GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2013年 >
  4. 「Windows XP移行サービス」のサービス品質を強化

PRESS RELEASE

2013年11月25日
株式会社富士通マーケティング

「Windows XP移行サービス」のサービス品質を強化

~AOS社、データサルベージ社とのアライアンスで、お客様の作業負荷軽減を実現~

   株式会社富士通マーケティング(本社:東京都文京区、代表取締役社長:生貝 健二、以下:FJM)は、このたび、Windows XP移行のお客様の作業負荷軽減を目的に、アライアンス強化による「Windows XP移行サービス」「データ移行オプション」「アプリ検証アドバイスオプション」「教育オプション」のサービスの品質強化を行いました。

   まず、AOS(エーオーエス)テクノロジーズ株式会社(以下:AOS)および株式会社データサルベージコーポレーション(以下:データサルベージ)とアライアンスし、11月1日より新たな「データ移行オプション」の提供を開始しました。AOS社のテクロジーにより、パソコンのデータや詳細な環境設定を高速自動処理し、データを移行します。これにより、データ移行対象を拡大すると同時に、作業時間を従来の約3分の1に短縮しました。さらに移行作業中のディスクトラブルについて事前に備えるため、データサルベージ社の復旧技術により信頼性を確保しました。

   また、「アプリ検証アドバイスオプション」では、当社で独自開発したマクロ互換チェックツールを活用したExcelマクロなど、企業内で多く使われいるお客様独自で作成した資産の移行検証の要望に柔軟に対応します。

   さらに、「教育オプション」に選びやすいパック商品を提供します。安価で、分かりやすいサービスを提供するとともに、リテラシー向上を促す独自の教育プログラムにより新しいパソコンの操作に対する不安を払しょくし、充実したサポートを提供します。

   これらの提供サービスの強化により、Windows XP移行サービスの、安く、早く、確実に、丁寧なサービスの提供を実現します。またこれにあわせ、Windows XP継続使用のリスクや対策などの啓蒙と理解促進のため、全国でのセミナー開催やホームページでの事例集掲載など積極的に行っていきます。

背景

   Microsoft社の基本OS Windows XP のサポートが、2014年4月9日(日本時間)にサポート終了に向け、各社での乗り換えの検討が進んでいます。当社では、「Windows XP移行サービス」を2013年7月から提供開始しています。XP移行センター開設以来、多くのお問合せをいただき、移行ビジネスは大幅に伸張しています。

   しかし、中堅中小のお客様は、「サポート終了によってどのような弊害があるのかわからない」や「PCハードウェアやOSの刷新に必要な費用が捻出できない」といった理由から、なかなか後継機への乗り換えが進んでいません。

   中堅中小のお客様はパソコン操作に不慣れな場合が多く、新しい端末へのスムーズな乗り換えには細やかなサポートが不可欠になっています。同時に、移行に際して端末の停止時間を可能な限り短く、という要望も以前に増して強くなっています。これらの要望をもとに、当社はアライアンス強化による「Windows XP移行サービス」「データ移行オプション」「アプリ検証アドバイスオプション」「教育オプション」のサービス提供品質の強化を行い、2013年11月から提供を開始しました。

   これにより、Windows XP移行サービスの、安く、早く、確実に、丁寧なサービスの提供を実現し、お客様の作業負荷軽減を実現します。


サービス強化の内容について

  1. データ移行オプション
    1. AOS社とのアライアンス
      • 作業時間の短縮
        従来使用していたツールや手動作業を見直し、AOS社のテクノロジーを利用することで、従来の作業期間を約3分の1に短縮することが可能になりました。
      • 移行範囲の拡大(詳細設定データ移行によるスムーズな乗り換え支援)
        パソコン操作に不慣れな場合には、壁紙やショートカットが異なるだけでも日常業務に支障が生じます。移行対象を拡大し、個人のプロファイルやマイクロソフト社以外のメールソフトなどデータだけでなく環境設定も含めました。詳細な環境設定など現行使用しているパソコンにできるだけ近い状態で移行し、スムーズな乗り換えを支援します。
    2. データサルベージ社とのアライアンス
      • 移行作業の信頼性の向上
        経過年数が長いパソコンではディスクトラブルの発生頻度が高い傾向があります。ディスクの一部が読取不可になった場合は、正しくデータ移行できません。このような問題を事前に想定し、迅速に対応できるようデータサルベージ社とアライアンスし、同社のテクノロジーを活用しデータ移行の信頼性を確保しました。これにより、お客様の大切なデータを今まで以上に安心に、安全に、確実に新しいパソコンに移行します。
  2. アプリ検証アドバイスオプション
    1. 自社開発のマクロ互換性チェックツールの活用
      • お客様の作業負荷軽減
        アプリケーションの移行コンサルティングを行う「アプリ検証アドバイスオプション」で、マクロ互換性チェックツールを活用したサービスを開始しました。これは、Excelマクロのようなお客様独自で作成した資産の後継機での互換性をチェックして、非互換の関数・プログラムを抽出し、対応方法が出力されるツールです。これらの資産は、現場担当者が自ら作成し日常業務で頻用するケースが多く、要望が多岐にわたるため、柔軟に対応できるよう当社で独自開発を行いました。

        131125.jpg
  3. 教育オプション
    1. 教育に必要なサービスをオールインワンでパック化
      • リテラシー向上
        Windows7/8やMicrosoft Office 2013は、以前のバージョンと比べてインタフェースが大きく変わっています。移行後にスムーズに日常業務を行うことや、新しい機能を有効活用し業務効率化を得るためには、一定の操作を習得していることが不可欠です。そこで当社は、富士通エフ・オー・エムとのアライアンスを強化し、「教育オプション」に必要な教育プログラムをパック化し、提供ラインナップに追加します。安価で、分かりやすいサービスを提供するとともに、リテラシー向上を促す独自の教育プログラムにより新しいパソコンの操作に対する不安を払しょくし、充実したサポートを提供します。

お客様へのサービス推進活動

   2014年問題の啓蒙と理解促進のための活動を継続的に行っていきます。

  • 集合形式のセミナーとWebを活用した自席聴講型のセミナー形式により全国のどのような地区のお客様にもサービス内容を紹介
  • 当社ホームページに事例集の掲載

   など

AOS社の概要

   1995年に設立。パソコンメンテナンスを中心とした事業を展開しています。2000年よりデータ復元ソフト「ファイナルデータ」を発売し、2001年に「日経サービス優秀賞」を受賞するとともに、同年データ復旧サービス「Data119.jp」の提供を開始しました。2002年には米国支社を設立し、翌年からはデジタルフォレンジック事業にも進出。2006年にパソコン移行ソフト世界ナンバーワンのLaplink社と提携し、日米でWindows移行プロジェクトを推進しています。また、BCN AWARDシステムメンテナンス部門最優秀賞を2010年より4年連続で受賞するなど、メンテナンス分野でも評価されています。

   AOS社ホームページ新規ウィンドウが開きます

データサルベージ社の概要

   1988年に設立。データ復旧、消去、デジタルフォレンジックを中心としたサービスを全国で提供しています。2002年に事業化したデータ復旧サービスでは、論理障害から重度の物理障害に至るまで、外部を一切使用せず全ての作業を自社内で対応できる高い技術力を有しています。また、IS 521784 / ISO (JIS Q) 27001 を取得した万全のセキュリティ体制と、障害等による緊急時には最短で当日納品が可能なバックアップ体制により、高品質な復旧サービスを実現しています。

   データサルベージ社ホームページ新規ウィンドウが開きます

参考価格

   1.アプリ検証アドバイスオプションサービス

サービス名 サービス概要 参考価格
(税別)
互換性自動検証サービス(Excelマクロ) Excelマクロ(10ファイル)の互換検証、
分析結果レポートの提供およびコンサルティング
25万円から

   ※Access、Visual basicや大量のExcelなど、お客様により要件が異なるため個別見積いたします。

   2.教育オプションサービス

サービス名 サービス概要 参考価格(税別)
XP移行研修パック(30名パック) Office2013アップグレード研修
集合教育2回(20名)、e-learning(10名)
※Word2013/Excel2013/PowerPoint2013テキスト付き
38万円から
XP移行研修パック(100名パック) Office2013アップグレード研修
集合教育7回(70名)、e-learning(30名)
※Word2013/Excel2013/PowerPoint2013テキスト付き
127万円から

商標について

   Microsoft、Windows XP、Office、Excel、Word、PowerPoint は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

   Windows の正式名称は、Microsoft Windows Operating System です。

   記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

関連リンク

  • 「Windows XP移行サービス」紹介ページ


本件に関するお問い合わせ

【お客様お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング お客様総合センター
icon-telephone 電話: 0120-835-554(フリーダイヤル)
受付時間: 9時~17時30分 (土曜・日曜・祝日 年末年始を除く)

【報道関係お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング  広報部
icon-telephone 電話: 03-5804-8110(直通) icon-form 報道関係、調査会社の皆様からのお問い合わせフォーム 新規ウィンドウが開きます


ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。