GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2012年 >
  4. FJM、AZBOXを強化し中堅・中小企業向け仮想化・クラウド事業を推進

PRESS RELEASE

2012年10月29日
株式会社富士通マーケティング

FJM、AZBOXを強化し中堅・中小企業向け仮想化・クラウド事業を推進

~Hyper-Vのレプリカ機能とクラウドを組み合わせた国内初の事業継続ソリューションを提供~

   株式会社富士通マーケティング(本社:東京都文京区、代表取締役社長:古川 章、以下:FJM)は、このたび中堅中小市場向けのITインフラソリューション「AZBOX(アズボックス)」のサービスを強化し、FJMの主力商品である「GLOVIA smart きらら」をはじめとしたHyper-V構成済アプリケーション(VHD)(注1)のラインナップの拡充とアプリケーションストアの提供を開始します。

   さらに、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長:樋口 泰行、以下 日本マイクロソフト)のMicrosoft Windows Server 2012(以下Windows Server 2012)の機能を活用したソリューションの強化として、今回、「AZBOX 簡単事業継続ソリューション」を11月下旬より提供開始します。

   新サービス「AZBOX 簡単事業継続ソリューション」は、Windows Server 2012のバックアップ機能、レプリカ保存機能とクラウドを組み合わせた中堅中小市場向けの事業継続(BC)ソリューションです。システムの複製をクラウド上に保存することで、簡単に事業継続対策が行えます。Windows Server 2012の機能とクラウドを組み合わせたレプリカ保存サービスは国内初となります。

   2011年10月以来、FJMと日本マイクロソフトでは、中堅・中小企業向けのサーバ仮想化分野で協業し、中堅・中小企業が、マイクロソフトの仮想化技術である Microsoft Windows Server 2008 R2 Hyper-V (以下 Hyper-V)が搭載されたサーバを購入した際に、簡単かつ低価格にご利用いただけるよう、あらかじめアプリケーションを設定した「Hyper-V 構成済みアプリケーション」として提供してきました。

   今回、FJMの業務ソリューション「GLOVIA smart きらら」シリーズをはじめとしたVHDのラインナップを37種類に拡充しました。今後も品揃え強化を図り、2013年3月には、100種類まで拡大する予定です。また、多彩なアプリケーションを簡単に検索・見積可能なアプリケーションストア(Webカタログ、デリバリー)を2013年1月より開始します。

   さらに、中堅中小企業のお客様向けにWindows Server 2012の機能とクラウドを組み合わせた「AZBOX 簡単事業継続ソリューション」を11月下旬より提供開始します。

   東日本大震災以降、企業の事業継続対策が急務となっており、取引先からの契約条項・融資条件としても、事業継続対策が重要視されています。サプライチェーンの一翼を担う中堅中小企業において事業継続への対策は経営課題となっていますが、システムの構築・運用における投資や作業は大きな負担となっており、導入時のみならず将来にわたり運用コストや運用負荷を軽減するしくみが不可欠となっています。

   「AZBOX 簡単事業継続ソリューション」は、当社が提供するVHD形式の構築済みアプリケーションに手軽な「クラウドバックアップサービス」とフェイルオーバー(注2)が可能な「レプリカ保存サービス」の2種類をご用意します。「クラウドバックアップサービス」はWindows Server 2012に標準搭載のクラウドバックアップ機能を活用して当社のクラウドサービス「AZCLOUD IaaS」にバックアップを保存します。また、「レプリカ保存サービス」は、 Windows Server 2012 Hyper-Vの新機能である「Hyper-V レプリカ」を活用し、システムの複製を定期的に自動作成してクラウド上に保存します。これらのサービスをご利用いただくことにより、お客様は簡単かつ安全なシステム運用が実現できます。Windows Server 2012のレプリカ機能とクラウドを組み合わせたレプリカ保存サービスは国内初となります。

VHDラインナップ(37種類)

カテゴリ 主なアプリケーション
ファイルサーバ(2種類) ・Windows ファイルサーバ
災害・障害対策(1種類) ・CA ARCserve Replication
コミュニケーションインフラ(2種類) ・Microsoft Lync Server
クライアント統制(10種類) ・Active Directoryシングルサーバ
・Windows Server Update Services
・SKYSEA Client View シリーズ
・Systemwalker Desktop Patrol & Keeper V14g
グループウェア/ポータル(13種類) ・サイボウズ Office 9
・サイボウズ ガルーン 3
・Microsoft Exchange Server
・desknet's スタンダード版
・desknet's Middle Edition
・POWER EGG 2
情報分析(1種類) ・Dr.Sum EA
基幹業務(3種類) ・GLOVIA smart きらら シリーズ
アプリケーション仮想化(1種類) ・Citrix XenApp
プラットフォーム・ミドル(3種類) ・Microsoft SQL Server 2008(32bit)
・Microsoft SQL Server 2008 R2(64bit)
・Microsoft SQL Server 2012(64bit)
ウイルス対策(1種類) ・Symantec Endpoint Protection

   *すぐに運用可能な通常版と、お客様の利用状況に応じてカスタマイズ可能なベースキットを用意しています。

「AZBOX 簡単事業継続ソリューション」の特長

  1. ICTの事業継続対策を安価に構築

       (1)クラウドバックアップサービス

    当社が提供する「Hyper-V構成済みアプリケーション」VHDをWindows Server 2012に標準搭載のクラウドバックアップ機能によりクラウド上のストレージに保存。OSの基本機能を活用することにより専用ソフトを必要とせず、データセンターへのシステムバックアップを実現します。

       (2)レプリカ保存サービス

    当社が提供する「Hyper-V構成済みアプリケーション」VHDを「Hyper-Vレプリカ」によりリモートのHyper-Vホストに保存。OSの基本機能により、専用ソフトや共有ストレージを必要とせず、構成の異なるハードウェアでもディザスタリカバリシナリオを容易に実現します。

  2. バックアップ先/レプリカ作成先をクラウド上に用意

       バックアップ先/レプリカ作成先としてFJMのクラウドサービス「AZCLOUD IaaS」を用意。お客様のシステムを安全に保管できます。

  3. 安価なサービス料金

       「Hyper-V 構成済みアプリケーション」につきましては、クラウド上へのバックアップを1システム6,980円(税別)/月~、レプリカ保存を1システム79,800円(税別)/月~でご提供。コストを抑えた事業継続対策が実現できます。

利用イメージ図

   (1)クラウドバックアップサービス

121029_1.jpg

   (2)レプリカ保存サービス

121029_2.jpg

サービス内容および販売価格

AZBOX 簡単事業継続ソリューション サービス内容 販売価格(税別)
(1)クラウドバックアップサービス
(1)AZCLOUD IaaS上にバックアップエリアをご提供 6,980円/月から
(2)レプリカ保存サービス (2)AZCLOUD IaaS上にレプリカホストをご提供 79,800円/月から

販売目標

   3年間で5,000社

   【日本マイクロソフト株式会社のコメント】

   日本マイクロソフトは、このたびFJMが開始するAZBOX簡単事業継続ソリューションのサービス提供を、心から歓迎いたします。Windows Server 2012では、昨今のニーズである災害対策を容易に実現するHyper-V レプリカ機能、およびオンラインバックアップ機能を提供しております。これらを検証済みシステムとして、お客様、パートナー様が安心して早期に導入いただくことで、日本のITシステム活用の一助になれば幸いです。

日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員
パートナーソリューション営業統括本部  統括本部長
兼  パートナー戦略統括本部  統括本部長
佐藤  恭平

商標について

   記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

  •  (注1)  VHD(Virtual Hard Disk):Hyper-Vにて利用されるWindows Server、アプリケーション、データをワンパッケージにした仮想のハードディスクイメージファイル。
  •  (注2)  フェイルオーバー:サーバに障害が発生した場合に、代替サーバが処理やデータを引き継ぐ機能。

関連Webサイト

  • AZBOX 紹介ページ

本件に関するお問い合わせ

【お客様お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング お客様総合センター
icon-telephone 電話: 0120-835-554(フリーダイヤル)
受付時間: 9時~17時30分 (土曜・日曜・祝日 年末年始を除く)

【報道関係お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング  広報部
icon-telephone 電話: 03-5804-8110(直通)icon-form 報道関係、調査会社の皆様からのお問い合わせフォーム 新規ウィンドウが開きます


ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。