GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2015年 >
  4. 「ChaMEO(シャミオ)」機能強化第一弾、クラウド・タブレット対応を実現

PRESS RELEASE

2015年3月19日
株式会社富士通マーケティング

「ChaMEO(シャミオ)」機能強化第一弾、クラウド・タブレット対応を実現

~公共、学校、ヘルスケア、製造など7つの分野の業種別ソリューションを開始~

   株式会社富士通マーケティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:生貝  健二、以下:富士通マーケティング)は、2014年7月に提供を開始したデジタルサイネージコンテンツの制作・運用ソフトウェア「FUJITSU Software ChaMEO(シャミオ)」の機能を強化し、第一弾としてクラウド対応とタブレットとの連携機能を追加しました。

   また、業種ごとのサービス強化を図るため、実績のある事例をもとに、「公共施設」、「図書館」、「学校」、「ヘルスケア」、「金融」、「製造」、「ホテル」の7つの分野をカテゴライズし、他システムとの連携や専用のコンテンツを業種別ソリューションとして4月より提供開始します。

   さらには、2014年10月の品川への本社移転を契機として、受付、コラボレーションエリアに「ChaMEO」の導入と165インチの大型ディスプレイやタッチ式パネルを設置し、業種・業務ごとの事例やコンテンツが体験できる「体験型サイネージエリア」を充実させ、新たな可能性を提供しています。

   今後富士通マーケティングでは、最新技術と「ChaMEO」を組合せた新たな可能性を追求するとともに、「流通・サービス」、「建設・不動産」などへ業種を広げ、サイネージビジネスの拡充を図っていきます。

   国内デジタルサイネージ市場は、ディスプレイや配信システムの販売・構築市場にとどまらず、コンテンツ制作、配信・運営サービス、広告市場も活性化し、2020年には2,500億円を超えると予想されています。(株式会社富士キメラ総研調査)さらには、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催で、デジタルサイネージの需要は益々増加が見込まれています。また、サイネージを広告や単なる情報発信のツールとしてだけでなく、お客様や社内におけるコミュニケーションツールとしての活用や動画を始めとするコンテンツ制作およびそれぞれの業種・業務に特化したシステムとの連携のニーズも高まってきています。

   富士通マーケティングは、サイネージを「やさしく変える」のコンセプトのもと、お客様側でのサイネージシステムの簡単運用と利用者側で必要とされるタイムリーなコンテンツ発信を実現するデジタルサイネージコンテンツの制作・運用ソフトウェア「ChaMEO」を提供しています。これまでのソフトウェアと比較してコンテンツの更新にかかる手間を大幅に低減。タッチディスプレイ対応コンテンツの簡単作成や、容易な他システム連携機能により、提供開始以来自治体や図書館などの公共施設や大学、ホテル、オフィスの受付など業種を問わず数多く導入されています。

   そこで今回、「ChaMEO」の簡単運用やタイムリーな情報発信機能に加え、クラウド利用やマルチデバイス対応のニーズに応え、機能強化を図り、複数または遠隔地でのサイネージシステムの簡単な運用管理が実現するクラウド対応の機能とどこでも簡単に表示コンテンツの入れ替えが可能となるタブレットとの連携機能を追加しました。また、「ChaMEO」の容易な他システム連携機能での各業種システムとの連携の実績より、「公共施設」、「図書館」、「学校」、「ヘルスケア」、「金融」、「製造」、「ホテル」の7つの分野をカテゴライズし専用サービスとして他システムとの連携や専用のコンテンツを提供します。

「ChaMEO」機能強化の特長

  1. クラウド対応で複数管理や遠隔地での管理が実現
    • インターネット環境があれば、サイネージシステムの運用が可能です。クラウド上にテキスト、画像、動画などをアップロードすることにより、サイネージに表示している素材を切り替えることができます。
    • クラウド対応で、複数台のサイネージへの表示の管理や、遠隔地での管理もできます。
    • 管理PC側で、複数のサイネージのモニタリング、表示内容の切り替え、電源断処理、ログ取得が可能となり、サイネージシステムが一括で簡単に管理できます。
  2. タブレット対応でよりスピーディーな情報提供が実現
    • Windowsだけでなく、AndroidやiOSのタブレットやスマートフォンから、テキスト、画像、動画などをアップロードすることができ、すぐにサイネージで表示している素材を切り替えることが可能です。それにより、必要な情報をすぐにサイネージで提供することができます。
  3. カーザスとの連携で多言語対応が実現
    • AR(拡張現実)技術を用いた情報インフラサービス「カーザス」との連携で、デジタルサイネージの表示画面での多言語対応や、付加情報の閲覧が可能です。

「ChaMEO」業種ソリューション

  • 業種ごとに異なる多彩な使い方を提案

       業種ごとの利用イメージを示すことで、お客様が提供するサービスの質的向上を図ります。

  • 業種・業務システム連携

       お客様の既存の業種・業務システムとの連携で、お客様の業務効率化を実現します。

  • 業種コンテンツの標準化で利用者の満足度向上

       業種ごとに標準化されたコンテンツを提供することで、短期間・低コストでデジタルサイネージの利用が実現。また、利用者が求める情報発信の実現で、利用者の満足度向上を図ります。

分野 利用イメージ コンテンツ 連携ソリューション
(提供元)
1.公共施設 施設やイベントの案内など絶えず新鮮な情報を掲示、また施設予約・管理システムと連携すれば、施設のスケジュール表示も自動化できます。 ・お知らせ
・イベント・スケジュール
・行先案内
e-Pares
(富士通)
AUGUS ARENA
(オーガス)
2.図書館 図書館システムと連携し、新刊案内や各種ランキングの表示が可能になります。 また、イベントや行政案内等地域情報発信拠点としての機能を実現します。 ・新刊図書情報
・貸出・予約ランキング
WebiLis
(富士通)
3.学校 大学事務システムと連携し、補講・休講情報の自動表示を実現。学生や来訪者に向けた様々な情報発信や案内に活用できます。 ・行先案内(キャンパス、建物)
・補講・休講情報
・お知らせ
Campusmate-J
(富士通)
4.ヘルスケア 電子カルテシステム等と連携して、診療待ちの患者様に案内順をお知らせしたり、病院の施設・診療科の案内等、サービス向上を実現します。 ・行先案内(診療科、会計)
・お知らせ
・呼び出し表示
・医療情報
電子カルテシステム
5.金融 金利情報表示や商品案内、詐欺被害防止に向けた注意喚起などの他、支店独自の情報発信も容易にできます。 ・金利情報
・商品情報
・各種案内
6.製造 生産管理システムとの連携により、製造過程の問題点や課題を共有。また、従業員の方へのメッセージ表示や工場見学者への案内表示等に活用できます。 ・生産管理進捗状況
・工場内連絡事項
・工場見学案内
GLOVIA smart 製造 PRONES
(富士通)
7.ホテル 施設案内やホテルシステムとの連携による宴会場案内、更には、タブレットを入力端末とした、レストランの待ち状況表示等お客様へのサービス向上を実現します。 ・宴会場・レストラン案内
・レストラン混雑状況
・送迎バス時刻表・運行情報
GLOVIA smart ホテル
(富士通)

販売目標

   今後3年間で50億円

今後の展開

   今後富士通マーケティングでは、最新技術と「ChaMEO」を組合せた新たな可能性を追求するとともに、「流通・サービス」、「建設・不動産」などへ業種を広げ、サイネージビジネスの拡充を図っていきます。

商標について

   記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

関連リンク

本件に関するお問い合わせ

【お客様お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング お客様総合センター
icon-telephone 電話: 0120-835-554(フリーダイヤル)
受付時間: 9時~17時30分 (土曜・日曜・祝日 年末年始を除く)

【報道関係お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング  広報部
icon-telephone 電話: 03-6712-3119(直通) icon-form 報道関係、調査会社の皆様からのお問い合わせフォーム 新規ウィンドウが開きます


ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。