GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ICTのmikata >
  3. 特設サイト >
  4. 戦略経理インタビュー「全社チャレンジの中で、共に成長をつくり出す。」1

戦略経理インタビュー「全社チャレンジの中で、共に成長をつくり出す。」(1/3)

石田 尚子 氏
株式会社プリンスホテル 執行役員 経理部担当(兼)経理部長

<聞き手>
中澤 進 氏
一般社団法人日本CFO協会 主任研究委員

石田様ご登壇 戦略経理サミット2018 詳細はこちら

中澤氏、石田氏
左から中澤氏、石田氏

インタビュー動画はこちら

動画「全社チャレンジの中で、共に成長をつくり出す。」を再生します(新規ウィンドウが開きます)

第二の創業、経理部門攻めの課題

日本CFO協会 中澤氏
中澤氏

戦略経理という観点から、まずは課題等をお聞かせください。(中澤氏)


西武グループの再編後、新生プリンスホテルになり、上場までの基盤整備を行ってきました。おかげさまで上場し、これが第二の創業です。成長を生み出していくために、新たな事業の柱をつくっていこうとチャレンジしています。そんな時期ですので、攻めとしては、新規事業に対応する経理部門をどのようにつくっていくかが、大きな課題です。(石田氏)

株式会社プリンスホテル 石田氏
石田氏

具体的には、二つあります。一つは、ホテルオペレーションの力を使っての運営受託等の開拓、もう一つは事業取得です。後者については、事業取得の意思決定部分だけでなく、取得を決めた後も想定した効果を出していくために、経理としても準備が必要です。会社としてのチャレンジを合理的にスピード感をもって形にしていくために、経理部門としていかに積極的に参画していくか。攻めの部分をいかにつくっていくか。まさに、試行錯誤しているところです。(石田氏)

株式会社プリンスホテル 石田氏
石田氏

日本CFO協会 中澤氏
中澤氏

M&Aにも積極的に関与されている?(中澤氏)


できるだけ早いタイミングからディールに触れて、経理部として共に考えていく必要があると思っています。対外的には監査人の意見を聞いたり、場合によっては税務面での課題について外部の力も借りながら備えていかなければなりません。今、そういう部分をつくっていく真っただ中にいます。(石田氏)

株式会社プリンスホテル 石田氏
石田氏

日本CFO協会 中澤氏
中澤氏

数値をベースにというのは非常に大事ですね。(中澤氏)


誰が見ても分かる数値、説明できる基準をきちんとクリアするのは大事なことだと思います。(石田氏)

株式会社プリンスホテル 石田氏
石田氏

 

戦略経理サミット2018 詳細はこちら

戦略経理フォーラム 詳細はこちら

関連情報

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。