GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2012年 >
  4. 新潟県様が県内企業の販路開拓支援に、中国富裕層向け銀聯「日本館」を採用

PRESS RELEASE

2012年12月26日
株式会社富士通マーケティング
株式会社富士通マーケティング・エージェント

新潟県様が県内企業の販路開拓支援に、中国富裕層向け銀聯「日本館」を採用

~県のブランド向上を目指し、BtoCの中国ECサイトに都道府県として初のオリジナルサイトを開設~

   株式会社富士通マーケティング(本社:東京都文京区、代表取締役社長:古川 章、以下:FJM)の関係会社である株式会社富士通マーケティング・エージェント(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:原田 昌紀、以下:FJMエージェント)は、新潟県様(知事:泉田 裕彦)と中国富裕層向けECサービス分野で提携し、中国富裕層をターゲットにしたECサイトである銀聯(ぎんれん)オンラインモール「銀聯在線商城日本館(以下:日本館)」に、「新潟館」(仮称)を2013年1月に開設します。

   「新潟館」は、新潟県様が財団法人自治体国際化協会の支援を受けて開設するもので、都道府県がB to C向けの中国ECサイト上にオリジナルサイトを開設することは、日本初となります。

   新潟県様は、日本館のこれまでの出店実績とFJMエージェントのサポートなどを評価し、中国での新潟県および県産品のブランド向上と県内企業の販路開拓支援を目的として、「新潟館」の日本館への開設を決定しました。

   FJMエージェントは、これまで日本館ビジネスにおいて、中国で人気の高い日本の有名企業(ファッション誌「ViVi」の中国版「昕薇」や珈琲専門店honu加藤珈琲店株式会社様、高級寝具で最大手の西川リビング株式会社様など)の出店を拡大するとともに、岐阜県多治見市や地域金融機関との連携により地場企業の出店をサポートすることで地域経済の活性化を支援してきました。


   昨今の日中関係の影響により、日本製品の日本からの輸出や中国現地での製造・販売は厳しいものの、オンライン上において企業が直接消費者を対象とするB to CのECサイトである日本館は、ほとんど影響を受けず通常通りの運営を行っています。

   一方新潟県様は、地理的な優位性を活かし、従来より北東アジア地域と文化・教育・農林水産などさまざまな分野で国際交流を行っており、近年は、県産品の販路開拓など経済交流の分野を強化しています。特に中国に関しては、2013年に友好提携30周年を迎える黒龍江省をはじめ、新潟県大連経済事務所での県内企業の中国進出支援、中国現地における物産展での県産品のPRや観光客の誘致など、さまざまな活動に積極的に取り組んでいます。

   今回、新潟県様は、県内企業の製品の販売や、新潟県のニュースや観光情報などの発信により、新潟県および県産品のブランド向上を目的とし、日本館内に新潟県のオリジナルサイト「新潟館」を開設します。

   「新潟館」では、中国市場への販路開拓を目指す県産品、伝統工芸品などを扱う企業の出店を募り、まずはオンライン上での中国市場進出を支援します。

   県内企業は「新潟館」を利用することで、県からのプロモーション支援を受けられるとともに、独自で出店するよりも安価で、作業負荷も軽減されます。


「新潟館」について

  1. 「新潟館」の概要
    • 県内の企業が出店し、県産品、伝統工芸品を中国富裕層向けに販売。
    • 新潟県のニュースや観光情報を発信し、県の認知度と県産品のブランド向上を推進。
  2. 「新潟館」への出店によるメリット
    • 県内の企業は、「新潟館」に出店することで独自に日本館に出店するよりも中国語への翻訳作業、商品掲載、メンテナンスなどに関する費用負担、作業負荷が軽くなり、中国市場へ進出しやすくなります。
    • 県が新潟県ブランドとして全体のプロモーションを実施することで、より強力なプロモーション効果が得られます。

今後の展開

   新潟県様は、今後、「新潟館」と中国現地での物産展とを連動したプロモーションなどを実施し、新潟県のさらなる経済活性化を推進していきます。

   FJMエージェントは、新潟県様との連携をモデルとして、全国の自治体への拡大を目指し、日本の各地域における地域ブランド向上と経済活性化を支援していきます


日本館(銀聯在線商城日本館)について

   日本館は、中国の銀行カード連合組織「中国銀聯」が運営するB to Cショッピングサイト「銀聯在線商城」の日本商品専門モールです。中国でも人気の高い日本企業の商品だけを集め、商品への関心が高い中国人富裕層向けにオンライン上で販売します。

日本館トップページ
121226.jpg


関連リンク

商標について

   記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。


本件に関するお問い合わせ

【お客様お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング・エージェント  グローバルビジネス事業部
icon-telephone 電話:03-5209-1508     icon-fax FAX:03-5209-1548
icon-mail E-Mail:fjm-fjma-global@cs.jp.fujitsu.com

新潟県知事政策局国際課中国室
icon-telephone 電話:025-280-5962     icon-fax FAX:025-280-5126
icon-mail E-Mail:ngt000130@pref.niigata.lg.jp

【報道関係お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング  広報部
icon-telephone 電話: 03-5804-8110(直通)icon-form 報道関係、調査会社の皆様からのお問い合わせフォーム 新規ウィンドウが開きます


ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。