開発支援ツールFUJITSU Software PGRelief C/C++

特長

株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズの開発支援ツールです。最大の特長は、C言語およびC++言語で記述されたソースプログラムを、実稼働の前に解析して問題を自動的に指摘する点です。

FUJITSU Software PGRelief C/C++の主な機能

ソフトウェアの品質を高めるとともに、問題の早期発見による全体工程の遅れを防ぐ「静的解析ツール」です。

ソースプログラムを解析し、障害原因となる恐れのある箇所を指摘

C/C++のソースプログラムを解析し、単純なコーディングミスから論理的な誤りまで的確に指摘します。また、不当なメモリアクセス、メモリリーク、誤ったメモリ開放や性能を悪化させる記述なども指摘します。

指摘メッセージのフィルタリングを行い、効率よく検証

例えば指摘種別(信頼性、保守性、移植性、効率性)や指摘メッセージごとにフィルタリングを行い、着目したい指摘メッセージのみを表示させることができます。また、該当するソース記述や指摘の意味、対処方法までを簡単操作で表示します。

高品質なソフトウェア開発を推進

プログラム記述の問題だけでなく、プログラムにおける制御構造の数などを計測することもできます。この計測結果から「McCabeの複雑度」を計算し、プログラム開発の指標とすることにより、品質の高いソフトウェア開発を推進することができます。

本製品についてのお問い合わせおよび詳細

本製品のお問い合わせについては、下記の専用窓口までメールでご連絡ください。

本製品の詳細情報については、株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズのページをご覧ください。

関連情報

お客様総合窓口

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ