GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE PocketChart(ホープ ポケットチャート)

富士通の医療機関向けモバイルソリューション

HOPE PocketChartは、医師が適切な意思決定を行うために必要な情報に“いつでもどこでも”(院内・院外問わず)参照可能な環境を提供いたします。

特長

院外・院内においてさまざまな診療情報の閲覧が可能

  • 電子カルテシステムに入力した診療記録や病名、検査結果、放射線画像、手術記録・病理レポート、バイタル情報などの閲覧が可能です。従来は、院外にいる医師と電話のやり取りで患者の様態を伝えていましたが、本製品により、医師がモバイル端末から電子カルテの情報にアクセスし、正確かつ多くの診療情報を閲覧できるようになります。
  • 医師による退院許可などの承認機能を有しており、日常の実務もサポートします。

リアルタイムな指示確認及び確実な実施が可能

医療の現場は患者さんの容態の変化に合わせた指示の変更が多く、依頼情報(指示内容)だけに依存するとミスを誘発する可能性があります。診療行為のプロセスでの人的確認作業は従来通り行った上で、実施の際に看護師・患者様・薬剤の3点認証を行うことにより、看護師自らの目視チェックに加え、システムによる確認ができ、安全性の確保を図ります。

Android、iOS端末に対応した使い勝手のよい専用アプリケーションを提供

モバイル端末で普及しているAndroidとiOSの両方に対応し、それぞれの環境用にモバイル専用のユーザーインターフェースを有する使い勝手のよいアプリケーションを提供します。

セキュリティの確保

個人情報の多い診療記録を取り扱うため、強固なセキュリティを確保しています。モバイル端末ではHTMLによる画面表示を行うことで、端末内部にデータを持たない仕組みとし、万一の紛失の際にも情報漏えいを防止します。また、病院の電子カルテシステムにアクセスする際には、当社のデータセンターにて機体認証を行うことで、病院が許可していない端末からの不正利用を防止します。

機能

機能1. カルテ/オーダ参照機能

電子カルテシステムのデータ参照

カルテ・オーダ内容、病名、検査結果、画像/レポート、患者掲示板、患者基本情報、バイタル情報

患者検索

  • 利用者毎に気になる患者の登録が可能
  • 患者ID、氏名、病棟、予約患者一覧から患者カルテへのスムーズなアクセスが可能

機能2. カルテ記載機能

カルテ記載支援

  • タイムリーにプログレスノートの記載が可能(タッチ入力・テンプレート・シェーマの使用)
  • 撮影した写真をカルテに保存可能

機能3. 看護機能

看護業務支援

  • 注射、輸血を行う際、バーコード読取による患者と指示の確認、及び実施入力が可能
  • 患者に出ている指示一覧の参照が可能
  • ラウンド時に、経過表や看護指示、処置、処方の実施情報をリアルタイム入力可能

機能4. 承認機能

承認処理(タスク)支援

院内外を問わず、代行入力、サマリなどの承認一覧を確認し、タイムリーな承認処理が可能

機能5. コミュニケーション機能

電子カルテシステムからTodoメッセージを受信

緊急時など、院外にいてもリアルタイムな情報受信が可能

医療のmikata 詳細はこちら

記載されている会社名、製品名などは、弊社または各社の商標または、登録商標です。

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。