ログ監査ソリューションソフトウェアALog ConVerter

特長

株式会社網屋のログ監査ソリューションソフトウェアです。エージェントレスでログを取得できるので、既存環境に影響をあたえず管理ができるのが最大の特長です。ユーザーの行動記録をサーバから取得する「サーバアクセスログ」タイプの製品であり、日本国内では圧倒的なシェアを誇るデファクトスタンダードです。

主な導入業種

  • 製造業1,200社以上
  • 情報・通信業1,000社以上
  • 金融・保険業1,000社以上
  • サービス業500社以上
  • 公共系法人280社以上
  • 建設業280社以上

ALog ConVerterの主な機能

  • PCにエージェント(常駐ソフトウェア)を設置不要
  • サーバOSが持つ監査ログを活用しているため、サーバにもエージェント不要
  • ログの[収集][変換][検索][分析]の4機能を全て備えたAll-in-Oneモデル
  • 環境の制約が少ないため、導入も運用も極めてカンタン

富士通製ソフトウェアとの連携

ログ監査対象サーバに蓄積された、複雑で大容量の生ログ(サーバに記録された一切加工されていない状態のアクセスログ)を、見やすいアクセスログに変換し、Systemwalker Centric Managerで管理します。これにより、フロアの入退出ログなど各種ログと合わせて、ユーザーの操作履歴の追跡/分析が統合的に実施できます。

製品の詳細

製品の詳細情報については、株式会社網屋のページをご覧ください。

お客様総合窓口

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ