GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ICTのmikata >
  3. コラム >
  4. 経理担当者のための「さすが」と言われる業務アプリ5選

経理担当者のための「さすが」と言われる業務アプリ5選

酒井 麻里子 氏

2015年12月10日更新

イメージ 仕事でもプライベートでも、すっかり手放せない存在となったスマートフォンやタブレット。豊富にそろったアプリのなかには、経理担当者にとって役立つものもたくさんあります。日々の業務を効率化するためには、従来の方法に頼るだけでなく、新しいツールもどんどん取り入れることが大切。スマホにあまり慣れていない人でも使いやすいおすすめアプリをご紹介します。

ツイン電卓

複雑な計算を合算する場合、1台の電卓だけでは計算できないケースも多いもの。そのような場合には、最初の計算をしたあとに、その結果をほかの場所にメモして次の計算を行い、どうしても作業が煩雑になってしまいます。また、ほかの場所に数字をメモすると、転記ミスの原因になる可能性もあります。
そんな時に役立つのが、名前のとおり2つの電卓が横に並んだこのアプリです。2つの計算を同時に行い、それを簡単に合算できます。

電卓+

シンプルで使いやすい電卓アプリ。この電卓の大きな特徴のひとつに、計算の途中過程が表示される点が挙げられます。iPhoneにプリインストールされている電卓などの場合、画面に表示されるのは入力中の数字や計算結果のみですが、これは途中に入力ミスがあっても気づかずに計算を進めてしまう可能性があります。
すべての過程を確認できるこの電卓なら、ミスがあってもすぐに気づくことができ、スムーズで正確な計算が可能です。また、計算履歴が記録できたり関数電卓が搭載されていたりと、機能の豊富さも魅力です。

見積書作成 app

iPad上で見積書の作成・管理ができるiPad向けアプリ。見積書のほか、請求書や納品書の作成もでき、商談メモを追加したりリストを並べ替えたりすることも可能。作成したデータはPDFファイルとしてメール送信できるので、iPadからパソコンに送ってプリントアウトすることも簡単です。1300円とやや高価ですが、作成する頻度の高い書類だけに、作業を簡略化できるのは大きな業務効率化につながるのではないでしょうか。

Microsoft Excel

いくらスマホアプリが便利だとはいえ、日常の業務で最も頻繁に使うのはやはりExcel……という方も多いでしょう。そのような方にも便利な、Excelの純正アプリもリリースされています。メールに添付されたExcelファイルを閲覧することはもちろん、ファイルの編集や新規作成も可能。基本的な操作方法はパソコン版のExcelに準じているので、スムーズに使えるのも大きなメリットです。アプリから作成したデータは、端末本体に保存するほか、One DriveやDropboxなどのオンラインストレージに保存することも可能なので、パソコンとの共有も簡単にできます。

まずは気軽に使ってみよう

スマホアプリを使いこなすためには、まずはいろいろなアプリを試してみることがポイントです。無料で利用できるものも多く、有料であっても無料で一部の機能を試すことができるケースは多いもの。気になるものはどんどんダウンロードして使い比較することで、どんなアプリが自分に合っているのかが見えてくるはずです。アプリを活用して日々の業務のさらなる効率化をめざしてください。

著者プロフィール

酒井麻里子 氏

酒井 麻里子 氏

IT系コンテンツを多数手がけるライター。著書に『これからはじめるスマホユーザーのためのLINE Facebook&Twitter安心・かんたんスタートブック』(秀和システム)など。
初心者ユーザーに向けたスマホやPCソフトの使い方から業界最新ニュース、Webマーケティングまで、ITに関することを幅広く扱っています。

関連情報

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。