GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

経営者に聞く 丸松物産株式会社 様

経営者に聞く 丸松物産株式会社 様
「食材」の需要変動に即応するため、ICTシステムの刷新を決断しました。丸松物産株式会社 代表取締役社長 松村金榮様 クラウドの採用で基幹システム構築にかかるコストを約1/4に削減(注)。投資を平準化し経営資源の最適配分が可能に。

和洋中食材の製造・卸を手がけ、「メンマ」の名付け親でもある丸松物産株式会社様。コンビニエンスストアや中華レストランチェーンからの需要に加え、海外向け出荷も増大。顧客の様々な要望に即応できる生産・供給態勢の構築が急務でした。その課題に応えるため、既存システムを富士通マーケティングの食品業界向けクラウド型基幹システム「FUJITSU ビジネスアプリケーション AZCLOUD SaaS FoodCORE(アズクラウド・サース・フードコア)」に刷新。全社の販売・在庫情報を取引先や食材ごとに分析し、柔軟に活用できる体制を整えました。クラウド型パッケージシステムのため、ICT投資費用も大幅に削減。企業成長に合わせて、販売・会計・生産の各管理システムを順次拡張し、経営基盤強化を図っています。
注:当システム導入前との比較。お客様のご利用状況により数値は異なります。

TOP INTERVIEW 販売、在庫から製造までのデータをより厳密に管理することで、「食の安心・安全」の確立と需要変動への素早い対応を目指します。

企業経営におけるICTシステムの重要性とは

松村氏

最近は「食の安心・安全」に対する消費者の意識がこれまで以上に高まってきたと感じています。外食産業、弁当や惣菜を扱う中食産業、食品加工メーカーなど、食に関わる全ての企業に対し、以前にも増して食の安心・安全に対する厳しい目が向けられているのです。
とりわけ、食材を製造・販売する事業者には、原材料の調達から、製造・加工、出荷の過程で、食材の安全性を厳しく管理し、徹底したトレーサビリティを確立することが求められています。さらに、食材の製造・加工工程の衛生管理手法である「HACCP(ハサップ)」の導入、食品安全マネジメントシステムの国際規格であるISO 22000の取得など、取り扱う食材の安心と安全を保証することもとても重要です。原材料ごとに仕入先を管理することで安全性を確認し、併せて加工・製造から出荷までの工程を厳格に管理するには、ICTを活用したシステムが不可欠となっているのです。

多様化する食材へのニーズに即応できる生産体制をICTで確立

「食の安心・安全」への対応と併せて、消費者ニーズの多様化に伴い、様々な種類・規格の食材をタイムリーに提供することが求められています。例えば、コンビニエンスストアの店頭に並ぶ食品は、消費者ニーズに合わせて短期間で目まぐるしく入れ替わります。国内市場だけでなく海外市場に目を向ければ、和食人気に支えられた輸出需要の増大など、今や食材をめぐる国内外の需要は、これまでにないスピードで激しく変動しているのです。
膨大な種類・規格の食材をロット単位で正確に管理し、つねに変化するお客様からのニーズに対応するには、ICTシステムを活用し、需要変動に柔軟に対応できる生産・供給態勢の構築が不可欠です。「食の安心・安全」の徹底はもちろん、経営判断の迅速化にもICTが大きな役割を果たしているのです。

拡大する新規需要に対応するためICTシステムはさらに重要に

今後、消費者のニーズはますます多様化することが考えられます。一例をあげれば、日本をはじめ海外の先進国では高齢化が進行し、それに伴い低カロリーでヘルシーな食材への需要がますます高まっていくでしょう。また、海外では和食は人気があるだけでなく、日本ブランドの食材はとても信頼性が高く、需要は増え続けています。松村氏
国内外で新規需要が拡大していくにつれ、取り扱う食材の種類・規格、そして取引先も増え続けます。膨大な種類・規格の食材を、これからも安心・安全に提供していくには、製造から販売、在庫までの厳密な管理が求められます。それを実現するICTの役割は今後さらに重要になると考えています。

システム導入事例はこちらから



お客様導入事例広告シリーズ

「食材」の需要変動に即応するため、ICTシステムの刷新を決断しました。
 拡大イメージ (4.39 MB ) 新規ウィンドウが開きます

広告掲載スケジュール

新聞

  • 日本経済新聞
    2015年6月23日(火曜日)発売 (企業総合面)

雑誌

  • 日経ビジネス
    2015年6月26日(金曜日)発売 (カラー/1P)
  • 週刊ダイヤモンド
    2015年7月6日(月曜日)発売 (カラー/見開き2P)

Web

  • Google ⁄ Yahoo!
    2015年6月22日(月曜日)~7月中旬予定
    (ディスプレイ広告)
  • ITPro
    2015年6月22日(月曜日)~6月26日(金曜日)
    (バナー広告)

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。