Skip to main content

Japan

第03回 労働基準監督署の調査って具体的には

社労士に学ぶ「社員トラブルなどの労務相談を通じてアドバイスしてきたノウハウ」

社会保険労務士事務所 SRO労働法務コンサルティング
代表 杉本 一裕(スギモト カズヒロ) 氏

2011年08月22日更新

顧問先から年に数回電話があります。

イメージ 「労基署から調査で訪問に伺いたいと連絡が・・・」
「工場に労基署が来たのですが・・・どう対応したら良いですか?」

特に慌てる必要はありません。訪問時に担当者が不在などの場合もあるでしょう。もし対応できない場合は日程の調整をお願いしましょう。

また訪問時に労基署から下記のような資料を求められ、その場でヒヤリング調査が実施されます。
私が何度も調査に立ち会った経験での内容も合わせて記載します。

会社概要(パンフレットなど)、組織図

業務内容の確認、労働者の属性(正社員、パート、派遣社員など)と人数 派遣社員の場合は、派遣法違反の観点から調査されます。例えば、「事務用機器操作」「ファイリング」業務など専門26業務だとしているが実態と合っているか、など

安全衛生管理(体制や委員会議事録など)

衛生委員会など定期的に実施しているか
委員会のメンバーは、社員側からの適正な選出となっているか、など

健康診断(個人票や報告書など)

健康診断(定期健康診断や特殊健康診断)の実施状況の確認
要所見ありの社員に対して、産業医の意見があるか、など

就業規則、他別冊の場合その規程

36協定や他の協定(例.賃金控除など)

労働時間の管理資料(出勤簿、タイムカードなど)、賃金台帳、有給休暇管理票

これらの資料は、賃金関係や書類不備(保存義務や記載事項など)の調査で使います。
具体的には、

  • 遅刻など切り上げていないか
  • タイムカード記録と残業時間に大幅な隔離があるか(残業カットの調査)
  • 時間外が協定時間を超えていないか(協定違反)
  • 時間外を15分単位で切り捨てていないか
  • 残業の対象賃金から役職手当など除外できない手当を外していないか
  • 「賃金台帳」に法定項目の記載があるか 例.労働日数、時間など
  • 裁量労働者の深夜、法定休日の時間記載があるか

他にも、最低賃金の観点からの質問や、調査が工場などで行われた場合は、危険物、有機溶剤、エレベータなどの点検もありました。

臨検には定期監督、申告監督、再監督や災害時に行われる調査などがあります。

私が顧問先に「無料で労務管理をチェックしてもらえるというように考えてください。敵視するなど、変に意識する必要はないです。また、コンプライアンスを意識し日頃より管理されていますので、いつものように対応して下さい」とアドバイスをします。

どのような会社でも、書類不備や勘違いでの間違いなど、法違反ではありませんが指導レベルの話は出てきます。その際には指導に従って対応して下さい。

絶対やってはいけないのが「隠す、改ざんする、嘘をつく」などです。

悪意があるような事案には、当たり前の事ですが厳しい処分があります。私の顧問先では、隠さずに要求通りに見せますので改ざんなどは一切ありません。仮に改ざんした場合、質疑の中で必ず分かります。

例えば書類がないからと、遡って過去分を作り出す・・・このような場合の書類にはおかしい箇所が多々発生し、理屈が合いませんので、質疑の中で改ざんが判明します。

小さい不備はどんな企業でもあろうかと思います。不備に対して「指導票」や、法違反なら「是正勧告書」が出されます。労基官が持ち帰って後日届けられる場合もありますが、私の経験では、大半はその場で記入し確認したものを受け取ります。記載された対応期限までに対策を実施し報告します。

慌てないためにも日頃より法順守し、労働者名簿、契約書を含む雇用上必要な書類から勤務上の出勤簿や賃金台帳にいたる書類まで、整理しておくことが必要です。

著者プロフィール

杉本 一裕(すぎもと かずひろ) 氏

社会保険労務士事務所 SRO労働法務コンサルティング

杉本 一裕(すぎもと かずひろ) 氏

社会保険労務士事務所 SRO労働法務コンサルティング 代表

取得資格
・特定社会保険労務士(社会保険労務士/裁判外紛争手続代理人)
・衛生工学衛生管理者
・第1種衛生管理者
・SAP HRコンサルタント

社労士略歴
1989年 社会保険労務士試験に合格、社会保険労務士会に入会
2006年 日本弁護士会の司法担保能力研修終了、特定社会保険労務士試験合格
2006年 特定社会保険労務士として付記登録(紛争解決手続代理業務を行なえる社会保険労務士)
2007年 総務省 年金記録確認/第三者委員会にて専門調査員として活動

著訳書
「よくわかる人事給与業務とコンピュータ活用」(翔雲社)

関連情報

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。