GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2012年 >
  4. 中国・復旦大学とモバイル端末の業務利用に関する共同プロジェクトを開始

PRESS RELEASE

2012年5月1日
株式会社富士通マーケティング

中国・復旦大学とモバイル端末の業務利用に関する共同プロジェクトを開始

~産学連携による研究を通じて、グローバル人材を育成~

   株式会社富士通マーケティング(本社:東京都文京区、代表取締役社長:古川 章、以下:FJM)は、中国の国家重点大学でも上位校である復旦大学(所在地:上海市楊浦区邯鄲路、学長:楊玉良)と提携を行い、4月より共同プロジェクトを開始しました。

   本プロジェクトは、統合業務ソリューション「GLOVIA」シリーズの開発技術者と復旦大学の教授、研究者など、 26名のメンバーで構成し、まず第1ステップとして、中国現地のビジネス慣習や業務を考慮した、モバイル端末の業務利用に関する基本設計や仕様の研究を行います。そして第2ステップでは、第1ステップの研究成果を活用し、中国現地企業への適用を見据えたユーザインターフェースの研究やモバイル端末に対応した応用技術の研究を推進する計画です。

   今後もFJMは、海外大学との産学連携による人材交流を進め、海外でのソリューション・サービスへの対応やグローバル人材の育成を推進していきます。

   日本国内の景気回復の遅れや円高の影響を受け、中国をはじめアジア各国へビジネス進出する企業は、中堅・中小企業でもますます増加しています。そのため、海外でのシステム構築のニーズも増えていますが、現地のビジネス慣習は複雑であり、現地に合ったシステムの開発が要求されています。また、日本と中国の両国においては、モバイル端末が急速に普及したことにより、モバイル端末を活用した業務システムへのニーズも高まっています。

   このような状況を鑑み、FJMは従来より人材交流などで関係の深い復旦大学と提携し、中堅商品の開発・販売で実績のあるFJMと国家重点学科に指定されているIT系学科を有する復旦大学の、知見と技術を活かした産学共同プロジェクトを開始します。

共同プロジェクトの概要

  1. 目的
    • 中国現地企業や日系企業に対するシステム構築の将来的な実現に向け、中国現地の視点や業務、技術を取り入れた基本設計や仕様およびモバイル端末を活用したシステムの研究を行います。
    • FJMはこれまでも人材採用や現地法人の設立、研修の海外展開、人材交流などを通じて、多くの社員が海外ビジネスについて学び、経験する機会を持つことで、社員のモチベーション向上とグローバル人材の育成に取り組んでおり、今回の産学連携プロジェクトの経験を通じ、さらなるグローバル人材の育成を促進します。
  2. 期間

       2012年4月1日~2012年6月30日(予定)

  3. プロジェクト体制

    120501.gif

  4. 取り組み内容
       FJMが自社開発の販売管理システムを研究材料として提供し、「モバイル端末固有のGUIの活用および考察」をテーマに、以下の研究を行います。
    • PC/モバイル端末双方からの利用を前提とした、デザイン/コンポーネント配置の最適性
    • モバイル端末固有操作の、製品への有効適用および活用方法
    • 固定端末と比較した際の、モバイル端末のメリットの具体的な活用方法
  5. 今後
       本プロジェクトで研究された成果を元に、システムの実用化に向けてさらに検討を重ね、中国現地の視点を取り入れたシステム開発を目指します。また、海外大学との産学連携をより一層強化し、大学および自社の技術的な研鑚や、ビジネスの連携を通じ、グローバル人材の育成を推進していきます。

復旦大学 http://www.fudan.edu.cn/englishnew/新規ウィンドウが開きます

   1905年に設立され、2000年には上海医科大学を合弁した、長い歴史のある名門大学であり、中国国家教育部の直轄指導を受ける国家重点大学に指定されています。経済学院、法学院など29の学院や学部、70の学科、306の研究機構があり、現在約50,000名の学生が学んでいます。

FJMの中国ビジネスの取り組み

   2008年にベース社との提携により、現地法人を設立し、オフショア開発を開始。同時に中国の有力大学と提携して中国人を日本企業に紹介するグローバル人材ビジネスを手掛けてきました。2010年に中国上海に現地法人「上海富錦企業管理諮詢有限公司(上海富錦)」を設立。市場調査から法的手続き、人材支援、システム構築を日本、中国の両面からサポートを展開しています。また、日本国内の地方銀行とビジネスマッチングを進め、中国国内向けECサイト(銀聯オンラインショッピングモール)への出店支援・構築サービスを通じ、企業の中国進出をサポートしています。

関連リンク

以上

本件に関するお問い合わせ

【お客様お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング お客様総合センター
icon-telephone 電話: 0120-835-554(フリーダイヤル)
受付時間:9時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

【報道関係お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング  広報部
icon-telephone 電話: 03-5804-8110(直通)icon-form 報道関係、調査会社の皆様からのお問い合わせフォーム 新規ウィンドウが開きます


ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。