GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2012年 >
  4. FJMが北九州市漫画ミュージアムにSaaS型図書管理サービス「WebiLis」を提供

PRESS RELEASE

2012年8月3日
株式会社富士通マーケティング

FJMが北九州市漫画ミュージアムにSaaS型図書管理サービス「WebiLis」を提供

~漫画文化の振興と漫画文化を核としたまちの魅力づくりをITで支援~

   株式会社富士通マーケティング(本社:東京都文京区、代表取締役社長:古川 章、以下:FJM)は、北九州市様が本日オープンした「北九州市漫画ミュージアム」に、富士通のSaaS型図書管理サービス「WebiLis(ウェブアイリス)」を提供しました。

   北九州市様は、北九州市の鉄路の玄関口となるJR小倉駅前の活性化と漫画文化の振興を図り、『漫画作家ゆかりの地域としての資源活用』『漫画文化の拠点』『まちの魅力づくり・賑わいの創出』を目的に、新たに「北九州市漫画ミュージアム」を、JR小倉駅直結の商業施設「あるあるCity」内に設立されました。

   今回、FJMが全国の公共・大学および専門図書館約200ユーザに図書館システムを納入してきた実績と、「WebiLis」の持つSaaSの利便性および利用者サービス向けの機能を活用した提案が評価され、採用頂きました。

   北九州市様は、松本零士氏など著名な漫画家をこれまで多数輩出しており、漫画文化となじみの深い地域となっています。今回、JR小倉駅の地域再開発事業の一環として、漫画文化の振興と漫画文化をテーマにしたまちの魅力づくりを目的に、自治体が単独で運営する総合的な漫画博物館としては全国初の「北九州市漫画ミュージアム」を設立しました。

   「北九州市漫画ミュージアム」は、地域ゆかりの漫画家の作品を中心とした常設展示ゾーンやイベントエリア、企画展示ゾーン、閲覧ゾーンなど、館内が見る・読む・描くの3つのテーマで構成されています。


   北九州市様では、「北九州市漫画ミュージアム」設立にあたり、システム導入期間の削減によりオープンまでにかかる期間を早期化したい、さらには、オープン後のシステム運用負荷を軽減することで、本来の業務である利用者サービスの向上に注力したい、などの観点からシステムを検討されていました。今回、閲覧ゾーンに整備される約5万冊の漫画資料の管理や館内端末からの利用者向け蔵書検索、インターネット上での検索などの利用において、SaaS型図書管理サービス「WebiLis」が採用されました。

「北九州市漫画ミュージアム」のシステムの特長

  1. SaaSによる導入期間、運用負荷の軽減
    • システムは外部のデータセンターを利用しているため、施設内にサーバを設置しシステムを構築する必要がなく、施設のオープンに合わせてシステムを利用開始できます。
    • 導入後もシステムの運用やサーバの管理はデータセンター側で行うため、専門の要員が必要なく、本来の業務に人材を集中することができます。
  2. ICタグを活用した蔵書管理と持出防止ゲートを設置し、効率的な管理を実現
    • ICタグを活用した蔵書点検により、点検作業を効率化できます。
    • 持出防止ゲートを設置することで、貴重な蔵書を含め館内の漫画資料の持ち出しを防ぐことができます。
  3. インターネット上で表紙を見ながら検索できる表紙画像表示機能により、利用者サービス向上を促進
    • 利用者が自宅などからインターネット上で漫画資料を検索する際、対象資料の表紙画像を表示する機能により、館内で実際に漫画資料を探すイメージで利用できます。表紙画像はAmazon社のサイトに連携しており、利用者はそこから漫画を購入することも可能です。
  4. 今後の利用者サービス向上にもシステムで柔軟に対応
    • 今後の利用者サービス向上のため、新着案内メールの配信やWebによる相談受付(レファレンス)を行いたい場合も、あらかじめシステム側で必要な機能を備えているため、柔軟にすばやく対応できます。

       FJMでは、今後も図書館を核とした各地域のまちづくりや地域活性化を、ITで支援することを目指し、サービス機能やサポートの向上に努めていきます。

「北九州市漫画ミュージアム」各コーナー

[エントランス]
120803_1.jpg

[閲覧ゾーン]
120803_2.jpg

[展示ゾーン]
120803_3.jpg

[展示ゾーン]
120803_4.jpg

システムイメージ図

120803_5.jpg

「北九州市漫画ミュージアム」概要

住所 : 福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-5 あるあるCity5階、6階
館長 : 田中 時彦
名誉館長 : 松本 零士
面積 : 約2,300平方メートル
設備 : 閲覧ゾーン、常設展示ゾーン、イベントエリア、企画展示ゾーン 他
蔵書 : 約50,000冊
利用時間 : 11時~19時 (夏休み等は20時まで)
休館日 : 火曜日
常設展観覧料 : 一般400円、中高生200円、小学生100円(小学生未満無料)

   ※企画展は別途料金が必要です。金額は企画展ごとに異なります。

関連Webサイト

商標について

   記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

本件に関するお問い合わせ

【お客様お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング お客様総合センター
icon-telephone 電話: 0120-835-554(フリーダイヤル)
受付時間:9時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

【報道関係お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング  広報部
icon-telephone 電話: 03-5804-8110(直通)icon-form 報道関係、調査会社の皆様からのお問い合わせフォーム 新規ウィンドウが開きます


ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。