GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2015年 >
  4. 構造物の「戦略的アセットマネジメント」を支援するクラウドサービス「AZCLOUD SaaS teraServation」を提供開始

PRESS RELEASE

2015年6月24日
株式会社富士通マーケティング
株式会社富士通システムズ・イースト

構造物の「戦略的アセットマネジメント」を支援するクラウドサービス「AZCLOUD SaaS teraServation」を提供開始

ビルや商業施設、工場など構造物ごとに情報を一元管理

株式会社富士通マーケティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:生貝  健二)と株式会社富士通システムズ・イースト(本社:東京都港区、代表取締役社長:石川  享)は、月額利用で短期、安価に導入し、新分野にも柔軟に対応可能な業種向けクラウドサービス「AZCLOUD SaaS(アズクラウド サース)」シリーズの新たなラインナップとして、ビルや商業施設などで維持・メンテナンス業務や各種工事を行っているお客様向け業向けソリューション「FUJITSU ビジネスアプリケーション
 AZCLOUD SaaS teraServation(テラサベイション)」
(以下、AZCLOUD SaaS teraServation)を本日提供開始します。

「AZCLOUD SaaS teraServation」は、工事や施設点検など案件単位での管理・運用に加え、ビルや商業施設、工場など構造物ごとの情報を「構造物カルテ」(注)に一元管理します。施設工事や点検業務、維持メンテナンス業務などのプロジェクト管理、契約・工事管理、調達・回収管理を備え、施設に関して一貫した管理が可能となります。また、蓄積した情報により、施設の状態を客観的に点検、評価することで、中長期的な視点から計画的かつ効果的な施設管理を実施する「戦略的アセットマネジメント」の実現を支援します。


背景

ビル、店舗、工場、住宅、公園などの施設の点検不足・不良による事故事例が後を絶たない近年、社会インフラの安全・安心を確保するために「維持メンテナンス」が担う社会的責任の重要性は増すばかりです。人手不足が常態化している中、多くの施設を点検しなければならない現場では、日々の業務に追われ、点検・保守の要となる「施設台帳」の最新化に手が回らない状況です。このため、多くの手違いや段取りロスを招くなど悪循環が生じています。

そこで、富士通マーケティングと富士通システムズ・イーストは、維持メンテナンス業務の効率化、品質向上を実現するクラウドサービス「AZCLOUD SaaS teraServation」の提供を開始します。

「AZCLOUD SaaS teraServation」の主な特長

「AZCLOUD SaaS teraServation」は、「Facility Management」と「Project Management」の2つの機能で構成され、施設台帳、メンテナンス計画・履歴、コスト情報を「構造物カルテ」として一元管理します。両機能を活用することで、施設の設置工事や運用管理に加え、施設のリニューアル・修繕工事の計画・提案まで、施設の設置・維持メンテナンスに関して一貫した管理が可能となります。なお、両機能は、必要に応じて一方を単独で利用することも可能です。

本サービス導入により、施設管理会社と委託先となるビジネスパートナーの業務効率化、品質向上を図り、施設オーナーへの付加価値の提供を実現します。


  • 初期導入にかかる作業やコストを軽減し、幅広いお客様に対して早期導入を実現
    • 「施設台帳」の構築に必要な情報を、作業時に蓄積していくことにより、多くの時間を要した初期作業を不要とし、システム導入の早期導入を実現します。
    • 現場の点検業務などを委託するビジネスパートナーが本サービスを利用するためのライセンス料は無償とし、作業報告などの従量制による費用のみとすることで、システム導入費用の負担を軽減します。
    • 飲食業における店舗の保守管理業務や製造業における自社工場施設の点検業務など、施設管理が必要な幅広い業種のお客様に対応します。
  • 管理会社とビジネスパートナーの情報を「構造物カルテ」に蓄積し、業務を効率化
    • ビジネスパートナーへの作業指示やビジネスパートナーからの作業報告、申し送りなどの現場の情報をシステムへ集約することで、ノウハウが蓄積されます。
    • 作業報告に紐付いたビジネスパートナーからの請求の一括処理など、プロジェクトと会計情報を関連付けることで業務を効率化します。
    • タブレットを活用して点検情報を管理する「FUJITSU ビジネスアプリケーション AZCLOUD SaaS teraSpection(テラスペクション)」と標準連携することで、電波の届かない現場でもオフラインモードで点検実績入力が可能です。
  • お客様満足度向上につながる提案型営業の実現
    • 「構造物カルテ」に一元管理された情報を元に、施設オーナーに対して将来を見据えた「戦略的アセットマネジメント」を支援することで、お客様満足度向上に貢献します。

「AZCLOUD SaaS teraServation」機能概要図

「AZCLOUD SaaS teraServation」機能概要図

価格

「Facility Management 版」(管理ユーザー5ID)  導入で90,000円/月から。

※初期導入費用が別途必要となります。

※ビジネスパートナーが作業実績報告兼請求機能を利用する際、従量制の費用が必要となります。

販売目標

3年間で、ビジネスパートナーの利用ライセンスを含め、24,000ライセンスを提供。

関連サイト

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

  •  (注)構造物カルテ

    管理する施設である構造物に対し様々な情報を関連付けたデータベースです。構造物に関連する施設台帳、メンテナンス計画・履歴、コスト情報、その他の関連資料など一連の情報から構成されます。

本件に関するお問い合わせ

【お客様お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング  お客様総合センター
icon-telephone 電話: 0120-835-554(フリーダイヤル)
受付時間: 9時~17時30分 (土曜・日曜・祝日  年末年始を除く)
icon-form サービス・製品に関するお問い合わせフォーム新規ウィンドウが開きます

【報道関係お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング  広報部
icon-telephone 電話: 03-6712-3119(直通)
icon-form 報道関係、調査会社の皆様からのお問い合わせフォーム新規ウィンドウが開きます

株式会社富士通システムズ・イースト  グループマネジメント推進部
icon-telephone 電話: 03-6712-3701(直通)
icon-form 報道関係、調査会社の皆様からのお問い合わせフォーム新規ウィンドウが開きます


ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。