラウドWi-Fiサービスライセンス」および「仮想化型クラウドWi-Fiサービスライセンス」が必要となります。

 

Relay2社製 仮想化AP機能Relay2社製 仮想化AP機能

製品情報 (メーカページへリンク)

Relay2 Japan株式会社Open a new window

関連製品・サービス

Time&Position ネットワーク

時間と位置などの様々な情報を分散ネットワークで高速に処理を行うソリューションをご提供します。

ダウンロード最適化 for Windows Update

Windows 10 導入後も「更新プログラムのダウンロード」の時間に悩まされず、スムーズに業務がすすめられたら・・・
そんな運用を実現するのが「ダウンロード最適化 for Windows Update」です。

お問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。