GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2011年 >
  4. FJMとアイネット、中堅企業向けクラウド分野で協業

PRESS RELEASE

2011年6月23日
株式会社富士通マーケティング
株式会社アイネット

FJMとアイネット、中堅企業向けクラウド分野で協業

~アイネットのVAiOSを活用し、FJMのソリューションをプライベートクラウドでご提供~

   株式会社富士通マーケティング(本社:東京都文京区、代表取締役社長:古川 章、以下:FJM) と株式会社アイネット(本社:横浜市、代表取締役社長:梶本 繁昌、以下:アイネット)は、このたび中堅企業向けクラウド分野におけるアプリケーションからインフラ、運用までの一貫した商品の早期提供とラインナップの拡充を目指し、クラウドサービスの提供において協業を行い、本日よりサービスを開始します。

   本サービスは、ヴイエムウェアの仮想化技術を取り入れたアイネットの「仮想化オール・イン・ワン サービスVAiOS(ヴァイオス    Virtualization All in One Services)」を活用し、FJMのパッケージやサービス、アプリケーションをクラウド上で展開する高性能なIaaSを、低価格で実現します。

   FJMは、中堅企業向けクラウドサービスを実現するため、アイネットのリソースプール提供型の企業向けプライベートクラウド「VAiOS EASY Cloud Service」(以下:EASY Cloud)をインフラとして活用することにより、FJMのソリューションサービスをプライベートクラウド化してご提供します。

   アイネットはFJMのソリューションサービスと営業力を活用することにより、リセラー販売モデルを確立させ、お客様のニーズに合ったサービスメニューの拡大を図ることが可能となります。

   両社が提供するサービスにより、お客様は最新ICTを活用したクラウドサービスを、迅速に低価格で利用でき、経済環境の変化や事業継続(BC)に対応したICT資産の最適な運用が行え、ビジネスの強化が図れます。

   東日本大震災の影響もあり、システムを安心・安全に利用したいというニーズからクラウドサービスへの関心が高まってきています。特に中堅企業からは、すばやく、低価格で、しかも簡単にクラウドサービスを利用したいといった要望が数多く寄せられています。しかしながら、クラウドサービスを効果的に利用するには、利用者側でも高度なITスキルが必要とされていました。

   そこで、専門の情報システム部門を持たない中堅企業でも手軽に安心してクラウドサービスおよび最新のICTをご利用いただけるよう、これまで培ってきたFJMのエンドユーザへのサポート力と、アイネットのEASY Cloudを組合せてご提供します。

   このたび、FJMは、次世代型データセンターを保有し、仮想化技術をはじめとした運用ノウハウや、新しいサービス創出への積極的な取り組みを行うアイネットと協業し、新たなサービスを提供していきます。

   富士通グループの既存クラウドサービスにEasy Cloudが加わることにより、中堅市場向けクラウド商品の強化を行い、クラウド分野でのビジネスを拡大していきます。

   一方、アイネットは、富士通グループの中堅市場向け中核会社であるFJMと連携することで、様々な業種業務ソリューションと顧客対応力を組み合わせ、幅広いお客様へのサービスを展開していきます。


新サービスについて

  1. クラウド環境移行サービス

       既存サーバ群をアイネットの次世代型データセンターで運用するEASY Cloud環境へ移設するサービスです。仮想化集約や仮想化による延命措置が短期間で実現可能となります。事業継続の課題を迅速に解決します。

       また、業務やシステムの処理特性およびソフトウェアライセンス形態に応じた適切なクラウド環境への配置、稼働後の運用やメンテナンス面からみた運用再設計など、適切な移行コンサルティングも行います。

  2. FJMパッケージソリューション on EASY Cloud

       FJMのソリューションをアイネットのEASY Cloud環境でご利用できるサービスです。アイネット  データセンター内のPaaS環境と連携していますので、お客様はハードウェア購入や保守を気にすることなくセキュアにプライベートクラウドを利用できるようになります。

  3. IT用心棒 for EASY Cloud

       「IT用心棒」は、中堅企業向けのパッケージ化された運用サービスで、オンプレミス型およびデータセンター設置型に対応しています。ヘルプデスクサービスからMSPサービスまで幅広くサポートしています。今回、アイネットの提供するEASY Cloud基盤の運用サービスに加え、「IT用心棒」のミドルウェアやアプリケーションの運用サービスを加えることにより、お客様のオンプレミス環境とクラウド環境をインフラからアプリケーションまで、ワンストップでフルサポートすることが可能となります。

       価格は、2,500円/ID からの小規模スタートが可能です。

サービス概要図

サービス概要図


アイネットの EASY Cloud について

   EASY Cloudは、リソースプール提供型のプライベートクラウドサービスです。安全でシステムの更新等も容易な企業内プライベートクラウドコンピューティングを低価格で実現でき、企業ごとに効率の良いクラウドサービスが提供可能となります。また、仮想化運用代行センター Virtualization Operation Center(VOC(R))で監視・運用され、高度なクラウドサービス基盤を活用できます。

EASY Cloud について

   EASY Cloudでは、仮想化基盤のCPU、メモリの物理リソースを統合管理し、セキュリティを確保した上で、リソースプールとしてお客様ごとに分割してご提供します。お客様は、リソースプール(CPU、メモリ)単位でのご利用となり、ご契約リソースプール内であれば自由に仮想サーバの増減が可能となります。また、リソースの段階的拡張が可能な為、必要最少構成からスタートでき、お客様の事情に合わせて柔軟な対応が取れるのも大きな特徴です。

アイネットの第2データセンターについて

   アイネットの第2データセンターは、国内最高クラスの安全性と最新のテクノロジーを備えた次世代型データセンターです。大規模災害時にも安全性を確保するため、水害や液状化の危険が少ない硬質な地盤に高い災害対策レベルを設定して建設しています。免震構造の建物や電源、空調、ネットワークに冗長構成を採用し、データセンターの品質基準に照らし合わせても、最も厳しい基準を全ての項目でクリアするファシリティを実現しており、変化の激しいビジネス環境においてコストパフォーマンスに優れたサービスをご提供します。

ビジネス展開と販売目標

   今後FJMは、オンプレミスの従来型ビジネスとの連動により、お客様のニーズにそった高付加価値のサービスを充実させていきます。またアイネットとは、EASY Cloud以外のサービスについても順次連携を図り、FJMのサービスと組み合わせた形でより効果的なサービスをご提供していきます。


   アイネットは、今回の協業を第一歩とし、引き続き、顧客を拡大することに注力していきます。今後は、アイネットの提供するCloudstor(TM)やVIDAAS(TM)の拡販、FJMがVAiOS で展開するSaaSモデルの開発など、アライアンス強化に向けた活動を継続し、クラウド分野のリーディングカンパニーとしてのビジネス基盤整備に共同で取り組んでいきます。


   今後3年間で200社への販売を計画しています。

富士通マーケティング(FJM)について

   FJMは、富士通グループの中堅市場を担う中核会社として、商品開発、サービスを強力に推進しています。
お客様起点のマーケティングイノベーションを行い、最適な商品、サービスの適用を通じ、お客様の真のパートナーとなることを目指しています。GLOVIAシリーズをはじめとした業種業務ソリューション、ハードからサポートまでをセット化して提供する「AZBOX(アズボックス)」や「IT用心棒」など、お客様のシステムをトータルで支援していきます。

アイネットについて 新規ウィンドウが開きます

   アイネットは、データセンターとクラウドコンピューティングを展開する独立系ITサービスプロバイダーです。

   1971 年の設立以来、石油業界のアウトソーシングやリテールローン業界のシステム開発・運用でトップシェアを誇ります。国内最高クラスの次世代型データセンターを保有し、システム開発からサーバの運用代行、顧客システムの運用・保守、さらにはプリント・封入封緘・発送等の業務アウトソーシング迄すべてを、ワンストップで提供しています。

   クラウドコンピューティングにもいち早く取り組み、次世代型データセンターをベースに仮想化システム構築から運用迄を提供する「仮想化オール・イン・ワン サービス VAiOS」をはじめ、様々な企業向けクラウドコンピューティングサービスを展開しています。

商標について

   記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上


本件に関するお問い合わせ

【お客様お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング お客様総合センター
icon-telephone 電話: 0120-835-554(フリーダイヤル)
受付時間: 9時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

株式会社アイネット  クラウドサービス事業部
icon-telephone 電話 : 045-682-0845(直通)  icon-mailE-mail:vaios.info@inet.co.jp

【報道関係お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング  広報部
icon-telephone 電話: 03-5804-8110(直通) icon-form 報道関係、調査会社の皆様からのお問い合わせフォーム 新規ウィンドウが開きます

株式会社アイネット  企画本部
icon-telephone 電話: 045-682-0808(直通) icon-mail E-mail:infoir@inet.co.jp


ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。