GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ICTのmikata >
  3. お役立ち情報 >
  4. AI要らずで内部不正とサイバー攻撃に対応

AI要らずで内部不正とサイバー攻撃に対応

2018年01月19日更新

AI要らずで内部不正とサイバー攻撃に対応

イメージ サイバー攻撃の巧妙化や内部不正の多様化を受け、今や『ログ管理』は情報システムに欠かせない一要素となっています。
企業の重要情報に、いつ / 誰が / 何をしたかが分かれば、サイバー攻撃や不正行為を暴く糸口になるだけでなく、未然の防御も可能です。記録があれば、過去に遡って調査することができますが、なければ何の痕跡もつかめません。
アクセスログの効率的な活用は、セキュリティの基本かつ最大の対策です。

ログの用途は、今や内部不正対策だけではない

従来「記録」「保険」に過ぎなかったログは今その用途を変え、サイバー攻撃への有用な対策になっています。
顕在化しうるリスクを可視化し、監視とレポートを可能にするために、ログの活用は不可欠です。

【大手化学メーカーの例】
ファイルサーバログからランサムウェアを検知

イメージ ファイル操作ログを収集し、一定量以上の操作があったらアラート通知するよう設定。するとある日、人の操作とは思えない大量のRENAME操作を検出した。 当該ユーザーのPCを調べたところ、ランサムウェアへの感染が判明!

さまざまなシステムからログを集約し、一元管理ができれば、業務時間中に従業員が仕事と無関係な作業をしていないかも把握でき、生産性の向上を担保する仕組みとしても有用です。

【大手金融機関の例】
ログオン・ログオフログから勤務実態を把握

イメージ 従業員のPCログオン・ログオフのログを取得し、誰が何時から何時までPCを使用していたかをレポート。タイムカードの情報と突合することで勤務実態が把握でき、テレワークによる超過作業や残業代の不正申告のチェックに有効活用している。

このように「ログの活用」がサイバー攻撃の発見につながった例や、働き方改革にともなう生産性向上に結び付いている例は多く存在します。
しかし一方で、多数のデバイスから収集した膨大なログの整理と保管だけで手いっぱいになり、ログが死蔵している実態も少なくはありません。
前述のような「成功例」ともいえるログ管理には、ログの可読性が高く、かつ運用が簡便なログ管理ツールが不可欠です。

企業を守る情報システム担当者が、ログ管理システムの選定で
おさえておくべき3つのポイント

ポイント1:内部不正対策だけでなくあらゆる方面で活用できる

ポイント2:あらゆるログの収集・分析が可能である

ポイント3:統一的で分かり易いログに変換できる

きちんと対応できるのか不安だ・・・そんなご担当者様、ご安心ください!

セキュリティのプロ集団が解決策をご用意いたしました

Alog ConVerterがリソース不足な情報ジステム部門のセキュリティ対策をご支援いたします!

資料請求・お問い合わせはこちら

Alog ConVerter

情報システム担当者に選ばれる理由

理由1:サイバー攻撃対策や働き方改革にも活用できる

前述のランサムウェア検出の例、勤務実態の把握の例も、ALog ConVerterによる解決例です。
今やログは単なる記録ではなく、企業活動の向上に有効な手掛かりを提供するツールとなっています。

理由2:独自のログ変換ロジックにより分かり易い

システムのログを解析して、実際の操作に

複雑で読み解けないシステムのログを、ALog独自の変換ロジックでユーザー操作が分かるログに変換します。

イメージ
拡大イメージ

Point
社員「としお」が、ファイルを「開いて」「書き込んだ」場合、ログの出力は「READ」「WRITE」の2行のはず。
しかし一般的なログ製品は、システムが出力したログをセル区切りして見やすくするだけなので、そのままではどんな操作をしたのかわかりません。
ALogは独自のロジックで翻訳変換し、実際のユーザー操作がわかるログを出力します。

一般的なログ製品
一般的なログ製品

ALog ConVerter
ALog ConVerter

理由3:あらゆるログの収集・分析が可能

Windowsに留まらず、Linux/NAS storageのサーバOSログやデータベースアプリケーションログ、ネットワークからのsyslog等、 ALogシリーズは広範囲のログを網羅します。

イメージ
拡大イメージ

資料請求・お問い合わせはこちら

活用型のログ管理を実現するALog ConVerter

Alog ConVerter 製品パッケージ

ALogConVerterは、重要ファイルへのアクセス記録をエージェントレスで取得する製品です。

重要ファイルが保管されるサーバ側のイベントログを取得し、ALog独自の変換ロジックで「いつ、誰が、どのファイルに、何をした」かが分かるように翻訳変換。
サーバ側のアクセス監視に注力することで、端末や環境に依存しないストレスフリーなログ管理を実現します。

ワークスタイルが多様化し、様々な就労環境/クライアント環境が存在する企業に最適なログ管理製品です。

3,000社以上の導入実績

  • パナソニックグループ各社
  • NTTグループ各社
  • 三菱電機グループ各社
  • Hondaグループ各社
  • 東急百貨店
  • 伊藤忠テクノソリューションズ
  • 大手都市銀行
  • 大手証券会社
  • 大手新聞社
  • 大手監査法人
  • 大手ゼネコン
  • 公共系法人

サーバアクセスログ市場 国内シェア 11年連続 No.1

出展:ミック経済研究所「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2017」【内部情報漏洩防止型ソリューション編】2017年8月発行

自動的に小さく保管

ALogの変換ロジックが不要なログを削除してスリム化します。
さらにファイルを自動圧縮するので、ログのファイル容量が大幅にコンパクトに。長期間のログ保管に最適です。
[注] 軽減率は、環境 / フォルダーパスの長さ / OSなどによって変化します。

イメージ

資料請求・お問い合わせはこちら

富士通マーケティングからのコメント

株式会社富士通マーケティング 株式会社網屋と弊社は、これまで情報セキュリティ分野において協業してまいりました。「ALog ConVerter シリーズ」は優れたログ解析製品として拡販させていただき、弊社全国のSEにて導入実績が多数ございます。引き続き協力体制の下、お客様に分かり易いログ解析環境を提供してまいります。

資料請求・お問い合わせはこちら

情報セキュリティポータル AZSECURITY Channel 詳細はこちら

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。