環境活動

富士通グループ環境方針

理念

富士通グループは、地球環境保全への取り組みが重要な経営課題であると認識し、ICT企業としてその持てるテクノロジーと創造力を活かし、社会の持続可能な発展に貢献します。
また、事業活動にかかわる環境法や環境上の規範を遵守するにとどまらず、自主的な地球環境保全活動に努めます。
さらに、豊かな自然を次の世代に残すことができるよう、すべての組織と一人ひとりの行動により先行した取り組みを継続して追求していきます。

行動指針

  • 優れたテクノロジー、ICTプロダクト、ソリューションによる総合的なサービスの提供を通じ、お客様や社会の環境負荷低減と環境効率の向上に貢献します。
  • 環境と経済の両立に貢献するビジネスを積極的に推進します。
  • ICTプロダクトおよびソリューションのライフサイクルのすべてにおいて環境負荷を低減します。
  • 省エネルギー、省資源および3R(リデュース、リユース、リサイクル)を強化したトップランナー製品を創出します。
  • 化学物質や廃棄物などによる自然環境の汚染と健康被害につながる環境リスクを予防します。
  • 環境に関する事業活動、ICTプロダクトおよびソリューションについての情報を開示し、それに対するフィードバックにより自らを認識し、これを環境活動の改善に活かします。
  • 社員一人ひとりは、それぞれの業務や市民としての立場を通じて気候変動対策や生物多様性保全を始めとした地球環境保全に貢献し、更に広く社会へ普及啓発を図ります。

当社の環境スローガン

理念

富士通ミドルウェア株式会社は、富士通グループの一員として、富士通グループ環境方針の精神に則り、さまざまなソフトウェアの販売を通じて、社会の持続可能な発展に貢献していきます。

行動指針

環境にやさしい企業活動

  • ソフトウェア製品(環境ソリューション製品)の販売を通じ、お客様や社会の環境負荷低減と環境効率の向上に貢献します。

企業責任の遂行と社会への貢献

  • 事業活動に関わる環境法や環境上の規範を遵守し、廃棄物などによる自然環境の汚染と健康被害につながる環境リスクを予防します。
  • 社員一人ひとりは、それぞれの業務や市民としての立場を通じて、気候変動対策や生物多様性保全を始めとした地球環境保全に貢献し、更に広く社会へ普及啓発を図ります。

富士通ミドルウェア株式会社 代表取締役社長 佐戸井 麻美

環境社会貢献活動

昨今、プラスチック廃棄物による海洋汚染は広範囲に拡散し、多くの海洋生物へ海洋プラスチックごみの被害が及ぶことによる生態系への影響が懸念されています。
当社は、この問題に対する富士通グループの取り組みに則り、2019年6月からこれまでの取り組みを拡大しています。

  • 来訪者用のペットボトル飲料廃止
  • プラスチック製マドラーを木製や紙製マドラーに変更
  • フロアに設置された自動販売機のペットボトル飲料を順次缶ボトル飲料や紙容器へと切り替え

今後もプラスチック廃棄物の削減に取り組むとともに、海洋プラスチックごみ問題に対する社員一人ひとりの意識改革と自発的な行動の促進を進め、SDGsの達成に貢献していきます。

お客様総合窓口

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ