「コード品質」と「ソフトウェア開発のアジリティ」を両立FUJITSU Software Agile+ Relief

特長

Agile+ Reliefでは、品質向上、アジリティ向上を実現するために、富士通の独自ノウハウのほか、各種コーディングガイドラインの適合性チェックを実施する「静的解析」と、その検出結果から各種メトリクスを測定・集計する「品質データ可視化」の2つの機能を提供します。

富士通独自ノウハウで開発を支援

富士通の社内開発における経験から、豊富な指摘機能を提供

迅速なソースコード修正を支援

ソースコード欠陥の検出時に、過去に検出された結果を非表示にすることが可能なため、ソースコード修正により新たに検出された指摘のみを表示します。

異常を早期に検知(品質データの可視化)

  • 現時点の状態を各種特性別に表現
    ソースコード欠陥の検出結果を各種品質特性別に集計し、グラフ化・一覧化することで、傾向を明確にします。
    • 品質特性:機能性、信頼性、使用性、保守性、移植性、効率性
    • 問題特性:性能劣化、移植・環境問題、保守性低下など
    • 文法特性:宣言・定義、例外処理、スタイルなど
  • 問題/課題に気づきやすい遷移表を提供いたします。常に変化するメトリクスを日々や週ごとの遷移で見える化します。プロジェクト単位やソースコード単位の遷移を見ることで、「いつもと違う状態」「問題が発生する可能性が高まる状態」に気づけます。

製品ラインナップ

  製品名 機能
ソースコード欠陥の検出 品質データ可視化
C / C++用 Agile+ Relief(C / C++解析込み)
Agile+ Relief C/C++
Java用 Agile+ Relief(J解析込み)
Agile+ Relief J

FUJITSU Software Agile+ Relief

静的解析機能に加え、品質とアジリティの両立を支援する開発ツール

FUJITSU Software Agile+ Relief C/C++

C/C++言語のソースプログラムに潜む問題箇所を洗い出す静的解析ツール

FUJITSU Software Agile+ Relief J

Java言語のソースプログラムに潜む問題箇所を洗い出す静的解析ツール

本製品についてのお問い合わせおよび詳細

本製品のお問い合わせについては、下記の専用窓口までメールでご連絡ください。

本製品の詳細情報については、株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズのページをご覧ください。

お客様総合窓口

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ