GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2011年 >
  4. ハード、ソフト、構築作業をセット化した商品群「AZBOX」の提供開始

PRESS RELEASE

2011年2月15日
株式会社富士通マーケティング

ハード、ソフト、構築作業をセット化した商品群「AZBOX」の提供開始

~最適なICTサービスを導入から運用、サポートまでの一貫したサービスで提供~

   株式会社富士通マーケティング(本社:東京都文京区、代表取締役社長:古川 章、以下:FJM )は、 富士通グループの中堅市場を担う中核会社として、商品開発、サービスを強力に推進しております。

   このたび中堅市場向け商品の拡充として、これまで提供してきたICTサービスをカテゴリー別に分類、 ハードウェアから構築作業までのセット商品「AZBOX(アズボックス)」、運用サポートサービス「IT用心棒」、 オフィス向け環境サービスおよびSE作業を標準化したスタンダードサービスの4つに体系化し、2月より提供開始いたします。

    今後は、中堅市場向けICTサービス事業において、従来の個別構築モデルから、共通仕様に標準化した工業化、 集約化モデルへと転換・推進し、"高品質""低価格""短納期"により中堅市場のお客様の経営をITで支援してまいります。

   本サービスは、インフラを中心としたサービスをカテゴリー別に体系化し、サービス内容、価格をメニュー化することで、 お客様が必要としている最適な商品を迅速に導入いたします。

   経営基盤強化の一環として自社のIT統制を強化したいものの、システムの多様化、 複雑化に伴うITコストの増大やIT要員の不足により実現が難しかった中堅市場のお客様、新たな拠点、 店舗設立に伴う現場ごとの導入を迅速に行いたいお客様のニーズ等にお応えし、導入からサポートまでの一貫したサービスを、お客様に必要な機能、 価格に合わせて提供いたします。

   特に、コアとなる「AZBOX」は、これまで数多くのシステム導入で培ってきたノウハウをパターン化し、ハードウェア、 ソフトウェアおよび構築作業をセット化することで、従来の個別SIサービスより価格、導入期間とも約20%削減でき、"高品質""短納期""低価格"を実現しています。 セキュリティ管理、コミュニケーション基盤などのサービスを中心に、新たに44サービスを商品化し、2月より提供を開始いたします。

   なお、商品提供に合わせ、「AZBOX」のセット作業を行う「インフラ構築センター」と、全国のユーザー、パートナーサポートを行う 「ITマネジメントセンター」を設立し、商品提供、サポート力の強化を図ってまいります。


  1. AZBOXの概要
    1. 特長
      • ハードウェア、ソフトウェア、構築作業までをセット化
      • 診断ツールの活用により、商品決定から導入までのプロセス、負荷を軽減
      • これまで培ってきたノウハウに基づく、細かいニーズに対応した44種類のラインナップ
      • 製品到着後すぐに使い始められる完成品出荷
    2. 商品メニュー
      • サーバ最適化

        仮想化(Hyper-V、VMware)によりサーバを集約・統合することでコスト削減を実現いたします。

      • 災害・障害対策

        大規模災害や障害発生時のデータ消失を防ぐための遠隔地バックアップを実現いたします。

      • コミュニケーション

        電話とネットワークを統合するIPテレフォニー技術により、様々なコミュニケーション手段 (ビデオ/Web会議、プレゼンス、ボイスメール、携帯電話)を統合し、シームレスなコミュニケーション環境により 生産性向上を実現いたします。

      • 情報共有・活用

        グループウェアから様々な機能を備えたポータル環境まで、用途に合わせ幅広く提供いたします。

      • PC管理

        PCの仮想化を含めた効率の良いPCセキュリティおよびハードウェア、ソフトウェアの資産管理を実現いたします。

      • セキュリティ

        メールやWebブラウザ経由のウイルス対策、不正サイトへのアクセスを防ぐ検疫システムや、 USBなどのデバイス経由の情報漏洩、サーバへの直接的な攻撃まで、ネットワークを含めた幅広い トータルセキュリティを提供いたします。

      • ネットワーク

        拠点間ネットワークのWAN、無線LANの構築および自宅や外出先から自席のPCやサーバへのリモートアクセスまで、 あらゆるビジネスニーズに対応いたします。さらには、スマートフォンを活用したビジネススタイルの変革を実現いたします。

  2. その他サービスの特長
    1. 「IT用心棒」
      「IT用心棒」は、IT運用管理者を支えるIT運用サービスです。サービスデスク『窓(まど)』、システム監視サービス『見(みる)』、 リモートとオンサイト併用のトラブル対応サービス『助(たすける)』、運用代行『代(かわる)』と、 それらを組み合わせたお任せパック『型(かた)』を 用意しております。また、全てのサービスにIT運用レポート、 定期訪問、サポートWebの3つを標準で提供し、IT運用管理者の負担を軽減いたします。

    2. 「オフィス向け環境サービス」
      重要な経営資源である「人」・「設備」および省エネを目指した「エコ」に焦点をあてた、オフィス向けのソリューションです。 「人」に関しては活気がある働き易いオフィス、「設備」の面では生産性が高くセキュアなオフィス、 「エコ」の面では省エネ効果あるオフィス作りを提案します。

    3. 「スタンダードサービス」
      システム構築に必要な設計や構築におけるSE作業をパターン化し、定額化したサービスです。

  3. サービス提供体制
    1. インフラ構築センター(秋葉原・品川)
      • インストール作業に関しては、センター集約作業による徹底したコスト削減、品質管理、納期短縮を実現しております。
      • 30人体制で、サーバ月産300台からスタートし、月産2,000台を目指します。
      • 富士通製品に加え他社機器、ソフトウェアにも対応しております。
    2. ITマネジメントセンター(東京、名古屋、大阪)
      • 従来のネットワークサービスセンターを機能強化し、200人体制にてシステムを運用、サポートいたします。
      • 今後はパートナー様との提携により、全国規模にて支援いたします。

   今後は、「AZBOX」のさらなる商品拡充を図り、複数の「AZBOX」を仮想化で集約する仮想化混載モデルや「GLOVIAシリーズ」などの業務 アプリケーション関連サービス、クラウドモデルなどを提供してまいります。

   パートナー様との連携強化を図りながら、2013年度までに「AZBOX」で売上高50億円を目指してまいります。

【 主な製品メニュー 】

  1. AZBOX  PC管理セット(PC管理)  [SKYSEA版、Systemwalker版、LanScope版]
    内部統制やセキュリティの要となるPC管理を、システム管理者のニーズに合わせて提供いたします。PCの現状を把握するインベントリー収集により、 ソフトのライセンス違反防止や無駄なライセンス購入を予防いたします。また、USBなどの外部デバイスへのデータコピー禁止措置や操作ログ記録により、 IT統制の強化を実現いたします。
  2. AZBOX  Microsoft Lyncセット(コミュニケーション)
    Microsoft Lync Server 2010 を構築するために必要なハードウェア、ソフトウェア、構築作業などをセット化したサービスです。 オフィス在籍状態(プレゼンス)、IM(ビジネスチャット)、電話帳、Web会議等が導入後すぐにご利用できるため、多様化するワークスタイルに合わせた柔軟な コミュニケーションの効率化を 実現いたします。
  3. AZBOX スマートフォンリモート連携(ネットワーク)
    オフィスの自席パソコンを自宅や外出先からiPad、iPhoneをはじめとするスマートデバイスを活用し、 「簡単」「安全」に遠隔操作できる環境を提供いたします。操作したデータはスマートデバイス側に保存されないため、 セキュリティ面も安心してお使いいただけます。PCを含めたモバイル接続環境のワンストップソリューションも同時提供可能です。

【 関連Webサイト 】

    FUJITSU インフラ構築サービス AZBOX(アズボックス)


【商標について】

   記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

本件に関するお問い合わせ

【お客様お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング お客様総合センター
icon-telephone 電話: 0120-835-554(フリーダイヤル)
受付時間: 9時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

【報道関係お問合わせ先】

株式会社富士通マーケティング  広報部
icon-telephone 電話: 03-5804-8110(直通) icon-form 報道関係、調査会社の皆様からのお問い合わせフォーム 新規ウィンドウが開きます


ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。