GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品・サービス・ソリューション情報 >
  3. 富士通がHyper-Vをオススメする理由

富士通がHyper-Vをオススメする理由

セミナーレポート

12月8日(木曜日)17時~17時30分
ベルサール神保町 Room1

富士通株式会社
富士通 Hyper-V 仮想化センター
センター長  出海 修二

出海

「本日は、私の方から「富士通のHyper-Vをオススメする理由」について簡単に30分程お時間をいただき、説明させていただきます。 最初に仮想化市場の動向を簡単に説明した後、実際にオススメする理由を6点程紹介させていただきたいと思います。」

イメージ   イメージ

仮想化市場動向

2009年、2010年はリーマンショックの影響もあり多少伸びが少なかったが、2010年クラウドというキーワードが出てくると、順調に右肩上がりで、2014年頃まで急速に伸びると予想される。
Hyper-V仮想化センターで、導入をご支援させていただいている。ここでどういう商談が多いかというと、サーバ1台から4台がダントツに多く50%以上を占めている。対象サーバ50台以上で仮想化統合商談も増えてきている。

なぜお客様がHyper-Vを選択したかというと、1つはHyper-VがWindows Server 2008 R2の機能であるため、導入が低価格であるということ。もう1つは、マイクロソフト様の将来性を見据えての選択。MSライセンスの包括契約といった形で、まとめて契約いただいている。

また、Hyper-Vは特定の業種に限らず、多様な分野でHyper-Vの導入・検討が進んでいる。

主な利用形態は、
(1)サーバ集約・統合
(2)旧資産を使いたいという延命
(3)災害対策・事業継続
で、震災以降、事業継続・災害対策の要件が増加している。
(1)サイトリカバリ
(2)事業継続(ハードウェアが故障した場合業務を止めることなく別サーバに移動)
(3)電力不足

Hyper-Vはこれらの要件に応えることができる仮想化テクノロジである。

富士通のHyper-Vをオススメする理由

1.迅速なHyper-V導入をご支援する体制

富士通とマイクロソフトは、長年のパートナーシップを通じて、様々なお客様の仮想化環境構築をお手伝いしてきた。業界に先駆け設立した富士通Hyper-V仮想化センターでは、3年以上の豊富な仮想化システム構築ノウハウをベースに、富士通グループおよびパートナー企業各社へ、安心かつ迅速なシステム設計と構築を技術支援している。

2.富士通のノウハウを集約した技術資材と独自ツールをご用意

Hyper-V導入支援にあたり、物理サーバから仮想環境への移行可否状況を事前チェックするP2Vチェックツール(Phisical to Virtual)等の提供や、検証・構築ノウハウドキュメントを富士通のホームページ等でも情報を発信している。

3.迅速かつ最適な導入を実現するサービス

お客様システムに最適な仮想化環境を診断する仮想化アセスメントサービスや、「富士通トラステッド・クラウド・スクエア」でのお客様システムの検証、Hyper-Vのデモンストレーションの展示も実施している。

4.円滑な導入・運用を実現する富士通のプロダクト

オフィス設置用から基幹系システム用まで様々な要件や規模に応えられる豊富なHyper-V対応サーバをご用意している。
PRIMERGY / PRIMEQUESTはHyper-Vに対応し、工場出荷時にあらかじめHyper-V設定を行ってから出荷するHyper-V設定済みモデルもご用意している。
また富士通のミドルウェアにより、仮想化基盤を支えるハードウェアを含めた仮想システム全体の統合監視を実現している。
(1)システムの統合管理・・・Systemwalker Centric Manager
(2)システム品質の見える化・・・Systemwalker Service Quality Coordinator
(3)物理環境・仮想環境の統一監視・・・ServerView Resource Orchestrator V3

5.任せて安心富士通の充実サポート

富士通の運用・保守サービス「SupportDesk」により、ハードウェア障害から、ソフトウェアトラブル、Q&Aまで富士通サポートセンターにて専門技術者がワンストップで対応している。

6.豊富な導入実績

多種多様な業種のお客様の仮想化環境構築を手掛けることで、独自のノウハウを蓄積。大規模な仮想化統合や、マイクロソフトのミドルウェアとの連携など多岐に渡っている。

仮想化集約・統合からクラウドへ

仮想化はこれからのICT基盤を支える基礎技術である。初めての仮想化導入からシステムの拡張、クラウドまで、Hyper-V適用を高品質かつ迅速にご支援している。

「今後とも私ども富士通、そして今回の富士通マーケティングのAZBOXといった形で是非Hyper-Vをご導入いただきたいと思います。
本日は、ご静聴ありがとうございました。」


(注)記載されているお役職等の情報につきましては、2011年12月現在のものです。
(注)記載されている製品名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。