GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品 & サービス > 販売終息製品 > 位置情報取得ソフトウェア 「P-Getter Lite」 サービスメニュー

位置情報取得ソフトウェア 「P-Getter Lite(ピーゲッターライト)」

 サービスメニュー |  購入者向けサポート窓口&お問い合わせ |


本製品は、2007年12月をもちまして販売を終了させていただきました。

GPS機能搭載の携帯電話を利用して、移動体の位置情報を地図上に表示します。業務の効率化 / サービス向上 / 経費削減などに利用可能です。

主な特長

  • GPS機能搭載の携帯端末を使って位置情報を取得
    • 一台の携帯電話で、「通話」「位置情報取得」「メッセージ(Eメール)受信」とマルチに対応
    • 市販の携帯電話を使用するため、システム費用が安価
    • 精度の高い位置情報を取得可能
    • 携帯端末=50台、クライアントパソコン=100台まで利用可能
  • Webアプリケーションなので、導入・展開・管理がスムーズ
    • 位置表示用クライアントはブラウザと市販地図ソフトで対応可能
    • サーバの設定・管理・データ登録などは、管理者用のパソコン上で可能
    • 地図データの更新は、地図ソフトを買い替えるだけなので安くて簡単
  • きめ細かい位置管理機能、上位版への拡張性あるアーキテクチャー
    • 携帯端末利用者の現在位置および移動履歴を地図上に表示
    • あらかじめ設定した建物位置を中心に最寄りの携帯端末利用者を探し出して地図上に表示
    • きめ細かなスケジュール設定(1)により、定期的に位置情報を取得し、移動履歴をデータベースに蓄積
    • 携帯端末利用者からの自己位置申告(2)を受信し、地図上に送られて来たステータスを表示(3)。受信履歴も可能
    • 上位版の「P-Getter」と互換性をもつデータベース。将来的に「P-Getter」にアップグレードが可能

注釈

スケジュール設定:
日付け・時間・曜日などの範囲設定で携帯端末ごとに設定が可能
自己位置申告:
自己位置申告を受信するには、P-Getterサーバに固定のグローバルIPアドレスの割り当てが必要
ステータスを表示:
ステータスの種類は携帯端末の機種により異なります。ステータスの定義は、1台ごとに設定が可能

動作環境

Windows版(サーバ)
ハードウェア CPU ・IntelPentiumプロセッサ
または互換性のあるCPU(Pentium II 400MHz以上推奨)
メモリ 256MB以上(512MB以上推奨)
HDD ・プログラム 256MBの空き容量
(PowerGres=100MB以上、JRE1.4=120MB以上、P-Getter Lite=45MB(tomcat含む)
・履歴データ 1GB (50台、12回 / 台・日、約1年(260日=週5日 × 52週)の場合)
OS ・Windows2000Professional / server SP3以上
その他 ・利用可能端末(利用可能キャリア位置情報サービス)
NTTドコモDLPサービス対応端末(F505iGPS、F661i、Posiseek R)
・P-Getter Liteの動作のためには、データベース管理システムPowerGres(SRA社製)[有償:別途購入]、JDK1.4が必要です。
・位置取得端末からの自己位置申告を受信するためには、固定グローバルIPをサーバに割り当てる必要があります。
・自己位置受信時のメール通知またはメッセージ送信を行う場合は別途メールサーバ(SMTPサーバ)が必要です。
・DLPサービス位置測位センターとの通信をするために、インターネット接続環境が必要です。
Linux版(サーバ)
ハードウェア CPU ・IntelPentiumプロセッサ
または互換性のあるCPU200MHz以上(Pentium II 400MHz以上推奨)
メモリ ・256MB以上(512MB以上推奨)
HDD ・プログラム 220MBの空き容量
(PostgreSQL7.3=100MB以上、JDK1.4=75MB以上、Tomcat4.1=35MB以上、P-Getter Lite=10MB以上)
・履歴データ 1GB (50台、12回/台・日、約1年(260日=週5日 × 52週)の場合)
OS ・RedHat Linux7.3
その他 ・利用可能端末(利用可能キャリア位置情報サービス)NTTドコモDLPサービス対応端末(F505iGPS、F661i、PosiseeKR)
・P-Getter Liteの動作のためには、データベース管理システムPostgreSQL7.3、JDK1.4、Tomcat4.1が必要です。
・位置取得端末からの自己位置申告を受信するためには、固定グローバルIPをサーバに割り当てる必要があります。
・自己位置受信時のメール通知またはメッセージ送信を行う場合は別途メールサーバ(SMTPサーバ)が必要です。
・DLPサービス位置測位センターとの通信をするために、インターネット接続環境が必要です。

標準価格

198,000円(税込 207,900円)