FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE LifeMark-SX(ホープ ライフマーク-エスエックス)

富士通の診療所様向け
レセプト一体型
電子カルテシステム

Speed より快適に、Simple より簡単に、Support より安心に、Shape 新たなかたちへ

FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE LifeMark-SX(ホープ ライフマーク-エスエックス)は
診療所様(有床、無床可能)向けレセプト一体型電子カルテステムです。
診療所と患者・ご家族とをつなぎ、安心・安全な地域医療を実現していきます。

「HOPE LifeMark-SX(ホープ ライフマーク エスエックス)」導入のメリット

カルテ作成をスピーディーに

快適でスムーズな操作性により、操作にかかる時間が短縮され、診療に集中いただけます。テンプレート、メディカルセット、チェックシート、パレットなどカルテ入力を支援する各種ツールをご提供します。入力ツールはショートカットキーでも起動可能。キーボード操作でスピーディーにカルテを入力できます。診療のスタイルにあわせて自在にカスタマイズできます。

また、メディカルセットでは、決まった診療について、症状・経過、処置・処方、病名をかんたんな操作でセット入力できます。複数診療日分のメディカルセットを作成して、患者の「予定」に入力することで、未来の診療計画を登録することができます。

カルテ作成をスピーディーに

より見やすく、より使いやすい画面

フラットデザインを採用し、分かりやすく見やすいUIを追求しています。

過去カルテからドラッグ&ドロップでDO入力など、簡易な操作性を実現し、シームレスな操作をサポートしています。

より見やすく、より使いやすい画面

レセプト一体型のシステム

「HOPE SX-S(ホープ エスエックス‐エス)」と同じレセプト機能をお使いいただけます。

画面をよりシンプルで見やすいデザインに刷新しました。 会計画面に病名を表示するなど、お客様にあった使いやすい画面レイアウトに変更できます。

レセプト一体型のシステム

連携可能なシステム

「HOPE LifeMark-SX(ホープ ライフマーク-エスエックス)」は多職種連携SNSサービスなど他のシステムと連携可能です。

  • HumanBridge SNS(ヒューマンブリッジ エスエヌエス)

    機動力の高いスマートデバイスを使った円滑なコミュニケーションをサポートする多職種連携SNSサービス。
    カルテ情報や検査結果などの診療情報の共有を行うことができ、地域内での医療サービスの向上、大規模災害時の医療連携を推進することができます。

資料請求

FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE LifeMark-SX(ホープ ライフマーク-エスエックス)
電子カルテシステム

電子カルテ画面の説明や機能、システム体系などの詳しい情報をまとめたカタログを無料でお送りいたします。

資料請求

堅牢なセキュリティ

トップクラスのセキュリティ環境を実現、大切な患者様の診療録をウイルスや不正アクセスから守れるように各種準備しています。

  • ウィルス対策

    ウィルス対策

  • 情報漏えい対策

    情報漏えい対策

  • 電子記憶媒体制御

    電子記憶媒体制御

  • 3省2ガイドライン準拠

    3省2ガイドライン準拠

最適なインフラ導入・管理

電子カルテシステムを稼動させる基盤となるコンピュータなどの機材、ソフトウェアやデータ、通信回線やネットワークの構築、サーバ室の構築など院内のICT化を支える最適なインフラ環境をご提案いたします。

  • 院内ネットワーク設計・構築

    院内ネットワーク設計・構築

  • サーバ室構築

    サーバ室構築

  • 入退室管理システム「手のひら静脈認証システム」

    入退室管理システム
    「手のひら静脈認証システム」

  • 監視カメラシステム

安心・充実のトータルサポート

富士通マーケティングでは、電子カルテシステムを安心して長くお使いいただけるように、導入前の院内周知活動から導入後の保守・運用まで、お客様をトータルにサポートいたします。

  • 導入検討中

    電子カルテ導入をご検討中も万全のサポート

    システム導入の成否は、事前の院内周知がカギとなります。高いレベルの教育ノウハウを持つ講師を派遣、お客様のご要望に合わせた柔軟な「院内講習会」を実施、“失敗しない”ため万全にサポートします。

  • 導入期間

    安定運用に向け段階的に充実した研修を行い「不安」「疑問」を解消

    電子カルテシステムを実際に運用するまで、段階的に充実した研修を行います。

    1. 「運用確認」現状の徹底ヒヤリング、検討会を経て問題点を整理
    2. 「操作研修」富士通マーケティングが用意した環境で研修。マニュアルの提供、オンラインで自習可能
    3. 「リハーサル」実際の環境で操作・運用確認
  • 導入後

    専門のサポートデスクで保守・運用に関するお問い合わせを受付

    「使い方がわからない」などを初め、お客様のご質問やお問い合わせを経験豊かな専門スタッフが受け付け、サポートします。
    ご質問やお問い合わせの内容に応じて、営業やシステムなど二次対応部門との連携により迅速に解決します。

「HOPE LifeMark-SX(ホープ ライフマーク エスエックス)」とあわせてご覧ください

HOPE LifeMark-SXに関するお問い合わせ

ページの先頭へ