Skip to main content

Japan

図書館向け筐体ソリューション

OPAC(オンライン蔵書目録)や、自動貸出機、自動返却機についてはシステム導入ともに、それらを格納する筐体が必要となります。
当社では、各システムに合う最適な筐体をご用意しており、必要に応じてお客様のご要望に合わせたオリジナル筐体の作成も承ります。

OPAC専用筐体

OPACだけでなく、その他用途でも利用可能

OPAC(オンライン蔵書目録)専用筐体として使用するだけでなく、富士通の読書通帳機『LibReCo』(リブレコ)』を設置することも可能です。
分館などのスペースが限られるような場所には自動貸出機をオプションとして付けたモデルで省スペースに必要な機能を設置可能です。

OPAC専用筐体

その他ラインナップも標準製品としてご用意しております。

OPAC専用筐体

自動貸出専用筐体

自動貸出に必要な製品をすっきり格納

図書館において自動貸出を実現するにはICアンテナとそれを制御するパソコンが必要となります。また、貸出情報を紙で出力する場合にはレシートプリンターも必要となります。
当社としてはそれら全てを筐体に格納できる商品をご提供致します。

事例) 南九州市立頴娃図書館

自動貸出専用筐体

天板の下にICアンテナが設置されており、枠の上に本を置くことで、電波を読み取ることが可能です。
また利用者カード読み取り用のバーコードリーダーも内蔵されています。

自動返却専用筐体

自立型、卓上型の2種類をご提案します

当社では自動返却筐体として2種類のタイプについてご提案可能です。自立型と卓上型の2種類をご用意しており、自立型は壁に埋め込むことが可能で、卓上型は既存カウンターに設置致します。

事例) 韮崎市立大村記念図書館

自動返却専用筐体

壁に埋め込むタイプを採用しており、本を1冊ずつ入れることで、貸出処理が完了します。