GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ICTのmikata >
  3. コラム >
  4. 第12回 スマホ時代だからこそ活用したい、デジタルツールと連携した手帳の使い方

第12回 スマホ時代だからこそ活用したい、デジタルツールと連携した手帳の使い方

3分間 営業スキルアップ講座

酒井麻里子 氏

2016年11月01日更新

イメージ スマホで簡単にスケジュール管理ができるようになり、紙の手帳を使わなくなった人は多いかもしれません。しかし、紙の手帳にはスマホにはないよさもあります。スマホ時代だからこそ、紙とデジタルを連携させて便利に活用してみてはいかがでしょうか? 紙の手帳をスマホで管理するときに役立つアプリをご紹介します。

紙の手帳とデジタルツールを併用するメリット

スマホのカレンダーアプリを使ったスケジュール管理は、定期的な予定を簡単に登録できたり、他人とのスケジュールの共有が可能だったりと便利な点が多い一方で、バッテリー切れや操作ミスによる削除などのトラブルに弱いというデメリットもあります。また、急いでメモを取りたいという状況では、すばやく記入できる紙の手帳に軍配があがるのではないでしょうか。

両方のメリットをいかす方法としておすすめなのが、紙の手帳を利用しつつ、必要に応じてそれをデジタル化してスマホで管理する方法です。

手帳と一緒に活用できるおすすめアプリ

それでは、手帳をデジタル化するときに役立つアプリをご紹介していきます。

手書きノートをタグ付けして保存する「Evernote」のスマートノートブック

メモアプリの定番ともいえる「Evernote」に対応した手帳シリーズ。「スマートステッカー」と呼ばれる6種類のアイコンが描かれた小さなシールが付属していることが大きな特徴です。

スケジュールやメモを書き込んだ手帳にスマートステッカーを貼り、Evernoteアプリでカメラを起動し撮影すると、手帳をデジタル化して保存できます。デジタル化の際には、ステッカーのアイコンに応じて「トラベル」「仕事」といったタグが自動で付けられますが、それぞれのアイコンに割り当てるタグはカスタマイズが可能。よく使うものを設定しておけば簡単に手帳を整理できます。

紙に書いたメモを撮影して保存するだけであれば通常の手帳やノートでも可能ですが、タグ付けは撮影後に手動で行う必要があり、ページ数が多い場合には手間がかかってしまいます。この手帳を使えば、すばやく簡単にデジタル化して整理できるのです。

<参考リンク>
    ・  Evernoteスマートノートブック by MoleskineOpen a new window 

過去のシステム手帳をデジタル化できる「Refill Stocker」

紙の手帳がデジタル手帳に比べて不便な点として、過去のスケジュールを確認しづらいことが挙げられます。そんなときに役立つのが、過去の手帳をデジタル化してスマホに保存できるアプリ「Refill Stocker」です。

専用のスマホアプリで手帳の各ページを撮影すると、自動で切り出しや補正が行われたうえで保存され、アプリから閲覧できるようになります。また、任意のページをメールで送信したり、Evernoteにアップロードしたりすることも可能です。

「Refill Stocker」に対応したシステム手帳のスケジュールリフィルは、「レイメイ藤井」「ダ・ヴィンチ(Davinci)」「キーワード(Keyword)」「ラセ(Lacee)」の各社から発売されています。これらの対応リフィルの各ページには自動認識コードが入っているので、撮影するだけで日付やリフィルの種類が自動的に認識されて保存できます。なお、ほかのシステム手帳も、手動で日付を設定すればアプリの利用は可能です。

<参考リンク>
    ・  Refill Stocker|レイメイ藤井Open a new window 
    ・  Refill Stocker|iOSOpen a new window 
    ・  Refill Stocker|AndroidOpen a new window 

手帳をPDFとして保存したいなら「CamScanner」

「CamScanner」は、手書きのノートや印刷物をスマホに取り込むためのスキャナアプリ。アプリからカメラを起動して保存したいものを撮影すると自動的に鮮明化され、読みやすい状態でPDFとして保存したりGoogle DriveやDropbox、Evernoteなどにアップロードしたりできます。また、OCR機能を使って文字を認識し、テキストファイルに変換して保存することも可能です。

<参考リンク>
    ・  CamScanner|INTSIGOpen a new window 
    ・  CamScanner Free|iOSOpen a new window 
    ・  CamScanner スキャンPDF作成|AndroidOpen a new window 

賢い使い分けで効率アップ

紙には紙の、デジタルにはデジタルの良よさがあります。それぞれの得意なことと不得意なことを理解し、双方を連携させて賢く使い分ければ、スケジュール管理は楽になり仕事の効率化にもつながるのではないでしょうか。

<参考リンク>
   スマホを活用した名刺管理についても合わせてお読みください。
    ・  「第06回 営業の基本は顧客管理!? 営業マンに送るおすすめ名刺管理アプリ4選+α」 

著者プロフィール

酒井 麻里子 氏

酒井 麻里子 氏

IT系コンテンツを多数手がけるライター。著書に『これからはじめるスマホユーザーのためのLINE Facebook&Twitter安心・かんたんスタートブック』(秀和システム)など。
初心者ユーザーに向けたスマホやPCソフトの使い方から業界最新ニュース、Webマーケティングまで、ITに関することを幅広く扱っています。

関連情報

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。