GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2015年 >
  4. 安全性と利便性を両立、「AZBOX マイナンバー業務システム連携PC」を提供開始

PRESS RELEASE

2015年8月31日
株式会社富士通マーケティング

安全性と利便性を両立、「AZBOX マイナンバー業務システム連携PC」を提供開始

「GLOVIA smart きらら人事給与」をはじめ主要人事給与パッケージに対応

株式会社富士通マーケティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:生貝 健二、以下:富士通マーケティング)は、マイナンバー法対応ソリューションとして新たに「FUJITSU インフラ構築サービス AZBOX マイナンバー業務システム連携PC(以下:AZBOX マイナンバー業務システム連携PC)」をラインナップに追加し、2015年10月1日に提供を開始します。これは、標準搭載の静脈認証により、手のひらをかざすだけで「なりすまし」チェックとOS、人事給与システムへのログインが完了するなど、安全性と利便性が両立したPC環境を提供するものです。「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)(以下:ガイドライン)」の「技術的安全管理措置」で求められるセキュリティ要件を組み込んだ、マイナンバー業務用に最適なPCです。

また「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA smart きらら人事給与(以下:GLOVIA smart きらら人事給与)」に加え、応研株式会社(以下:応研)様、株式会社オービックビジネスコンサルタント(以下:OBC)様、ピー・シー・エー株式会社(以下PCA)様の人事給与パッケージシステムでの利用が可能で、必要なセキュリティ対策を事前にセットアップして提供するため、お客様は既存PCへ同等の対策を行うより効率的かつ安価に対策を行うことができます。


社会保障・税番号制度(以下、マイナンバー制度)は、2015年10月から番号通知、2016年1月から各種手続きで利用が開始されます。企業・団体においてマイナンバーが含まれる特定個人情報を取り扱う際は、ガイドラインで示された「安全管理措置」への対応が必要とされています。

また、近年サイバー攻撃や情報セキュリティ事故は増加の一途をたどり、企業・団体はより高度なセキュリティシステムの構築が求められています。しかし、それは同時に利便性を低下させる要因ともなり、パスワードの使い回しやUSBメモリの利用といった不適切な運用の常套化によるセキュリティリスクの増大が懸念されています。

当社では、セキュリティレベルを維持しつつも利便性を確保した「AZBOX マイナンバー業務システム連携PC」の提供を2015年10月1日に開始します。従来、システムセキュリティ対策ソリューションや環境診断などのコンサルティング、物理セキュリティ(工事を含む)、運用監視などトータルで提供してきた経験をもとに、安全で快適なICT環境の提供によりお客様のビジネスを支援します。


特長

  • 手のひら静脈認証で人事給与システムに自動ログオン

    標準搭載された静脈認証により、手のひらをかざすだけで「なりすまし」チェックとOS、人事給与システムへのログインが完了するなど、利便性と安全性が両立した環境を提供します。

    「GLOVIA smart きらら人事給与」や「GLOVIA smart」シリーズのほか、応研様「大臣」シリーズ、OBC様「奉行」シリーズ、PCA様「PCA」シリーズにも対応しています。お客様は使い慣れたシステムを継続して使いつつ、セキュリティ対策も行うことができます。今後もお客様のニーズに合わせ、順次対応システムを追加する予定です。

  • ガイドライン「技術的安全管理措置」で求められるセキュリティ要件に対応

    マイナンバーのガイドラインである「技術的安全管理措置」(「アクセス制御」「アクセス者の識別と認証」「外部からの不アクセスなどの防止」「情報漏えいなどの防止」)で求められているセキュリティ要件に対応したソリューションをセットアップしていますので、マイナンバー業務用のPCとして最適です。「どのような対策をすれば良いのかわからない」「どの商品を選んでよいかわからない」「社内にセキュリティに詳しい人材がいない」といったお客様でも、一定レベルの対策を行えます。

    セキュリティ対策 目的
    手のひら静脈認証
    (手のひら静脈センサー搭載)
    登録された担当者のみ操作が可能で、「なりすまし」を防止
    人事給与システムと連携し、シングルサインオンが可能
    マルウェア対策 既知のマルウェアに対応したセキュリティ対策
    ふるまい検知 未知のマルウェアに対応したセキュリティ対策
    USBポートの使用制限 USB経由でのデータの抜き取りによる情報漏洩を防止
    URLフィルタリング 有害サイトによるウイルス感染を防止
    Bluetooth・無線LAN使用制限 外部からの侵入、データ持出しを防止
    マイク・WEBカメラ使用制限 盗聴や盗撮による情報漏洩を防止
    アクセスログ管理 万が一問題が起きた際に証跡調査が可能
    ハードディスクの暗号化 紛失時の情報漏えいを防止
    メール機能非搭載
    (Microsoft Office非搭載)
    標的型メール攻撃やマクロウイルスによる情報漏洩を防止

    「AZBOX マイナンバー業務システム連携PC」利用イメージ(例)
    イメージ

  • セットアップ済みで提供、効率的かつ安価に導入が可能

    提供するセキュリティソリューションは、当社にて事前にセットアップし出荷することで、お客様での面倒な設定作業負荷を解消します。そのため、既存PCへ同等の対策を行うより効率的かつ安価に導入することができます。

    また、3年間のハード・ソフトウェア保証に加え、トラブル時の連絡を一括で受け付けるコールセンターも設置しており、安心して使用することができます。


参考価格


名称 参考価格(税抜) 提供開始
AZBOX マイナンバー業務システム連携PC
(3年間のハード・ソフトウェア保証およびトラブル受付センター契約含む)
298,000円 2015年10月1日

その他、セキュリティソリューションについては別途お問い合わせください。

目標

3年間で10,000台を販売


【応研株式会社様 エンドースメント】

応研株式会社は、株式会社富士通マーケティング様の「AZBOX マイナンバー業務システム連携PC」発売を心より歓迎いたします。これまでになく高いセキュリティ性が求められる現在、当該製品と弊社の基幹業務システム「大臣シリーズ」を組み合わせることで、企業におけるマイナンバー制度の導入・運用においてさらなる安全性・利便性を実現し、お客様により高い価値をご提供できるものと強く確信しております。

応研株式会社 代表取締役社長 原田 明治 様

【株式会社オービックビジネスコンサルタント様 エンドースメント】

株式会社オービックビジネスコンサルタントは、このたび株式会社富士通マーケティング様から、当社の「人事奉行」、「給与奉行」、「法定調書奉行」に対応した「AZBOX マイナンバー業務システム連携PC」が発表されたことを大変嬉しく思います。株式会社富士通マーケティング様とは、より強固なアライアンスを結び、マイナンバーの取り扱いで最も重要なセキュリティにお困りの中堅中小企業市場を支援できるものと確信しております。

株式会社オービックビジネスコンサルタント 営業推進本部 本部長 大原 泉 様

【ピー・シー・エー株式会社様 エンドースメント】

ピー・シー・エー株式会社は、このたびの「AZBOX マイナンバー業務システム連携PC」のリリースを心より歓迎いたします。「PCA給与X」や「PCA人事管理X」をはじめとしたPCAマイナンバー対応製品での利用も可能になっており、「AZBOX マイナンバー業務システム連携PC」を導入いただくことで、中小・中堅企業のマイナンバー管理、特に技術的安全管理措置におけるセキュリティ対策は、より強固なものになると確信しております。

ピー・シー・エー株式会社 専務取締役 営業本部 折登 泰樹 様

関連Webサイト

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。


本件に関するお問い合わせ

【お客様お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング お客様総合センター
icon-telephone 電話: 0120-835-554(フリーダイヤル)
受付時間: 9時~17時30分 (土曜・日曜・祝日 年末年始を除く)

【報道関係お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング  広報部
icon-telephone 電話: 03-6712-3119(直通)  icon-form 報道関係、調査会社の皆様からのお問い合わせフォーム新規ウィンドウが開きます


ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。