FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE LifeMark-MX(ホープ ライフマーク-エムエックス)

富士通の中堅病院様向け
電子カルテシステム

富士通のヘルスケアICT基盤の一翼を担う電子カルテシステム

FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE LifeMark-MX(ホープ ライフマーク-エムエックス)は
中堅病院様(施設規模の目安 : ~300床程度)向けの電子カルテシステムです。
富士通のヘルスケアICT基盤「Healthcare Information Suite [注]」の一翼を担い、「Mark=記録、指針」というワードに、あらゆる人の人生に役立つソリューションでありたい、という想いを込めて名付けられたこの電子カルテシステムが明日の医療に新たな価値をひろげていきます。

[注] Healthcare Information Suite:医療ビッグデータビジネスの創出に向けて、医療・介護・健康分野のデータを二次利用できる形で集約する基盤

「HOPE LifeMark-MX(ホープ ライフマーク-エムエックス)」導入のメリット

ご利用頂いている数多くの病院から得られた貴重な意見を活かし、 幅広い医療シーンに対応できる高機能をご提供いたします。
利用者に使いやすいことはもちろん、リハビリ、手術、放射線部門や地域連携室など様々な現場をサポートする機能を医療機関様ごとに選択いただくことが可能です。

使いやすい画面

お客様から寄せられた多くの声を採り入れ、優れた操作性と高い業務効率化を実現しました。誰にでも分かりやすく、かんたんに操作できるように、シンプルな画面デザインを徹底追及しました。

使いやすい画面

豊富な機能を搭載

カルテ、各種専用オーダ、看護支援、各部門との連携機能など豊富なパッケージ機能をご用意しております。

カルテ・オーダ・看護のデータベース統合化により、リアルタイムで正確な院内情報の共有や「マルチカルテビューア」によるカルテ、オーダー、患者プロファイルなどの患者情報を効率的に収集できます。

豊富な機能を搭載

トータルコストの削減を意識したシステム構成

サーバ仮想化技術の採用や、蓄積された医療情報データを基にした診断・治療、研究、教育などを目的としたデータ集計・統計業務の効率化を図ることによりトータルコストの削減を実現しました。

また、富士通の電子カルテシステムは、システム稼働後も常にシステムを評価し、「機能追加」「強化」「改善」を実施いたします。
メンテナンス契約の範囲内であれば、別途費用はかからず、常に最新の機能を活用していただけます。

トータルコストの削減を意識したシステム構成

動画で見る導入効果-病院、医師・看護師の業務別にご紹介

電子カルテシステムを導入したら院内のどのような課題が解決するのか、紙カルテと電子カルテシステムの業務の流れを比較しながら、導入効果について解説いたします。

病院全体の電子カルテの導入効果

紙カルテ運用から電子カルテシステム運用にシフトすることによって、院内全体でどのような効果があるのか
(1)医療安全の向上
(2)業務の効率化
(3)患者様へのサービス向上
この3点について、具体的な例を交えて解説いたします。
(動画再生時間:24分36秒)

医師の業務の導入効果

電子カルテシステムを導入することによって、医師の業務はどのように変化するのか
(1)診療記録を「いつでも、どこでも、すぐに」参照し、使えるようになる
(2)医師が伝えたい情報を院内の関連スタッフへ「確実に」伝えることができる
(3)情報が「正確に」記録される
この3点について、具体的な例を交えて解説いたします。
(動画再生時間:9分02秒)

看護師業務の導入効果(1)医師から指示を受けて行う業務

病棟看護師の業務に焦点をあて、業務の流れを大きく3つに分類し、電子カルテシステムのメリットについて解説いたします。
(1)は医師からの指示に対して確認漏れが心配な「指示受け」「指示の整理」「指示の実施」などについてです。
(動画再生時間:10分30秒)

看護師業務の導入効果(2)看護師がメインの日常業務業務1

病棟看護師の業務に焦点をあて、業務の流れを大きく3つに分類し、電子カルテシステムのメリットについて解説いたします。
(2)は転載作業が多く負荷の高い「情報収集」「看護診断」「看護計画」についてです。
(動画再生時間:5分58秒)

看護師業務の導入効果(3)看護師がメインの日常業務業務2

病棟看護師の業務に焦点をあて、業務の流れを大きく3つに分類し、電子カルテシステムのメリットについて解説いたします。
(3)は転載作業が多く負荷の高い「看護記録」「サマリ作成」「看護必要度の計測・記録」についてです。
(動画再生時間:10分10秒)

看護師業務の導入効果(4)管理・集計業務

病棟看護師の業務に焦点をあて、業務の流れを大きく3つに分類し、電子カルテシステムのメリットについて解説いたします。
(4)は集計作業に時間がかかってしまう「管理日誌の作成」「看護必要度の集計」についてです。
(動画再生時間:4分37秒)

音声入力システムが実現する業務効率化

手がふさがっていたり文字の入力が苦手な方でも音声で入力できる「Amivoice ex7」について解説いたします。
(動画再生時間:5分16秒)

連携可能なシステム

「HOPE LifeMark-MX(ホープ ライフマーク-エムエックス)」はレセプト(医療事務)システムや多職種連携SNSサービスなど他のシステムと連携可能です。

  • HOPE SX-S(ホープ エスエックス‐エス)

    診療所/中堅病院様(施設規模の目安 : 無床~300床)向けのレセプト(医療事務)システム。
    累計45,000を超えるお客様への豊富な導入実績に裏づけされたシステムで、充実したレセプト点検機能により、正確なレセプト請求をサポートします。

  • HumanBridge SNS(ヒューマンブリッジ エスエヌエス)

    機動力の高いスマートデバイスを使った円滑なコミュニケーションをサポートする多職種連携SNSサービス。
    カルテ情報や検査結果などの診療情報の共有を行うことができ、地域内での医療サービスの向上、大規模災害時の医療連携を推進することができます。

資料請求

FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE LifeMark-MX(ホープ ライフマーク-エムエックス)
電子カルテシステム

電子カルテ画面の説明や機能、システム体系などの詳しい情報をまとめたカタログを無料でお送りいたします。

資料請求

堅牢なセキュリティ

トップクラスのセキュリティ環境を実現、大切な患者様の診療録をウイルスや不正アクセスから守れるように各種準備しています。

  • ウィルス対策

    ウィルス対策

  • 情報漏えい対策

    情報漏えい対策

  • 電子記憶媒体制御

    電子記憶媒体制御

  • 3省2ガイドライン準拠

    3省2ガイドライン準拠

最適なインフラ導入・管理

電子カルテシステムを稼動させる基盤となるコンピュータなどの機材、ソフトウェアやデータ、通信回線やネットワークの構築、サーバ室の構築など院内のICT化を支える最適なインフラ環境をご提案いたします。

  • 院内ネットワーク設計・構築

    院内ネットワーク設計・構築

  • サーバ室構築

    サーバ室構築

  • 入退室管理システム「手のひら静脈認証システム」

    入退室管理システム
    「手のひら静脈認証システム」

  • 監視カメラシステム

安心・充実のトータルサポート

富士通マーケティングでは、電子カルテシステムを安心して長くお使いいただけるように、導入前の院内周知活動から導入後の保守・運用まで、お客様をトータルにサポートいたします。

  • 導入検討中

    電子カルテ導入をご検討中も万全のサポート

    システム導入の成否は、事前の院内周知がカギとなります。高いレベルの教育ノウハウを持つ講師を派遣、お客様のご要望に合わせた柔軟な「院内講習会」を実施、“失敗しない”ため万全にサポートします。

  • 導入期間

    安定運用に向け段階的に充実した研修を行い「不安」「疑問」を解消

    電子カルテシステムを実際に運用するまで、段階的に充実した研修を行います。

    1. 「運用確認」現状の徹底ヒヤリング、検討会を経て問題点を整理
    2. 「操作研修」富士通マーケティングが用意した環境で研修。マニュアルの提供、オンラインで自習可能
    3. 「リハーサル」実際の環境で操作・運用確認
  • 導入後

    専門のサポートデスクで保守・運用に関するお問い合わせを受付

    「使い方がわからない」などを初め、お客様のご質問やお問い合わせを経験豊かな専門スタッフが受け付け、サポートします。
    ご質問やお問い合わせの内容に応じて、営業やシステムなど二次対応部門との連携により迅速に解決します。

HOPE LifeMark-MXに関するお問い合わせ

ページの先頭へ