GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 広告宣伝 >
  3. お客様導入事例広告シリーズ(経営者に聞く) >
  4. 東急ファシリティサービス株式会社 様

経営者に聞く 東急ファシリティサービス株式会社 様

経営者に聞く 東急ファシリティサービス株式会社 様

施設管理業務の「作業効率」と「サービス品質」の向上。それを同時にかなえるICTシステムを選びました。東急ファシリティサービス株式会社 取締役社長 髙橋俊之様 (導入事例)「タブレット端末」と「クラウドサービス」の活用で、点検から作業報告書までの業務プロセスを約30%効率化(注)。管理物件の資産価値とオーナー様満足度をさらに向上

東急グループにおいて不動産管理事業を手掛ける東急ファシリティサービス株式会社様。その中核ビジネスのひとつ「ビルマネジメント事業」では、扱う物件の増加に加え、ビジネスの拡大を目指し、ビル管理・点検業務における「効率」と「品質」の向上が経営課題でした。同社は、クラウド型ビル・マンション点検情報管理サービス「FUJITSU Enterprise Application AZCLOUD SaaS teraSpection(アズクラウド サース テラスペクション)」を導入。タブレット端末とモバイルプリンターの活用により、点検作業を実施したその場でビルオーナー様への報告書作成・提出が可能となった上、クラウド環境で点検情報の全社共有化も図ることができ、「業務プロセスの迅速化」と「サービス品質の向上」が実現しました。
注:当システム導入前との比較。お客様のご利用状況により数値は異なります。

TOP INTERVIEW ビル・商業施設の維持・管理から「提案型マネジメント」へ

「人に代わる技術」としてのICTの重要性とは

ビルマネジメント業界は今、大きな転換点を迎えていると感じています。今後、日本は国際化がますます進展し、とりわけ首都圏は世界に向けた都市として、インフラ整備や大型施設の建設が進み、ビルや商業施設の維持・管理業務はますます増えていきます。
ビルマネジメントのマーケットは拡大基調にある一方で、人材不足が深刻化しています。
そのギャップを埋める最も有効な手段がICTだと考えています。人の確保が十分にできないなら「人に代わる仕組み」を考えなくてはならない。ビルや商業施設の維持・管理では、現場に出向き、目視で設備の稼働状況を確認したり、ビルオーナー様への報告業務など、どうしても人手がかかります。だからこそICT化が重要です。その方向に業界全体としても、当社としても大きく舵を切らなければならない。そう感じています。

「提案型ビルマネジメント業務」へ。質的向上にはICTの力が不可欠

東急グループは、これまで長年にわたり、「街づくり」に取り組んできました。街づくりで大切なのは、髙橋氏ビルや商業施設といった“ハード”だけではなく、街全体の価値を高め、それを維持していく“ソフト”や“サービス”です。それらをトータルに提供するのが当社の使命です。その意味で今、求められているのは「業務の質的向上」です。オーナー様に対し、建物の資産価値をさらに高める「提案」をしていくこと。例えば、照明器具のLED化でエネルギー効率を高める、CO2排出量のより少ない設備に切り替えていくなど、「提案型ビルマネジメント」が求められているのです。

髙橋氏

そのためには、ICTで業務効率を高め、オーナー様とのコミュニケーションの時間を確保することがとても重要です。日々の点検・管理業務の中で気がついたことを報告し、課題を見つけ、「次の提案」に結びつけていくことこそが、業容拡大と品質の向上につながるのです。

街づくり全体を俯瞰したICT化を目指す

街づくりにおける最も重要な取り組みのひとつに災害対策があります。災害時に街全体の存続をどう確保するか、いわば街そのものの「事業継続計画(BCP)」立案とも言えるでしょう。それを考えたとき、その街の企業や事業所の設備の点検・管理、復旧をどうするかは大きな問題です。
当社が街づくりの中で果たすべき役割もそこにあると考えています。つまり、当社にとってICTの必要性は、効率化や省力化だけではなく「その先の価値創出」にあるのです。当社が、災害時に街の機能を維持・継続するための役割をいかに果たすか。災害発生時にもお客様の物件の設備点検業務を支障なく継続するにはどうすべきか。その検討の結果、クラウド化が最善との結論に達しました。この「クラウド化」も、街づくり全体を視野に入れたICT化の取り組みの中における重要な第一歩といえるでしょう。

イメージ

「システム導入事例」詳細記事はこちら

お客様導入事例広告シリーズ

施設管理業務の「作業効率」と「サービス品質」の向上。それを同時にかなえるICTシステムを選びました。 
拡大イメージ (3.88 MB ) 新規ウィンドウが開きます

広告掲載スケジュール

新聞

  • 日本経済新聞
    2015年9月29日(火曜日)発売(モノクロ5段 ⁄ 13面 企業消費面)

雑誌

  • 週刊ダイヤモンド
    2015年9月28日(月曜日)発売(カラー見開き ⁄ 2P)
  • 日経ビジネス

    2015年9月25日(金曜日)発売 (カラー/1P)

Web

  • ITPro

    2015年10月5日(月曜日)~10月8日(木曜日)
    (バナー広告)

  • Google ⁄ Yahoo!

    2015年9月25日(金曜日)~10月中旬予定
    (ディスプレイ広告)

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。