GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

サポート

「Q&Aサポートサービス」について

SecureTRADE Q&Aサポートサービスです。

  • 「Q&Aサポートサービス」にご契約いただいたお客様は、SecureTRADEに関する電話でのお問い合わせに対して、SecureTRADE専門のオペレーターによる迅速な対応をご提供しております。
  • メールによるご質問、ご要望も受け付けております。
ご質問・ご相談をメール、フリーダイヤルコールで承っております。

Q&Aサポートサービス

フリーダイヤル:ご契約時にご連絡いたします。
受付時間:9時~18時 月曜日から土曜日(日・祝・年末年始を除く)

サービスレベル

本サービスにて定めるサービスレベルの適用範囲は、本サービスが提供する共用型ASPとします。本サービスを利用するためにお客様が準備するインターネット及びインターネット利用環境(ルータなどの通信機器、パソコン端末など)はサービスレベル適用範囲に含みません。

項目 サービスレベル(数値は目標値) 留意事項
故障回復時間 故障発生から故障回復までの所要時間180分以内 注1
故障通知時間 故障発生から当社がお客様に当サービスにて運営するサポートサイトにて第一報を通知するまでの所要時間
  • 当社営業日の9時から18時の間に発生した故障・・・60分以内
  • 上記以外の時間帯に発生した故障・・・120分以内
注2
サービス提供時間 24時間365日 注3
ヘルプデスク サービス機能に関する問合せへの回答時間
  • 当社営業日の9時から18時の間に受付・・・受付後、当社1営業日以内に一次回答
 
セキュリティ 最新セキュリティパッチの適用  

[注1]「故障」とは、お客様が本サービスの機能の一部または全部を利用できない状態をいいます。
尚、[注3]に記載の事項は故障に含みません。

「故障発生」とは以下の時点をいいます。

  • 当社が自らの監視により故障を検知した時
  • お客様からの申告に基づき当社が故障の現象を確認、及び故障の再現を確認できた時

「故障回復」とは、お客様が利用できなかった本サービスの機能が利用可能になった時点をいいます。
(故障からの仮復旧により一時的に利用可能となった場合を含みます。仮復旧とはサービス機能を提供するために必要となる環境の復旧をいいます)

下記事項は故障回復時間に含みません。

  • 仮復旧後、本復旧処置の為の停止が必要となった場合、当社よりお客様に事前通知を行った上で実施する当社作業による停止

[注2] 本項目における「故障発生」とは、当社が自らの監視により故障を検知した時をいいます。

[注3] 下記事項はサービス提供時間の対象外とします。

  • メンテナンスなどの計画に基づくサービス停止
  • セキュリティ上の問題が発生した場合の緊急メンテナンスによるサービス停止
  • 外部提供サービスの停止

化学メーカーS社 様

導入事例

概要

本社から各工場間で日次生産実績データのやり取りをおこなう。

導入前

本社から工場間のデータ送受信はFaxでおこなっていた。通信コストが高く、手間が掛かる上にデータはすべて本社側で手入力し直さなければならなかった。また結果が出た後はプリントして全拠点と本社に配布していたため紙の無駄が多く、かつ全社に情報を伝達させるのに時間が掛かった。

集配サービスでの業務

  1. 拠点データの送信
    各工場からのデータ送信操作はワンクリックでOK。
  2. 一括ダウンロード
    本社端末で、全7拠点のデータを1アクションでダウンロード。
  3. ホスト取込・集計・結果吐出し
    ホスト側で集計される拠点データを入力集計し、結果はExcel形式で出力される。(ホスト側プログラムの機能)
  4. 集計結果アップロード
    ホスト側で生成された6種類のExcel帳票をデータライブラリに一括アップロード。アップロードされたデータは各拠点でダウンロードして利用。

導入後

帳票出力までの全工程の省略化に役立っている。集計結果を紙で配布する必要がなくなり無駄が省けた。さらに全社員が必要なときにライブラリにアクセスできるので最新実績を常時把握できるようになり、各部門における意思決定が迅速になった。

今後の予定

本社側で拠点データを取込む操作は、現在人手を介しておこなっている。この部分を完全自動化するため、ホスト側プログラムの追加開発を今後実施する予定。

SecureTRADEの主な機能

送受信データの自動圧縮と解凍機能

SecureTRADEでは独自の圧縮/解凍ソフトを利用しています。
送信処理ではデータを自動圧縮してから送信し、受信処理ではサーバ側で圧縮したデータをクライアントアプリが解凍して保存しますのでネットワークの負荷が軽減できます。

イメージ画像

同時送信機能

一回の送信処理で複数個所へ同じファイルを送信できるため、同じ操作を何度もする必要が無く業務の効率化が図れます。

イメージ画像

一括受信機能

複数個所より個々に送信されたファイルを一括受信することが可能なため、ひとつのフォルダのみ確認すればよく、複数のフォルダを確認する必要がありません。

イメージ画像

利用制限機能

利用者単位でアップロード処理、ダウンロード処理の処理制限を設定することができ、Web画面でもアップロードデータの参照や削除の利用制限を設定することが可能です。

メール通知機能

処理単位に登録された任意のメールアドレスへ処理の結果を通知します。

自動処理機能

スケジュール機能で登録された設定により、処理を自動で実行させることができます。

リトライ機能

処理実行時に失敗した場合でも、同一処理を再実行することができます。

履歴管理機能

Web画面でクライアントアプリで実行した処理の履歴情報を一覧で確認することができます。手動でWeb画面からダウンロードした場合でも、ファイル毎にダウンロード履歴が保存されます。

3つのセキュリティ

SecureTRADEの3つのセキュリティ

通信セキュリティ

データセンターではFireWallにより不正アクセスを遮断し、インターネット通信はSSL通信によってデータの盗聴や改ざん、なりすましを防止します。

  • FireWall

    データセンターでは、FireWallにより不正アクセスを遮断しています。

  • SSL通信

    サーバとの通信はHTTPSプロトコルを利用しているため、SSLによってデータは暗号化されています。

クライアントセキュリティ

ログイン認証によって利用者を制限し、利用者認証とルート認証によってSecureTRADEサーバへのアクセスや処理を制限します。

  • ログイン認証

    クライアントアプリの起動時にユーザID/パスワードによるログイン認証を行います。

  • SSL通信

    サーバ接続時に企業コード/ユーザID/パスワードによる利用者認証を行います。[注]
    利用者認証によって不特定利用者のアクセスを制限します。
    また利用者を特定する事で、処理履歴を管理することができます。
    [注] ログイン認証の利用者情報とは異なります。

  • ルート認証

    ルート認証によって利用者認証を行った接続ユーザがクライアントアプリによる処理を許可されているか確認します。

Webセキュリティ

利用者認証によってアクセスを制限し、フォルダアクセス権によってWeb画面からデータの閲覧や削除、保存を制限します。

  • 利用者認証

    ブラウザからのアクセス時に、企業コード/ユーザID/パスワードによる利用者認証を行います。

  • フォルダアクセス権

    フォルダ毎に利用者単位でデータの参照や削除の権限を設定する事ができます。

無料トライアル実施中!

詳細はお問い合わせください。

(新しいウィンドウで表示)

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。