GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2014年 >
  4. 2014年 年頭社長挨拶(要旨)

PRESS RELEASE

2014年1月6日
株式会社富士通マーケティング
代表取締役社長   生貝  健二

2014年 年頭社長挨拶(要旨)

~社員一人ひとりの成長がお客様を支え、会社の成長を実現する~

   新年明けましておめでとうございます。新しい年のスタートにあたり、ご挨拶申し上げます。

   2014年は富士通マーケティングにとって、継続的な成長を遂げる一年にしたいと思っています。

   日本経済は長く低迷を続けていましたが、アベノミクス効果もあり全体的に明るく期待が持てる雰囲気になってきました。2014年は国内景気が全体的にさらに上向いていくことを期待していますが、一方当社としては、環境に左右されない強いビジネスモデルを作り上げていくことが重要だと考えています。


  1. 富士通マーケティングとしての役割の拡大とさらなる取り組み

       当社の富士通グループにおける主たるミッションは、中堅民需での業績拡大にあります。富士通はもとより、全国400社を超えるパートナー様との連携を一層強化し、責任市場における中核会社としての役割を拡大していくと共に、海外ビジネスを含めたお客様の様々な期待に応えていきます。

       商品開発面では、自社製品に加えて、富士通グループSE会社と連携し、競争力のある業種別ソリューションのラインナップを充実させていきます。さらにクラウド商品を揃え、中小市場を対象としたビジネスにも取り組みたいと思います。

  2. 社員一人ひとりの成長が大切

       当社がお客様に提供するソリューションサービスは、全て「人」により生み出され、「人」を介してお客様に届けられています。したがって、当社にとっては社員が最も重要であり、社員一人ひとりがお客様に評価されるように成長していくことが大切です。個々の価値が上がっていくことで、お客様に提供できる価値も大きくなっていき、付加価値力の高い会社、収益性の高い会社へと成長していけるようになります。

       また、変化への対応力ということが、もう一つ重要になってきます。例えば、今後、マイナンバーや東京オリンピックなど、社会に大きな影響を与えそうな出来事が見えています。こうした出来事はお客様ニーズに影響を及ぼし、当社のビジネスにもインパクトを与えていくはずです。このような変化、あるいはチャンスに的確に対応し、新たなビジネスモデルを作り上げていくことも大変重要となっています。そのためには、プロジェクトをプロデュースし、全体をコーディネートしていける人材が不可欠となってきます。

   2014年は社員それぞれの「使命をかたちに」して、時代の変化に対応できる力強い会社にしていきたいと思います。


以上

   ※注:本文は、2014年1月6日 社内仕事始め式における代表取締役社長 生貝健二の年頭挨拶の要旨です。



本件に関するお問い合わせ

【報道関係お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング  広報部
icon-telephone 電話: 03-5804-8110(直通) icon-form 報道関係、調査会社の皆様からのお問い合わせフォーム 新規ウィンドウが開きます


ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。