GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. モバイル回線を利用した法人向け閉域VPNサービス「Twinアクセス」を提供開始

PRESS RELEASE

2019年7月10日

モバイル回線を利用した法人向け閉域VPNサービス「Twinアクセス」を提供開始

AZNETWORK Managed VPN light V2 のラインナップを強化

株式会社富士通マーケティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:広瀬 敏男)は、法人向け閉域VPNサービス「FUJITSU マネージド・インフラ・サービス AZNETWORK Managed VPN light V2(以下:AZNETWORK Managed VPN light V2)」において、ソフトバンク株式会社の「Twinアクセス()」をアクセス回線として採用し、7月10日に提供を開始します。

「Twinアクセス」を利用することで、有線を引き込みにくい場所でも直接閉域網へ接続できるため、安全にネットワークを利用することが可能となります。これにより当社は、AZNETWORK Managed VPN light V2 のラインナップを強化し、ネットワークサービスの拡充を図ることで、お客様のビジネスをICTでより一層支援してまいります。


当社は、中堅中小企業向けに、シンプルで安全な法人向け閉域VPNサービス「AZNETWORK Managed VPN light V2」を提供しております。今回、新たなアクセス回線として「Twinアクセス」をラインナップに加えることで、お客様に最適なビジネス環境を提供いたします。加えて、当社のクラウドサービスFUJITSU Cloud Service AZCLOUD IaaSとシームレスな接続が可能で、安全にクラウド環境へ接続することができます。

Twinアクセスの特徴

「Twinアクセス」は、専用端末を置くだけで有線を引き込むことなくお客様の閉域網へ接続することができます。そのため、催事場などの外部でのPOS利用や建設現場での仮設事務所といった、比較的短期間のネットワーク利用が想定されるケースでもすぐにネットワーク環境を設置または撤去することができます。また、離島などで光ケーブルの敷設ができない場所でも、ソフトバンクのモバイル回線に接続可能なエリアであれば、閉域網へ接続することが可能です。

  • 直接モバイル回線に接続するため、閉域性を確保できます
  • 2回線を常にアクティブの状態で接続するため、安定した通信が可能です
  • IPSec方式で暗号化されるため、高セキュリティを維持できます
  • 20190710.jpg

    <アクセスイメージ>

    提供プラン

    サービスタイプ 回線① 回線② 速度 速度制限
    SD型 ソフトバンク 他の事業者 最大10Mbps あり
    SS型 ソフトバンク ソフトバンク 最大10Mbps あり

    ※「Twinアクセス」はベストエフォートサービスです。通信速度は上り・下りの最大値です。
       ※速度制限は以下の通りです。
         ソフトバンク:100GB/月超過後、同月内は1Mbps
         他の事業者:10GB/月超過後、同月内は256kbps

    注釈

    Twinアクセス」はソフトバンク株式会社および日本電気株式会社の2社共同で特許出願中の機能を含むものとなります。


    関連Webサイト


    商標について

    記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。


    本件に関するお問い合わせ

    【お客様お問い合わせ先】

    株式会社富士通マーケティング  お客様総合センター
    icon-telephone 電話: 0120-835-554(フリーダイヤル)
    受付時間: 9時~17時30分 (土曜・日曜・祝日  当社指定の休業日を除く)

    【報道関係お問い合わせ先】

    株式会社富士通マーケティング  広報・宣伝部
    icon-telephone 電話: 03-6712-3119(直通)
    icon-form 報道関係、調査会社の皆様からのお問い合わせフォーム新規ウィンドウが開きます


    プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。