GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ICTのmikata >
  3. お役立ち情報 >
  4. 光回線の運用を効率化させるポイント

光回線の運用を効率化させるポイント

2016年08月05日更新

イメージ 今やシステムに欠かすことのできないインターネット回線。各社一様に多数のサービスが提供されている状況であり、その中から最適なサービスを選択することは困難かつ労力を伴うものです。また、運用に入ってみると様々な課題が浮き彫りとなってきます。

情報システム担当者が頭を悩ますインターネット回線の運用に関する3つの課題

課題1:回線開通までのスケジュール管理が大変

回線の現地調査・開通工事含めた全体の納期調整や各ベンダとの対応を通常業務と並行して実施するのに負荷がかかります。

イメージ

課題2:問合せ窓口がバラバラで、トラブル時の連絡先を 探すだけでも大変

専任のネットワーク担当者がいないため、トラブル発生時には復旧対応に追われ通常業務に支障をきたします。

イメージ

課題3:支払い先が複数存在していて事務処理だけでも大変

各ベンダから複数拠点分の請求書が毎月バラバラに届くため請求書の取りまとめや管理が負担になっています。

イメージ

これらの課題を解決するには、回線も問い合わせ先も1つにパッケージ化された回線サービスの選択が重要です。

どの回線サービスを選べばいいのか・・・そんなご担当者様ご安心ください!

ネットワークのプロ集団が解決策をご用意いたしました

「AZNETWORK 光」が多忙な情報システム部門の業務効率化をご支援いたします!

資料請求・お問い合わせはこちら

情報セキュリティポータル AZSECURITY Channel 詳細はこちら

関連情報

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。