GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

FUJITSU セキュリティソリューション AZSECURITY BSTS 標的型攻撃対策
FFRI yarai

FUJITSU セキュリティソリューション AZSECURITY BSTS 標的型攻撃対策 FFRI yarai

標的型攻撃は従来型のセキュリティ対策では守りきれません

標的型攻撃は、単なるウイルス攻撃ではなく特定の標的を狙ったハッキング行為であり、従来型のウイルス対策技術では防御が困難です。
従来型の対策ではすり抜けてしまう標的型攻撃に対抗するには標的型攻撃に特化したセキュリティ対策が必要です。

(注)FUJITSU セキュリティソリューション AZSECURITY BSTS 標的型攻撃対策 FFR yaraiは、メーカーの製品名変更に伴い、FUJITSU セキュリティソリューション AZSECURITY BSTS 標的型攻撃対策 FFRI yaraiにサービス名を変更いたしました。

概要

「手軽な導入で安心運用」を実現

  • 標的型攻撃に特化した純国産標的型攻撃対策ソフトウェアであるFFRI社の「FFRI yarai」モジュールをお客様のクライアントやサーバに導入することで、未知のマルウェアによる感染を防ぎます。
  • ポリシー管理機能を提供する「管理サーバ」は、富士通マーケティングで運用。お客様はシステム運用の手間は不要です。
  • 富士通マーケティングがマルウェア侵入を検知し、検知時にはメールで通知します。
  • 定期的にマルウェア検知状況等をまとめたレポートを管理者様へ送付します。
  • マルウェア検知の精度を高めるため、「AZSECURITY BSTSマルウェア対策」(既知のマルウェア検知)との併用を推奨します。

システムイメージ

サービス

サービス

内容

  • FFRI yaraiの利用権
  • お客様クライアント・サーバのマルウェア侵入検知(マルウェア検知時はメールにて通知)
  • 例外リスト登録
  • お客様からのQ&A対応
  • 月次レポート

特長

  • 設備投資不要、ライセンス自在
    クライアント以外に必要なのはインターネット接続環境のみ。
    クライアント台数の増減にあわせ、必要なときに必要な分だけのサービスを利用できるため、不要なライセンスを購入する必要がありません。
  • 一括ポリシー管理
    お客様の業務アプリケーションを誤って検知した場合などにおける例外リストの登録(検知対象外のポリシー設定)は富士通マーケティングがお客様に代わって設定致します。
  • マルウェア感染検知、月次報告
    お客様のクライアント・サーバ環境でのマルウェア感染を富士通マーケティングがお客様に代わって検知し、お客様に素早くお知らせいたします。
    また、マルウェア検出状況等を月次レポートにてご提供いたします。

利用料金

初期費
100,000円/1社
月額
990円/1クライアント

[注] 製品の仕様、サービスの内容等は予告なく変更する場合がありますので、ご了承ください。
[注] 記載されている製品・サービス名、会社名及びロゴは、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。