GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2012年 >
  4. 「スマートデバイスソリューション」でセキュアで使いやすい業務環境を提供

PRESS RELEASE

2012年6月12日
株式会社富士通マーケティング

「スマートデバイスソリューション」でセキュアで使いやすい業務環境を提供

~moconaviアプライアンスで業務システム連携を実現~

   株式会社富士通マーケティング(本社:東京都文京区、代表取締役社長:古川 章、以下:FJM)は中堅市場向け商品の拡充として、ユニファイドコミュニケーション連携と業務連携をスマートデバイスで実現するために、ネットワークインフラ構築からサポートまでワンストップでサポートする「スマートデバイスソリューション」を体系化し提供開始します。

   第一弾として、スマートデバイスを使った業務強化を目的とし、法人向けモバイルアプリ開発を行う株式会社レコモット(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:東郷 剛、以下:レコモット)のセキュアなモバイルアクセスを実現する「moconavi(モコナビ)」モジュールを組み込んだアプライアンスを提供し、基幹系、情報系業務との連携環境を実現します。

   昨今のスマートフォンやタブレット端末などの普及により、ビジネスシーンでの活用も増加し、企業のワークスタイルが変化しています。持ちやすく、情報を閲覧しやすいスマートデバイスの特性は、業務での活用に有効であり、外出先からのスマートデバイスを使った情報の配信や共有、業務システムとの連携における社内へのリモートアクセスのニーズも高まっています。一方、スマートデバイスを業務システムやクラウドにアクセスするには、特にセキュアな接続環境が求められます。

   そこでFJMは、「セキュアで使いやすい業務環境を あらゆるスマートデバイスで」をコンセプトとし、中堅市場におけるスマートデバイスを活用した業務強化を目的とし、「スマートデバイスソリューション」の提供を開始します。

   この「スマートデバイスソリューション」は、ユニファイドコミュニケーション連携・業務システム連携の二つを柱とし、機器選定からネットワークインフラ構築、セキュリティ対策、保守サービスまでをワンストップで提供するものです。Web会議やプレゼンス確認、Webアドレス帳などのサービスと販売管理、物流在庫、受発注(EDI)、SFAや勤怠管理などの業務支援サービスをオンプレミス、クラウド環境どちらでも提供可能となります。

FJMのスマートデバイスソリューション

120612_1.gif
拡大イメージ (73 KB)

  • デバイス

       ARROWSをはじめ各種Android、iPhone/iPad、Windowsタブレットなどの最適な機器選定をご提案します。

  • インフラ・認証・セキュリティ

       各デバイスからのアクセスをセキュアに接続するネットワークサービス、社内無線LAN環境構築をご提案します。

  • コミュニケーション連携

       社内外とのコミュニケーションを円滑にするWEB会議ソリューションをはじめ、内線との連携を実現する各種ソリューションを提供します。

  • 業務システム連携

       メール・スケジューラをはじめ情報系システムや販売管理、物流在庫管理、受発注(EDI)、SFA、勤怠管理などの各種業務システムとの連携を実現します。

  • MDM・端末管理

       スマートデバイスの業務活用におけるセキュリティ課題を、様々なソリューションで解決します。紛失・盗難時の情報漏えい対策、不正利用の防止、端末情報の収集とポリシー適用等による管理等をご提案します。

  • キッティング・ヘルプデスク

       スマートデバイス向けアプリケーションのインストールや無線LAN設定、および導入後のヘルプデスク対応など、各種アウトソーシングサービスをご提供します。

業務システム連携「moconaviアプライアンス」について

   今回、第一弾として、手軽に安心して社内情報系アプリケーションをご利用いただけるよう、モバイルアプリ開発力を持ったレコモットと連携し、「moconavi(モコナビ)」のモジュールをネットワーク市場のトップメーカーであるシスコシステムズのルーターに組み込んだアプライアンスでの提供を開始します。お客様のLAN環境にmoconaviアプライアンスを設置することにより、外出先でもExchangeやNotesのメール・スケジュールの確認が可能となります。また、メールや添付ファイルデータをスマートデバイスに一切データを残さないため、情報漏えいの心配もなくセキュアな利用ができます。

   さらには、標準サービスであるメール、スケジュールアクセスの提供に加え、顧客管理、文書・コンテンツ管理、経営分析、営業支援システムなどの情報系業務や、会計、受発注、生産管理、物流、販売管理などの基幹系業務とのアクセスも同一ユーザインターフェースで可能となり、お客様の新たなワークスタイルの確立や業務強化や改善を実現します。

「moconaviアプライアンス」の特長

  1. アプライアンスによる提供

       「moconavi(モコナビ)」のモジュールをシスコシステムズのルーターに組み込んだアプライアンスによる提供のため、サーバーが不要となります。お客様のLAN環境に「moconavi」アプライアンスを設置することにより、外出先でもExchangeやNotesのメール・スケジュールの確認が可能となります。

  2. 端末にデータを残さずセキュアな環境を実現

       同期して端末にデータを持つという形式とは異なり、閲覧するのみなので、端末にデータは残らずセキュアな環境で業務が行えます。また、メールや添付ファイルデータをスマートデバイスに一切残さないため、情報漏えいの心配もなくセキュアな利用ができます。

  3. 業務システム連携

       標準サービスであるメール、スケジュールアクセスの提供に加え、顧客管理、文書・コンテンツ管理、経営分析、営業支援システムなどの情報系業務や、会計、受発注、生産管理、物流、販売管理などの基幹系業務とのアクセスも同一ユーザインターフェースで可能です。

業務システム連携イメージ

120612_2.gif
拡大イメージ (44 KB)

価格

   moconaviアプライアンスモデル 120万円(税サービス別)~
   (Cisco2900とmoconavi)利用者10クライアント ※初年度利用料込

今後の展開と目標

   各種自社ソリューションサービスとの連携により、セキュアなスマートデバイス接続環境をご提供します。また今後は、シスコ ユニファイドコミュニケーションとの親和性を図るべく、レコモットと共同開発を行い、FJMのサービスと組み合わせた形でより効果的なサービスをご提供し、中堅中小向けサービスに注力していきます。

   今後「スマートデバイスソリューション」を3年間で200社へ販売を計画しています。

CISCO 2900シリーズについて

   従来のルータ機能にサービスモジュール及びアプリケーションを追加することにより、デバイス、アプリケーションの障壁をなくしたネットワークの構築が可能です。

レコモットについて

   法人向けモバイルプラットフォームでのソフトウェア開発、ビジネスメッセンジャー、携帯用ビジネスブラウザ開発及びVoIP(SIP)関連のソフトウェア開発をおこなっています。

商標について

   記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

関連リンク

本件に関するお問い合わせ

【お客様お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング お客様総合センター
icon-telephone 電話: 0120-835-554(フリーダイヤル)
受付時間:9時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

【報道関係お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング  広報部
icon-telephone 電話: 03-5804-8110(直通)icon-form 報道関係、調査会社の皆様からのお問い合わせフォーム 新規ウィンドウが開きます


ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。