GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

電話催告システム

滞納者への電話による収納促進をお手伝いし徴収率の向上を支援

「電話催告支援システム」は、滞納者への『電話による収納促進』をお手伝いし徴収率の向上を支援するシステムです。

特長・メリット

特長

滞納者データの取り込みから、電話発信、発信結果・交渉結果の履歴管理までを一元的に行うことで、電話による催告をスムーズに運用することができます。

メリット

現年度の少額滞納者へ電話を使って効率的に催告することができる電話催告システムは、日々の徴収業務を効率化し、職員様は本来の滞納整理業務に従事できるようになります。

主な適用業務

  • 現年単独の市税滞納者への催告業務
  • 国保口座振替の勧奨業務
  • 市営住宅家賃滞納者への催告業務
  • 水道料金等の催告業務

電話催告支援システム システム構成例

ポイント

充実したコール方式

自動発信(PD)、確認発信(PV)、オートコールの3コール方式に対応

豊富なCTI 機能

通話録音、モニタリング、三者通話、内線転送、留守電吹込みなどが可能

分かりやすい滞納者詳細画面

世帯名寄せ、年度別表示、期別表示、延滞金計算、過去の折衝記録表示など

操作性の良いGUI機能

交渉結果入力、メッセージボード閲覧、個人情報更新

豊富な管理者機能

各種マスタファイルの作成、滞納者の検索と絞込み機能、帳票やCSV出力機能
運用状況モニタリング、滞納管理システムとの連携

サービス・機能

基本機能

  • 基本機能
  • 滞納者データ取込
  • 交渉履歴編集/出力
  • 滞納者データ絞込検索
  • 滞納者レベル分け
  • 交渉結果ログ検索
  • 進捗管理/印刷
  • 延滞金自動計算
  • 自動発信(PD)
  • 確認発信(PV)
  • 世帯別名寄せ

オプション機能

  • 電話番号抽出機能
  • 通話録音機能
  • 転送機能
  • オートコール機能
  • 三者通話/モニタリング
  • 着信留守応答機能

機能紹介

自動発信(オペレータ機能)

発信リストに対し、システムが自動的にダイヤルします。相手が応答すれば詳細情報をポップアップし、オペレータが対応します。未応答の場合は、発信結果を自動更新し、次の発信処理に移行します。軽自動車税などの小額滞納者や国民健康保険料の振替勧奨などの発信業務に適しています。

自動発信(オペレータ機能)

確認発信(オペレータ機能)

滞納者一覧情報からオペレータが発信するデータを選択し、滞納者詳細情報を確認後、電話発信を行います。

確認発信(オペレータ機能)

交渉結果入力(オペレータ機能)

あらかじめマスタ化されている応対者(本人、家族など) と交渉結果を選択し、次回行動予定日時を入力することで、交渉内容をかんたんに作成することができます。

交渉結果入力(オペレータ機能)

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。