GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ICTのmikata >
  3. 特設サイト >
  4. RPA導入に関するアンケート調査結果にみる国内企業の導入状況(概要)

RPA導入に関するアンケート調査結果にみる国内企業の導入状況(概要)

RPA導入に関するアンケート調査結果にみる国内企業の導入状況

富士通マーケティングでは、2018年7月に、日本国内企業に勤める1000人を対象に、RPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)に関する独自アンケート調査を実施しました。この調査では、RPAの活用状況、業務や部門における導入実態や課題、期待値などについての傾向をはじめ、RPA導入の阻害要因や導入後の中止事由にまで踏み込むなど、より多角的な視点での分析も行なっています。より円滑なRPA導入、より効果的なRPA活用方法などについて検討いただくためにお役立てください。

<アンケート調査概要>

① 調査目的:国内企業におけるRPAシステムの導入状況や評価等の把握のため

② 調査対象:
  ・全国男女18歳以上
  ・会社経営・役員・団体役員、会社員・団体職員
  ・部署が「経理・財務」「人事・総務」「営業・営業事務」「マーケティング」「経営企画」「情報システム」のいずれかに該当する方
  ・下記のいずれかの定常業務を行なっている方
    -EXCELなどの電子データからシステムへの登録作業
    -複数のシステム間でのデータの転記、登録作業
    -システムからEXCELなどでレポートの作成作業
    -複数のWebサイトから情報収集作業
    -システムの運用監視
    -Webサイトや社外システムへのデータ登録作業
    -大量に集中する定型的な事務処理
    -処理手順が明確な事務作業
    -その他、繰り返し行われるデータ入力や確認作業

③ 調査対象システム:RPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)

④ 調査時期:2018年6月29日(金)~7月2日(月)

⑤ 調査地域:全国

⑥ 調査方法:インターネット調査

⑦ 有効回答数:1,000人
  (経理・財務;200人/人事・総務;200人/営業・営業事務;200人/マーケティング;200人/
  経営企画;100人/情報システム/100人)

<回答者属性>

アンケート回答者の属する企業の「業種」および「従業員規模」は以下のとおりです。

(1)業種

業種

拡大イメージ

(2)従業員規模

従業員規模350

拡大イメージ

RPA調査結果

1.RPAの導入状況

業務を遂行するために定常的に行っている反復作業があると回答されてもRPAを「導入済み」、あるいは「導入予定」と回答されたかたは、23.6%に留まっています。これを部署別に見てみると経理・財務部門では、「処理手順が明確な事務作業」が平均を大きく上回り、・・・

2.RPAの導入体制

RPAの導入を主導している部門は、業務部門と情報システム部門がほぼ同じ比率で約半数を占めています。また、社内の業務部門や情報システム部門が実際にロボットの開発を行いながら導入作業に関わっていると考えられる「自社ですべて導入」と「自社とベンダーが作業分担して導入」を加えた回答が全体の約80%・・・

3.RPAの利用状況

RPA導入済みの企業のうち、約90%はPoCを実施済みと回答、約6割の企業はPoCの実施期間を2ヵ月あるいは3ヵ月と回答しています。PoCで試験的に作ったロボットを「そのまま利用している」あるいは、「機能改善して利用している」との回答が89%となっていることから・・・

詳細はこちら

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。